• 家の味とは、つまり色分けなのだよね?

    他所か内かという色分け 家の味に合うか?合わせるか? 女性の人の強い支配力?欲望?願望かな? 過去の時代。 それは強い意味を持っていた。

  • 自分の母親は、料理がとても下手くそな人だった

    相手の好みに合わせない? 赤味噌?赤だし?を好む父親に対して、 白味噌の味噌汁を出し続けた。 嫌がらせの様に おそらく、死んでほしいのだよね? 自分の母親は、父親の実家の人物に非常?鬱陶しい位近づきたがるのにね? 自分が自ら選んだ伴侶に少しでも合わせない人が親戚に近づこうとする。 不自然位にね? 自分の母親は毒を盛って、父親を殺したかったのではないかと思うんだ。

  • 自分にとっての家の味とわ?

    母親の出す料理だったのだけれど それは、非常に不味い物だった。 他人からの批判を息子が気の毒に思うほど でも、公正を期する為に云うと中には美味い物もあった。 でも、自分の母親の出す料理、 排他的であり、赤の他人、違う人に出すには、 毒なんだ。

  • 昔、家の味って言葉があったんだ

    今でもあるのかもしれないが 昔の方がその言葉の意味は、強かったと思う。 同じ釜の飯を食うとか? 食を通して、色分けをするんだ。人を 排他的であったり、仲間意識であったりと

  • 自分は、味音痴

    何を食べても美味しいと思えるような人間で 人様が一生懸命作った料理に対し、偉そうに批評を述べる様な人間ではない。 腹を空かせれべら猶更。 何を食べても美味しいと思えるような人間。 でも、歳を取っている。 誰も彼も、残り少ない人生で美味しい物を食べたいと思うよね? その為の忘備録。 自分が次の日。 何を食べれば美味しいと感じられ 今日を楽しく生きる事が出来るかの忘備録。

  • 出世魚ってあるんだよね?

    代表的なのは、 ブリやハマチ 実は、同じ魚。 その成長を見守って来たわけではないのだけれど 信憑性のある情報。 長年。各地でその魚の成長段階を示した名。 幾つか存在するんだ。 その現象を過去。何人もの人が確認している。 出世魚 名前も変わるし、味も変わる。 そして、料理方法も変わるかもしれない? 良く解らないのだけれどさ

  • 実質値下げ 京王八王子の紅矢のロースステーキは美味い!

    大好きなにんにくチップ 「増税後も紅矢はそのまま!やれるとこまえガンバリます!!」 ← ぜひがんばってください!! 消費税上がってるのに、 値段上げない店があるんですよ。 税込だから実質値下げですよ、値下げ! 味もボリュームも最高です。 昔っから紅矢のステーキにお世話になってます。 顧客本位の姿勢といい、味といい 大好きなお店です! 紅矢のステーキは美味い! (参考) ・極上ステーキに舌鼓! ウル

  • 1cc、1℃、1秒に徹底的にこだわる。らあめん花月嵐 京王八王子店

    らあめん花月嵐 らあめん花月嵐 京王八王子店 嵐げんこつらあめん 心意気が詰まったラーメン、メッチャうまかったです!! 1cc、1℃、1秒に徹底的にこだわる。 とんこつラーメン食べるのは大好きなんですが、 ラーメンの味もそうですが、 店主や店長の味やサービスへのこだわりが いつも凄いと思います。 ラーメン店という激戦区でしのぎを削る中で 産み出された様々な哲学が 何よりも勉強になります。 ▼Eng