• 【恩智城址】(おんぢじょうし)大阪府八尾市恩智中町

    【 恩智城址】(おんぢじょうし)は中世この地の豪族「恩智左近満一」が築きました。自然の高地を利用した城郭で高安連峰との間に堀をめくらせ前方に大阪平野を一望のもとにおさめました。堀の中にかつては小島がありましたが、それは昔の「一の丸」で現在の城址は「二の丸」の址といわれています。 正平三年(1348年)四條畷の戦いで楠木正行が戦死し恩智城も落ちました。学制領布のときここに小学校が新築され、今では桜の