• <女だと思って?>

    同年輩の女性?から・久しぶりに、女だと思ってバカにして・・と言われた。 幼少期から<女の子は弱いからいじめてはいけない>と言われて今日まで過ごしてきた。 小生は<男女同権>と考えたことはない・・たぶん同世代の同世代は共通だと思う。 別に見下ろしているわけではないが・・ 男は子供を産むことができない・性別を超えられない特性はあると信じている。 トラブルがあれば男が・先頭で防衛するのが当然だが・・最近

  • <マンション管理士>

    先日の<不動産コンサルティングマスター>に続き<マンション管理士<>更新の通知が届いた。 来年3月末日>に更新になるのが、近日中に案内が来る<管理業務主任者>の3資格・・ 休職中なので使用もしないし・今後も使用できないと自覚している。 以前から80歳になったら・更新しないと決めていたが‥どうしようかと悩んでいる。 年末で78歳になる・・中途半端な時期の更新・ 更新しなくても無効にはならない・・ 心

  • <風見鶏!>

    検索すると・・ 定見をもたず、周囲の状況を眺めて、都合のよい側にばかりつく人のこと・・ 政治家には<風見鶏>が多いが・・有名なのは中曽根元首相・・ 小生は典型的な<一匹狼>・尻尾を振ったり・ポチになった事も無い・・ 若者時代から・無表情の鉄仮面と言われ・営業は失格・・ 調査・企画等が生に合っているようで・交渉等の業務は、無難にこなしてきた。 苦手なタイプの人も多いが、依頼されると何処にでも行く・

  • <誰の実績?>

    政党の機関誌等を見ていると・・ XXの案件は、わが党が~私が提案して実現しました・・ 他の政党でも同一案件に同じようなコメントが見られる。 不思議なことに・・懇意な議員からは、時々中間報告(経過)を、聞く機会があるので承知しているが・・忘れたころに私がと主張されてもピンとこない・・ 小生は、50数年前に不動産業界に入り・2月目に抜擢され時に・ トップからは、力まないで今まで通りやりなさい・・ 管理

  • <歩く住宅地図?>

    久しぶりに図書館に立ち寄った。 昨年の1月・左眼が失明状態になり・・乱読が、出来なくなった。 数年・年間500冊を眺めていたが・・情けないがやむを得ない・・ 子供のころから・・年中地図を見たり書いたり・ クイズ場組で荒らしまわっていたはずだが・・あれは幻だったのか? 長じて<歩く住宅地図?>と称されたが・ 昭和60年ごろは、新宿と横浜の事務所を掛け持ち・毎日100キロ・走行していた。 運転免許を、

  • <重要なお知らせ>

    不動産流通推進センターから<重要なお知らせ!>が届いた。 体調も不良で休職中の身では、使用する機会もないので、費用をかけて更新するのもいかがかと考えていた。 来年は<マンション管理士~管理業務主任者>も更新になる・・ 再来年は<宅地建物取引士>・その他・業界の資格・ 毎年・更新には費用が掛かる・ 新たに受験しても合格は不可能・・捨てる勇気もないので迷った。 2020年12月末・80歳になるので・そ

  • <無断立入禁止>

    先日・治療中の歯科医が所有する不動産売買に立ち会った。 売主の院長が、緊急入院で手術・買主も顔見知りだったので契約は無事に終わった。 現地を確認に行くと・屋根は剥がれ・数か所のガラスは破損・・敷地内は草ぼうぼう・ 10数年前に小生が測量に立ち会って・隣地の所有者と話し合い境界の確認を求めた‥ はみ出していた小規模な美容室は、撤去されて新しい住宅が建築されていた。 敷地内の貸工場のテナントの立ち退き

  • <災害が心配!>

    久しぶりに<朝食会>にでかけた。 日本全国で、地震や水害の被害が出ている。 復旧には莫大な費用が掛かり・復旧工事には、多くの建設会社が関わっている。 全ての職種で職人不足で困っているようで・仕事を受注したいが人手がない・・ 首都圏では東京オリンピック等の工事で美味しい仕事に偏り・・民間の工事は,建設費の高騰で苦戦している。 各種の報道でも<不動産バブル?の終焉>のニュースが流れているが・時期をめぐ

  • <補正通知書>

    8月22日投稿の<文書開示請求>から・・ 8月31日に担当者からの電話で12通請求の内4通を訂正してほしい・ 9月11日付けの補正通知書が届いたので内容を確認すると・・ 平成30年8月22日付で請求のありました法人文書開示請求書の記載事項に形式上の不備があったので、独立行政法人等の保有する情報の公開に関する法律第4条第2項の規定に基づき、下記の通り補正を求めます。 1 補正箇所 記1 「移転先住戸

  • <法人会>

    八王子法人会から 入会の案内が届きました . パンフレットを開くと・・ * 法人会とは? 70年を超える歴史をもつ、約80万社が加入する団体です * 法人会の組織は全国440の単位法人会が、地域に密着した活動を展開!  会長より・・八王子法人会では 青年部会・女性部会の活動も盛んで、地域の枠を超えた同世代の経営者達と交流が図れ ビジネスチャンスが生まれます。 会長は多田充伸さん・ 昭和44年・小生

  • <財産管理!>

    小生の会社(相武都市開発KK)は、昭和48年12月に設立・資本金1000万円・ オイルショックで、別名の会社(KK辰巳商事)を、解散して以来・何度か稼働を始めたが継続したことがない。 昨年法務局から会社存続の存否が問われた時点で曖昧な回答をしたら・裁判所から9万円の科料が課せられた。 今年末で自然消滅の予定だが・タウンページ他で掲載されているので・不動産会社・広告関係他で電話や広告が年中来る。 本

  • <見えない糸>

    19日の投稿 <知人が倒れた>から Aさんと初めて取引したのが30数年前・彼は独立前の営業マンでした。 小生が共同経営していた会社の4区画の分譲地・3区画を仲介してもらった。 平成5年新宿・横浜の3社の役員をやめて地元で古い友人Tさんとと小規模な建売・分譲を始めた。 小生は、長らく交渉業務(買収・立ち退き・調整)>をしていて・建売の知識がなかったので度々Aさんにアドバイスしてもらった。 Aさんの会

  • <社長が逃げた!>

    昭和48年3月・上野原のゴルフ場予定地を,岩盤で造成困難の理由で断念して山梨県双葉町(現在の甲斐市)に、絞った。 知人の紹介で町長と面談・何度も話があった・主体の会社の社長と一緒に訪問・・社長が直接来るのは初めてということで・・町として大歓迎・議会や農協の協力も取り付け事業が始まった。 新に登記した会社は<甲斐双葉>・・ゴルフ場名は<双葉カントリークラブ> 社長たる人物は、終戦時の大臣で参議院議員

  • <犯罪です!地籍訂正>

    田中角栄首相の日本列島改造論で、日本中でゴルフ場ラッシュ・・ 小生も御多分に漏れず・昭和47年10月から山梨県上野原町鶴島地区で、土地買収に加担した。 航空写真を素にマスタープランを作成・18ホールと別荘地・・ 12月に地元の農協に一億円を預託して・主要地主と交渉方法を始めた。 着々と準備が整い・地主説明会を地元の旅館で開催・大いに盛り上がった。 1月から部落単位で説明会を開催・・全地域では利害関

  • <幻の住宅団地!>

    昭和48年・牛久町の工業団地買収時に、公社の職員から隣の村(伊奈村・現在の常総市)で、住宅団地予定地の買収交渉が行き詰まっている・・検討できないかな?と言われた。 直ぐに村出身の県会議員を紹介してもらい・詳細の説明を受けた。 村の南部地区でゴルフ場に隣接した平坦な山林・・ 成田空港にも近いので全日空不動産を中心としたグループが、交渉を始めたが 難航していた。 早速牛久町で共同事業をしていた<日本機

  • <幻の住宅団地?>

    昭和48年・牛久町の工業団地買収時に、公社の職員から隣の村(伊奈村・現在の常総市)で、住宅宅団地予定地の買収交渉が行き詰まっている・・検討できないかな?と言われた。 直ぐに村出身の県会議員を紹介してもらい・詳細の説明を受けた。 村の南部地区でゴルフ場に隣接した平坦な山林・・ 成田空港にも近いので全日空不動産を中心としたグループが、交渉を始めたが 難航していた。 早速牛久町で共同事業をしていた<日本

  • <手帳の虫干し!>

    毎年恒例の虫干し・ 1990年(平成2年)からの手帳がぶら下がっています。 黄ばんだり、表紙がにじんだり・・ 90年の裏表紙には相原駅の時刻表が貼ってあった。 西新宿と横浜2社の事務事務所を掛け持ちで仕事をしていた名残です。・ 車で移動する日は100キロ以上・年間では3万キロ以上・走行していた。 横浜だけの日は電車で利用・相原駅まで三輪バイク・ 1月14日には、先日投稿した<財産ゼロ>の人と連絡し

  • <苦戦する第三セクター>

    新幹線の開通等で、在来線を第三セクタ’-(地域の市町村域広域団体)が、運営するケースが増えている。 <第三セクター>を、検索すると 国や地方公共団体(第一セクター)と民間企業(第二セクター)の共同出資によって設立される事業体。地域開発など本来は国や地方公共団体が行うべき事業を、民間の資金・能力の導入によって官民共同で行おうとするもの。 昭和47年)牛久町(牛久市)では、奥野地区の山林3地区(30万

  • <第三セクター>

    新幹線の開通等で、在来線を第三セクタ’-(地域の市町村域広域団体)が、運営するケースが増えている。 <第三セクター>を、検索すると 国や地方公共団体(第一セクター)と民間企業(第二セクター)の共同出資によって設立される事業体。地域開発など本来は国や地方公共団体が行うべき事業を、民間の資金・能力の導入によって官民共同で行おうとするもの。 昭和47年)牛久町(牛久市)では、奥野地区の山林3地区(30万

  • <独りよがり!>

    NPOの勉強会で講師で来られた長田英史さんから毎月3回(5の日)に有益な内容のメールが届きます。 <会議で声の大きな人の意見が通ってしまう!> みんなで議論したのに・・迫力があったり断定的だったりする<声の大きな意見>が出ると、みんな黙ってしまい、結局それで決まってしまう。 一方的になってしまう・・あちこちでよく聞く悩みです。 これを解決する手段として・・それは、意見に対する「理由」です。 「わた

1 2 3 4