• 30年の空白

    夕飯を終えて、食器を流しに運んだ時、突然携帯がなった。 見知らぬ番号。 間違い電話だと思った。 5コール待ってみた。 止む気配なし。 「はい」 無愛想に出てみた 「私よ、わかる?」 「えっ」 「◯◯高校の同級生の石川!(仮名)」 「あ、イシコ?」 酒灼けなのか少し声がかすれてハスキーになっているが、紛れもなく小中高と一緒だった幼なじみのイシコの声。 電話で話すのは何年ぶりだろう? 30年ちかく経つ