• 黄金のウナギ

    晩秋、忙しく鳴る鈴と撓った竿が、仲間の気持ちを高ぶらせた。 糸にクルクル巻きつきながら、あがったのは、うなぎ‼︎ さすが師匠! 形は小さいが、キラキラ輝いた腹 毎度、狙った魚は逃さない! 3日間の泥抜後、行きつけの魚料理屋『つり刺し』へ 大将は小ちゃいな〜と冷笑しながら 養殖ウナギ300gの隣に、捌いた200gのウナギを並べた。 できあがったのは、白焼と蒲焼 さあ、味比べ 引き締まった脂身にコクの