• 謹告~再開のお知らせ

    ちょっと遅い春休みから そのまま夏休みに突入し 逝っちまったかと思われても でもどっこい生きてます しばらくお休みしていましたが、ブログ再開します。時期は未定ですが、今のところ9月初旬を予定。 それにしてもこれほど長く休んだのにその間誰も投稿してないなんて。もしかして皆さんちのねじぃは・・・ 人様が食べる塩辛いものや甘いものを揚げたり、無闇矢鱈に甘やかしておやつを上げ過ぎてデブにしたりしませんでし

  • 同居開始!

    水飲みデートを何度かしたあと のっこ=maiをbb.フォイラーの許に じゃれているのか時折2匹が弾けるも 毛繕いされるのっこ=maiの甘える声 今朝のっこ=maiにおやつを与える前の計量は58gに。これまではずっと54,5gだったからかなりの増量。妊娠の可能性も。だが出産となると子育ては男の子の協力も必要。そこで今朝ついに2匹の同居生活スタート。 これまでトライアルで何度か同じケージに入れたが、そ

  • 初デート

    のっこ=maiもbb.フォイラーも 2匹とも水を飲むのが大好きで 初デートするなら水を飲んでる時 夢中で水を飲むのっこ=maiに・・・ 2匹の初デート。bb.フォイラーがのっこ=maiのしっぽに近づきしっぽの匂いをかぐ。興味津々の様子。続いて顔の方に回り、のっこ=maiのおでこをなめなめ。目を細めて気持ちよさそうなのっこ=mai、彼女もbb.フォイラーの顔を舐める。 仲良さそうだし、2匹をbb.フ

  • まずは引っ越し

    ねじぃはお婿さんを迎えられない お婿さんを殺しかねないからだ 縄張りに入るものは容赦なく攻撃 だから結婚はお嫁に行くしかない ペットショップに黒い子を注文してからずいぶん時間が。でも、未だ入ってくる気配さえない。それならいっそ我が家で作ってやろうじゃないか。黒い子ってそれだけ希少性でもあるんだろうか? 幸い我が家にちょっと頭がオカシイんじゃないかと思われるほどビビリヤンだが若くて元気な男の子がいる

  • 足踏み…

    ペアリングしようとした矢先 ちょっとしたトラブル発生 女の子の体重がどんどん減少 ペレット食べてないので当然 この1週間で1日あたり1gずつ減少。我が家に来た当時は57gだったが今その体重さえも下回ってしまって53gに。ケージの中はペレットの粉だらけ。典型的な「おやつ依存症」。ペレットは食べたのではなくてただ齧っただけ。 おやつ依存症対策にはおやつの量を減らしていってついにはおやつを上げないことに

  • いっそ

    入ってきても売れもせず しっかりと売れ残るのに 注文すれども入って来ず いっそ我が家で作ろうか 我が家には今2匹だけ。10匹近くいた賑やかさが嘘のよう。黒い子を注文したけど何時まで待っても入ってこない。黒い子と同服、同性の子も引き受けるとまで言ったのに。 黒い子は入って来てもいつも決まって売れ残る。ならいっそ黒い子を注文したらどうかと注文したが入ってこない。注文してからずいぶん時間が経った気がする

  • 遺産

    2歳4ヶ月で世を去ったxevy=anne 世間的にはそこそこの寿命だったが 我が家では短命に終わったと言えるかも だが彼女が残したものはとても大きい 彼女が残した遺産、それは食べ物の与え方を根本的に考えさせられるもの。彼女に与えていた食物は朝夕のケアの都度与えるふかし芋1g未満のもの、ペレットを朝夕3~5粒たまに林檎の皮など。時々麻の実やヒマタネやサフラワーの種。それらの種は一度に与えたのは3~5

  • 埋葬~また逢う日を約して

    ワイショーと子孫を作るために 迎え入れたxevy=anneだったが 病気など諸般の事情で実現せず 再会を約して抱き合わせて合葬 両者の生前何度かペアリングを試みたがその度にトラブル発生。主なトラブルはxevy=anneに。後ろ足で目を強く引っ掻いて出血したり、その後遺症で目やにが出たり。ワイショーは後ろ足の大怪我で死にそうになったり。ペアリングを試みてもワイショーがxevy=anneに全く関心を示

  • xevy=anne逝く

    かなり危険な状態が続いていた ペアリングで急激な体重増減 呼吸器障害による激しい動悸 食欲減退が気になっていたが 朝のケアで長々と亡くなっていた ペアリングする時に懸念されたことが現実のものに、しかも最悪の形で現れてしまった。あまりペレットを食べない、食べてもただかじって粉にするだけのような食べ方の同居者bb.フォイラーと、真面目にペレットを食べてしかも大食漢のxevy=anne。 ペアリングの時

  • ワイショー逝く~大往生

    もう体を動かすこともできない 顎を撫でると耳だけを瞬かせた 夜中帰宅時には亡くなっていた 横たわり尻尾をクルリと回して 最後の姿勢からは大抵の個体は違うところで亡くなるものだが、ワイショーは横たわった場所から少しも移動することなく同じ姿勢のまま亡くなっていた。 失くなってもうその愛らしい姿を見ることはできないが悲しむには及ばない。4歳4ヶ月目だったその死は大往生。むしろ祝うべき大往生。あの世で2匹

  • もうじきに

    もうじきに遠くへ旅立ってしまう ツンツンbsの最後の生き残りの君 もはや意識も混濁し食物も口にせず ただ腹ばいになって深く呼吸するだけ 昨夜から既に意識の混濁が見られるワイショー。水の皿を差し入れるといつもなら真っ先にすっ飛んできてがぶ飲みしてたのに、腹ばいで待っているだけ。普段はハンペンレンガの上に置く水の皿を、彼が腹ばいになっている床まで移動させて飲ませる。しかし少し飲んだだけで皿のフチに顎を

  • いい線

    ペレット減らしてダイエット ようやく73gになっていい女 しかし食欲はますます増進して 食べてる形相はほとんど悪魔 まっくろけの女の子xevy=anneの話。90gを超えて呼吸も苦しそうにして、このままだと死ぬんじゃないかと思われるほどだった。そこでペレットを減らした。これまで食べようとしなかったキャベツにさえ手を出すほどに。 日頃から各個体の観察をしていて彼女の命を取り留めることができた。彼女の

  • 変化

    クロベール亡き後ワイショーが変わった 再び久々にnanoの手に載ってくるように 一人ぼっちになって親分格の維新は不要か またxevy=anneも手の甲にだって載ってきた ワイショーは今なお尻尾をくるりと巻いて走り回る。クロベールが元気な頃には若い頃を除いてはnanoの手には載ってこなかった。ところがクロベールが亡くなってから急にnanoの手に載ってくるようになった。やはりかなり寂しい思いをしている

  • 食い過ぎっ!

    ケージの蓋を開けるといつもなら 先ず真っ先に水を飲みに来るのに 今朝はホイールの影に身を潜める 太り過ぎのデブxevy=anne大丈夫か 身を潜めるホイールの下で体を大きく上下に揺すって肩で息するxevy=anneだが生きてはいる。手に載せてヒマタネを与えてもいつもと違って食べもせず。手の上でも体を大きく揺らしている。かなり呼吸が苦しそう。 若い頃には100gにも達した女の子、xevy=anneだ

  • 食べてない!

    クロベールが逝ってしまって 寂しくなっちまったワイショー 3兄弟がついにひとりぼっちに 食いしん坊なのに食欲ダウン 3兄弟がライリー=ホイランを失ったとき、残されたワイショーとクロベールはかなり長いことライリー=ホイランを探し回った。ケージの蓋を開けるといつもケージの上の方をキョロキョロ見まわったり、シェルターやホリホリシミュレーターの中を見て回り入ったり出たり。 今度はあまり探し回っているふうに

  • クロベール逝く

    はて今夜は夜のケアをやったかな 記憶が不確かケージの蓋を開ける 見たくなかったクロベールの死が 大きな黒い目を見開いて動かない 彼の症状から年末までは持つまいと思われたがよく頑張ったものだ。あと6日もすれば彼らの誕生日だったと言うのに。彼が死んだあと兄弟のワイショーが足の毛をむしったのだろうか一部の毛が抜けていた。 朝出かける前のケアの際かなりの食欲減退が見られた。彼らは高い体温を維持するためと大

  • 次に見るときは…

    この頃ツンツンbsのケージの蓋を開けるのが怖い ほんの半日前の姿からして次に見る時にはもしかして など思わざるをえないほどに衰弱しているクロベール 骨と皮ばかりになっても彼はしかししぶとく生きている ねじぃ、ジャービルは元気なときも病むときもかわいい、そして死に顔さえも。すっかり衰弱している彼を手のひらに載せると耳をピッと倒して顎をしっかり掌に押し当ててくる。もはや頭を持ち上げているのも辛いらしい

  • あと12日

    もうじき満4歳を迎えるというのに 病に苦しむクロベールは食欲がない 体重も兄弟ワイショーより10gも軽い 今や看病も限界命の火も消えかけて 癌らしき腫瘍が臭腺のそばにできて久しいクロベール。1月いっぱい持たないかもと思われたがしぶとく耐えてこの2月を迎えた。一時は腫瘍部分に彼の拳が入るのではと思われるほどの傷口があった。それとは気づかずに見ているとひょうひょうとホイールランもやっていた。傷口を見て

  • 癌かも

    ツンツンbsのクロベールに元気がない おやつのおさつも残しがち受け取らないことも しきりに後ろ足で腹をかきむしる うずくまって動かないこともだんだん多く この頃はケージの縁までジャンプできなくなってきて久しいクロベール。若い頃はビビリヤンでなかなかnanoの掌には載ってこなかったのに最近は掌を差し出すとすぐに載ってくる。 掌に載せるのは彼らの健康状態を知る上でとても大切。そしてそこで硬い殻を持つ暇

  • もしかして・・・

    ペアリングした当初は79g 今朝測ったらなんと84gに 食欲ますます亢進し続けて お腹はなんだかゴロゴロ まさかとは思うが妊娠じゃあるまいか。そんなxevy=anneの話。ペアリングする際気になっていたことが現実のものに。彼女は単独飼育の時には1日に6粒を2回残さず平らげていた。それに対して今同居のbb.フォイラーは彼女と同じ量のペレットをいつも1,2粒食べ残していた。同居した今食べ残しまで平らげ

1 2 3 4 5 ... 14