生き方のムラゴンブログ

  • 酔いたくないときのビール

    ワイン派の私でも 夏はビールに手が伸びます。 ただ、困ったことに お酒は好きだけど弱いので 飲んだあとは体も頭も動かなくなります。 やる気が全くもってなくなるのです。 そこで、最近でた微アルコールを 試してみました。 長澤まさみさんが「ビアリー?」って CMしてるこれです。 缶のデザインは素敵です。 シックでかわいい。 お味は… ノンアルコールよりは美味しいです。 でも、やっぱり普通のビールのが

  • 球児の母という似合わない顔

    群れるの嫌いなのに 本読んだり、美術館に行くのが好きなのに スポーツ観戦とかあんまり興味ないのに 私には中学硬式野球クラブチームに 所属する息子がいます。 チームメートの中には 名だたる強豪校に進学する子も多く 家族が全力投球で支えています。 我が家は色々な意味で 清水の舞台から飛び降りる気持ちで 入団しました。 野球って、拘束時間が半端なく お当番や帯同などで それこそ朝から晩まで付き合うことも

  • 女が家を買うとき🏡(女性名義の家も多い?)

    インパチェンスがこんもり! 1ヶ月前に植えた時 女性が家を買うと言うと、独身女性?と思う人が多い? しっかりした女性を想像する? 今回、息子の住むマンションを買ったのだが、売主も女性、買主(ばば)も女性。 売主様も結婚しているし、ばばも一応夫は居る。 以前の家(ばば名義)を売った時の、買主も女性(夫も子もあり)だった。 売買契約書の、売主も買主も女性なのだ。 ご夫婦で、共有名義にする方もいるから、

  • 「夕暮れのまどろみ」というエッセンシャルオイル

    一年を通じて夕暮れが好きです。 だんだんと青空がオレンジがかってきて 時間が少しゆっくりと流れていくかんじ。 特に夏の夕暮れが大好き。 ひぐらしのカナカナカナカナも たまらなく情緒的。 沈んでいく大きな夕日を 海岸で見られたら 最高なんだけどなぁ。 KEYUKAで買ったエッセンシャルオイルは 「夕暮れのまどろみ」という名前が ついています。 なんて魅力的な。 名前のとおり、まったりとまどろみたくな

  • 今朝の太陽。ゴッホの太陽。

    朝早く、次男を乗せ 野球のグランドへ向かいました。 早起きが苦手なので自分との闘いです。 しばらく走ると正面に 上ったばかりの太陽が すでに強い光をみなぎらせている。 夏の太陽はパワーがありすぎて 恐怖でもあるけど 生命力のかたまりのような姿は 神々しく、美しい。 太陽こそがすべての生きる源ですものね。 太陽を描いた絵も大好きです。 これはゴッホの「種まく人」。 南仏、アルルの明るい陽光を ゴッホ

  • 原因自分論【自責と他責・無能と有能】

    よく頭悪い人が言うんです 「日本はもうダメだ」 「政治家が無能だからこんなに生活苦しい」 「こんな社会に誰がした」 「クソみたいな会社クソみたいな上司」 自分が無能なのは社会のせい 自分が苦しんでいるのは政治家のせい 自分が貧しいのは日本のせい 自分が不幸なのは会社のせい でも考えて欲しい、そのミジンコ脳みそで。 こんな日本でも頭を使って、 豊かに、それなりに幸せに、暮らしている人がいるのは何故か

  • 〈生き方〉人は生きてきたように死んでいく

    ◎人の心に灯をともす…より転載   https://ameblo.jp/hiroo117/ ……………………………………………… ☆人は生きてきたように死んでいく 金城学院大学学長、柏木哲夫氏の言葉より… (これまでに2500名もの方を看取られてきて、何か発見されたことはありますか?の質問に) 人は生きてきたように死んでいくということです。 これは私の実感ですね。 ですから、しっかり生きてきた人は

  • ⏯ 心打たれる名言集…人生観変わる!

    【心打たれる】人生観が180度変わる!「偉人の名言」TOP5 ☆マコなり社長が大好き💕 今回の名言集とても良かった(マリーより)

  • 真実

    信仰心は特別持ち合わせていない というより 捨てた 過去にはそれなりにあった 父が死んで きづかされた 結局のところ きれいごとと脅しのビジネスだと お金があり余ってる人たちの 見栄と体裁の行事 誰も知らない わたしの心にある思い 純粋な思い を大事にしたいと思った わかる人だけわかってくれたらいい 真実はそこにしかないから 天知る地知る我知る わたしの専属の神様は わたしに必要なものだけを いつ

  • 母の手作りの梅ジュース。最近はピンク色。

    酸っぱいものが好きなのですが 梅の酸味も大好きです。 梅干しはもちろん、この時期になると 梅ジュースや梅酒も飲みたくなります。 これは母が作ってくれた梅ジュース。 最近はピンク色が出る梅をわざわざ買って 作るようです。 私は常備している炭酸水で割ります。 昔、実家には梅の木が三本くらいあって たくさんの梅が採れたので 梅干し、梅ジュース、梅酒を 父と母でせっせと作っていました。 「うちは梅だけは自

  • オオタニサン

    大谷翔平が低めのボール球をうまく掬ってホームランにした 非常に手首が柔らかく、よく飛ぶ打ち方であることは間違いない ただこの打ち方が癖になると、手首をやってしまう 今年は大丈夫かもしれない だが、あまり良い気がしない 投手との「二刀流」の「日本人」選手が「ホームラン王」を取ってしまうかもしれない 野球知らない人はその凄さが分からないかもしれない どう例えれば適切か 前半GKで後半FWで出場して、リ

  • 糞尿以下の存在、無職⑧

     住所不定・無職の草場一志容疑者(55)は、19日、窃盗の疑いで書類送検されました。  盗んでいたとされるのは、コロナ対策で利用が増えている、玄関前に置く宅配便、いわゆる「置き配」です。盗まれた荷物のほとんどは食料品でした。  草場容疑者は、大阪市のマンションの最上階と屋上とをつなぐ階段部分で生活していたとして、無断侵入の罪で、すでに起訴されています。  警察によりますと、草場容疑者は、盗んだ米を

  • 糞尿以下の存在、無職⑦

    20日午前0時過ぎ、愛知県稲沢市平江向町の集合住宅で、住民男性から「血だらけの男と出くわした」などと110番通報がありました。  警察官が現場近くにいた男を事情聴取し、自室で実の姉とみられる20代くらいの女性を包丁で刺して、殺害しようとしたとして無職・高橋智容疑者(25)を現行犯逮捕しました。  高橋容疑者は、姉と父親の3人暮らしとみられていて、現場となった部屋には女性のほかに、実の父親とみられる

  • お酢とレモン 夏を乗りきるために

    子どものころからお酢が好き。 私は油を消化する機能が弱いようで 油を使った料理を食べると 無性に酢の物が食べたくなります。 本能なんでしょうね。 特に夏はお酢、そしてレモン。 家族が揚げなすが大好きなので 大量に揚げて、一日目は冷ややっこに たっぷり盛り付けて食べます。 そして小さめに切って揚げておいたなすを 麵つゆに少し水を入れた液につけて 昨日はレモンが大量にあったので 上からじゃっと多めにか

  • 〈生き方〉「ゴミを拾って運を拾う」 大谷翔平を球宴二刀流1勝へ導いた恩師の教えと感謝の思い

    【MLB】「ゴミを拾って運を拾う」 大谷翔平を球宴二刀流1勝へ導いた恩師の教えと感謝の思い ☆花巻東時代に作成した目標設定シートの「ゴミ拾い」は佐々木監督の教え ☆詳しい事は下記↓へ

  • プラセンタ注射と夏の空

    今日は仕事は休み。 婦人科に行き、プラセンタの注射を 打ってもらいました。 去年の夏は病人のようにぐったりと なってしまいました。 そんなふうになるのは嫌なので 夏はコンスタントに打ってもらう つもりです。 効き目がある!と信じて。 夏は好きだけど、猛暑はきらい。 子どものころのように すいかやかき氷を食べて うちわであおいでいれば やり過ごせるくらいの暑さならいいのに。 そんなことを考えつつ自転

  • 元気をくれるんです、なぜか。

    理由はわかりません。 でも確実に元気をもらっています。 北斎の「富嶽百景」 ピカソの「肘かけ椅子で眠る女」 そしてマチスの「青い胴着の女」 北斎とピカソはポストカード。 寝室のタンスの上に飾ってあります。 前を通るたびに何か パワーのようなものを感じて 思わずじっと見入ってしまう。 マチスは自宅のトイレに飾っている アーティゾン美術館のカレンダー。 カレンダーの6月の紙を破いて マチスの絵が現れた

  • 長時間働くのが嫌な私の老後の展望

    我が家の事情をイロイロ考えると 余裕のある老後はあまり 期待できなさそうです。 ぐるぐると考えが回っているのですが… 日暮れ前から降り出した雨の音を 聴きながらベランダの椅子にすわり ぼーっとしていたら。 「長い時間働くのは苦手だけれど 長い時間、家でぼーっとしているのも苦手」 それなら、70歳過ぎくらいまで 今のペースでずっと働き続ければ 何とかなるのではないだろうか? との考えに至ったのです。

  • 〈生き方〉 【驚愕】リンカーン大統領が暗殺された時に持っていた紙切れの理由

    ◎いいため話…より転載 http://goodstory.biz/celebrity/001/ ……………………………………………… 【驚愕】リンカーン大統領が暗殺された時に持っていた紙切れの理由 世の中には三種類の人がいる まず、人の心に毒を盛る人。 彼らは人びとを落胆させ、創造性を破壊し、「あなたにはムリだ」と言う。 次に、自己中心的な人。 彼らは自分のことばかり考え、他の人に力を貸そうとしな

  • 美味。「森八」の葛まんじゅうゼリー

    甘いものには目がない というほうではありません。 ときどき評判のお菓子、とかを 職場で配られたりしますけれど みんなが言うほど美味しいとは 思わないことも多いのです。 ですが、最近素直に「おいしい」 と思えるお菓子に出会いました。 金沢の老舗「森八」の涼菓“すずやか”です。 3つの葛まんじゅうをゼリーで 包んだもの。 葛まんじゅうの一つひとつを しっかりとした味わいと食感で楽しめるし それを包むゼ

  • ワクチン接種

    ワクチン接種 84才母の本音 できれば打ちたくない 不安 でもね 打たなくてコロナになったら ほらみろ と そう言われたくないと 母のような考え方の人は多いんだろうな 気持ちが2つあるがため 苦しいんだろうな 人生そのものが No!な気持ち と そのNoと言ったときの 世間からの反応に怯える気持ち 幼い頃から 当たり前に 植え付けられてきた 世間世間世間体 世間に迷惑をかけないことは 大大大前提

  • 無計画

    子供の頃から そうだった 計画をたてる すごく違和感があった 夏休みの計画 純粋に頭を悩ませた なんのため?? 明日のことなんてわからないのに 明日は明日の風でいいじゃんね 31日のことなんて そんな知るかいな 学校というのは 計画 から 人間性を 判断してたのかな それなら 納得できるが だとしたら わたしは ペケなのか??? 生まれつき自由主義 決められた箱の中で 言われたようになんて できっ

  • 木のぬくもりと本の癒やし

    まちライブラリーは 普通の図書館とは趣きがちがいます。 寄贈された本で構成されていて 500円払うと会員になれて 本を借りられます。 会員にならなくても 自由に出入りできるので 本を読んだり、勉強したり ゆっくり寛いだりできます。 私が時々利用するライブラリーには 隣接する公園で伐採された木で作られた 机や椅子が配置されています。 ぬくもりがあって素敵です。 この椅子に腰かけて 公園のみどりを眺め

  • 〈生き方〉いつでも上機嫌で過ごす方法

    ◎人の心に灯をともす…より転載   https://ameblo.jp/hiroo117/ ……………………………………………… ☆いつでも上機嫌で過ごす方法 内藤誼人(よしひと)氏の心に響く言葉より… 《いつでも上機嫌で過ごす方法》 気分は毎日の活動、お金、地位、個人的な関係よりも重要なものといえます。 というのは、誰もがこれからのことを気分のフィルターを通してみているからです。 これはカリフォ

  • 老後の何もない日々にも、小さな事件は起こる😲

    <ご近所の小さな家の玄関に咲く赤い薔薇> ばば家は、73歳と71歳の夫婦二人暮らし。 子どもは独立し、親も見送り、何も課題?のない日々。 何事もないのは、平和で良いことなのだ。 退屈だの、家籠りはつまらないだの、不満を言ったら罰が当たる(笑) 有難いと感謝しつつ、日々を送っている⁇ <ご近所の路地に咲く白百合> そんな、平和なばば家にも、小さな事件?は起こる。 そういえば、以前、玄関前に蛇さんが、

  • 大作家でも30坪の家 ポイントは引き戸

    作家、池波正太郎さんは 下町の30坪の土地に建てた家に 住んでいたそうです。 作家として十分に大成し 家を建て直そうと思ったとき もう少し大きな土地に引っ越そうとも 考えたそうですが…。 奥様やお母様の 「近所との良好な付きあいを失いたくない」 という思いを尊重し、同じ土地での 建て直しを決めたそうです。 あれほどの大作家でも 30坪の土地に住み続けた、というのは 驚きですし、同居する女性たちの

  • 亡くなってからの生き方

    うちの近くに民間の図書館 まちライブラリーがあります。 みんなで本を持ち寄って作っていく 図書館、というコンセプトのようです。 池波正太郎さんの「日曜日の万年筆」は こちらで借りました。 今どき珍しく読書カードの ようなものがついていて 本の寄贈者からのメッセージが 読めます。 読み終えたあとに気づいたのですが‥ この本の持ち主は42歳という若さで 亡くなったそうです。 ライブラリーの立ち上げに

  • 〈生き方〉何気ない日常にまことを尽くす

    ◎人の心に灯をともす…より転載   https://ameblo.jp/hiroo117/ ……………………………………………… ☆何気ない日常にまことを尽くす 修養団・元伊勢道場長、中山靖雄氏の心に響く言葉より… 《「日常」何気ない日常にまことを尽くし、喜びながら生きるところに、感動があります。》 何が大事かというと、やはり日常のことがとても大事だと思うのです。 何か特別なことをやる時には、みな

  • 池波エッセイに影響を受け、次のプチお出かけを考える

    神田須田町にある “まつや”に11時開店と同時に着き 天南ばん蕎麦を食べ(食べログで調査済み) そこから上野公園に向かい 東京都美術館で「イサムノグチ展」を観る。 ぜひとも実現したいお出かけ。 池波正太郎さんのエッセイに登場するお蕎麦屋さん。 調べてみたら、東京大空襲を奇跡的に逃れて 昔ながらの趣のある佇まいを残しているそう。 店内は座席数も多く 入りやすい雰囲気だそうな。 これなら私一人でも行け

  • まだ生き方を探している、、、。

    最近、職場の二人から進路について聞く機会があった。40代半ばの人は介護に転職するそうだ。まだ大学を卒業して三年くらいの子は、今の仕事をやめたいけど、何がしたいかわからないみたい。わかるなぁ。20代の頃はまだ自分が何者かまったく見えなかったし、40代半ばと言えばちょうどカフェをやろうと決めた頃だ。 そして、60代になった私は、もう生活のために働くしかないのだろうか。 ずっと好きなことして生きてきたか

  • ⏯ 〈生き方〉16歳で東大合格!勉強の仕方がすごい!林修が迫る!

    【1か月限定】16歳で東大合格!リアルドラゴン桜・カリスとは?!林修が迫る!

  • 粋すぎる生き方、憧れます。

    上野末広町 花ぶさ 日本橋たいめいけん 信州上田の刀屋(蕎麦屋) 神田須田町 まつや 池波正太郎さんの愛したお店です。 30代のころ「真田太平記」を夢中で読み 池波正太郎さんの世界を堪能しました。 食通で知られる池波さんの粋な暮らし方にも 興味を抱いていましたけれど まだ若かった私にはさほど響かなかった。 でも、久しぶりに手に取ったエッセイ。 洗練された簡潔な文章がとても読みやすく、 そして心にズ

  • 〈生き方〉 許すこと、損することを惜しんではならない

    ◎人の心に灯をともす…より転載 https://ameblo.jp/hiroo117/ ……………………………………………… ◎人の心に灯をともす…より転載 https://ameblo.jp/hiroo117/ ……………………………………………… ☆許すこと、損することを惜しんではならない 渡辺和子氏の心に響く言葉より… 許すということは、損をすることなのかもしれないと思う。 だから、難しいの

  • 大切なことは3つだけ。

    本が読めること 時々美術館に行けること そしてblogが書けること。 多くは望みません。 これができればいい。 そこそこ健康ならなおいい。 そして美しい自然のそばにいられたら すばらしいですけれど。 鎌倉あたりの小さなおうちで そんな生活ができたら 最高なんだけどなぁ。 しばらく海を見てないから 江ノ電に乗りに行きたいけれど そろそろ湘南は混雑してくる時期かな。

  • 今、皆さんのブログで流行っている性格免許証💛

    今皆さんのブログで、よく見かける性格免許証 プニさんのブログから 那由多さんのブログから 流行りものが好きなばばもやってみましたよ。 あまり考えずに、パッパと質問に答えて 出ました(笑) 結構、当たっている❓ 好きなのは、家庭円満?喧嘩するけど? 半身浴より裸の方が好きだが? 嫌いなのは、持久走、スパルタ教育、脂身⁈、自分の性格⁇ 当たってる! 優し過ぎる、ばばの性格は嫌いなの(笑) 特性は、三日

  • 〈生き方〉投げかけたものは必ず返ってくる

    ◎人の心に灯をともす…より転載   https://ameblo.jp/hiroo117/ ……………………………………………… ☆投げかけたものは必ず返ってくる 小林正観さんの心に響く言葉より… ある日、小林正観さんのところに、二人の占い師にまったく正反対のことを言われ、 どちらを信じていいのか、悩んでいる女性が相談にきたそうです。 正観さんは「その答えは簡単だ」、といいました。 それは… その

  • 死生観

    50になった頃から 死生観を思うようになった 結論は 死ぬまで生きるだけ。 生き様は死に様となるんだろうと 信じてる 死んだ瞬間からは 何もたぶん 思えることはないだろう あーすればよかった こーすればよかった 後悔は生きてる間にしか できないだろうし お金も 生きてる間にしか 使えないだろうし 笑うことも 泣くことも 愛することも 食うことも 死ぬまでの 限られた時間の間でしか できない ちょう

  • 楽しいとだるいのはざま。

    連日、だるさと闘っています。 月に一度、美術館に行くと 決めていますけれど、小一時間 電車に揺られていくことを考えると 迷うことも多いです。 行きたいな。 でも、だるいな。 一日、寝っ転がって身体を休めても いいんじゃないかな。 相変わらず腰に鈍痛もあるし。 行けば楽しいことはわかってる。 楽しいだけじゃない、何かしらの発見が あることもわかってる。 しばし葛藤し。。。 結局、出かけて行きます。

  • 〈生き方〉笑いで難病が治る

    ◎人の心に灯をともす…より転載 https://ameblo.jp/hiroo117/ ……………………………………………… ★笑いで難病が治る ノーマン・カズンズの「笑い」 精神科医、斎藤茂太氏の心に響く言葉より… 前向きなオプティミスト(楽観主義者)は、病気にも、トラブルにも、ストレスにも強い。 前向きになって病気を治した代表的な人物に、アメリカのジャーナリストで、世界平和に対しても精力的に貢

  • ミッドタウンのテラスでしくじり一人ランチ

    サントリー美術館での鑑賞を終えて 同じミッドタウンにあるピザ屋さんで ランチをすることに。 眺めのよいテラス席で食事がしたいと 選んだのですけど…。 素敵な笑顔のお姉さんに案内された 丸テーブルはとても大きく 一人客には落ち着かない。 そしてテラスの鉢植えがことごとく 枯れているのが目に入り テンションが急降下。 「今日の一人ランチは失敗かも…」 当たり前と言えば当たり前なんだけど 一人で同じ味の

  • 〈生き方〉人生のピンチのときに天使があらわれる

    ◎人の心に灯をともす…より転載   https://ameblo.jp/hiroo117/ ……………………………………………… ☆人生のピンチのときに天使があらわれる みやざき中央新聞 魂の編集長、水谷もりひと氏の心に響く言葉より… 32歳のその女性は実家に帰省するため、1歳の幼子を連れて新幹線に乗った。 自由席の車両に乗り込んだが、車内は満席だった。 リュックを背負い、スーツケースを持ち、さら

  • 多様な生き方から自身をみつめる

    おはようございます! ハッピーカーズ大田田園調布店です。 会社をやめてから会社に属さない人たちとの交流が増やして、本当にさまざまな生き方に触れることになりました。まだまだ知らない世界ばかりですが、それでも前の世界からすれば視野は飛躍的に大きくなった感があります。 「大企業の終身雇用も崩壊」などと言われますが、独立起業の成功率・継続率から考えれば、まだまだ超安泰だと思うのです。会社で働いている人もな

  • 龍に喝を入れてもらう サントリー美術館

    六本木駅直結、ミッドタウンの中にある サントリー美術館。 行ったことがなかったのと 久々に都会の空気を吸いたくて選びました。 アメリカのミネアポリス美術館から 里帰りした日本画の企画展です。 大きな屏風絵とかふすま絵とか よく船に乗せてアメリカまで 持って行ったものだと感心します。 以前は、「ドロボー」 くらいに思っていましたが おかげでよい状態で 残されたものも多いんだとか。 それに海外での評価

  • 〈生き方〉生きてゆく力がなくなる時

    ◎人の心に灯をともす…より転載   https://ameblo.jp/hiroo117/ ……………………………………………… ☆生きてゆく力がなくなる時 林覚乗(はやしかくじょう)和尚の心に響く言葉より… 新聞記事に載っていた話です。 主婦A子さん(二十九)の夫は、 機械リース会社に勤務するごく普通のサラリーマンだったのですが、 あるとき商品相場に手を出し 会社や金融業者から借りたお金が約20

  • トムヤムクンラーメン。これ美味しい!

    時々、トムヤムクンが食べたくなります。 最近はヌードルとしてインスタントものが 色々と売られてますが これがピカイチ美味しい! さすが日清。 本格的なんだけど日本人になじむ味。 酸味も辛味もちょうどよくさわやかに 食べきれます。 麺はなぜかマルちゃん正麺に似てる。 私の好きなスルッと食べられるかんじ。 家にあったサニーレタスとチキンを 載せて。 エスニックな食べ物を時たま 組み込むと毎日の食事に

  • お値段の10倍働いてくれるネックレス

    赤色の入ったネックレスを探していました。 普段に使えるカジュアルなもので。 手ごろで素敵なアクセサリーが豊富な アネモネで見つけたのがこれです。 実際には赤がもう少し明るい赤色で 目立ちます。 セールになっていてなんと1200円。 安いんだからすぐ買えばいいものを 余計なものが家に増えるのは嫌なので (断捨離的思考がしっかり根付いている) 数日考えました。 例によってグダグダと考えます。 この年で

  • 〈生き方〉千人の高校生が立ち上がった

    ◎人の心に灯をともす…より転載   https://ameblo.jp/hiroo117/ ……………………………………………… ☆千人の高校生が立ち上がった 諏訪中央病院名誉院長、鎌田實(みのる)氏の心に響く言葉より… 2018年7月、台風7号と梅雨前線の影響で、北海道で大雨を降らせた後、太平洋高気圧が南下し、九州、西日本に記録的な大雨を降らせました。 のちに「平成30年 7月豪雨災害」と名付け

  • 〈生き方〉驚愕…リンカーン大統領が暗殺された時に持っていた紙切れの理由

    ◎いいため話…より転載 http://goodstory.biz/celebrity/001/ ……………………………………………… ●【驚愕】リンカーン大統領が暗殺された時に持っていた紙切れの理由 世の中には三種類の人がいる まず、人の心に毒を盛る人。 彼らは人びとを落胆させ、創造性を破壊し、「あなたにはムリだ」と言う。 次に、自己中心的な人。 彼らは自分のことばかり考え、他の人に力を貸そうとし

  • 元祖断捨離やましたひでこさんの本を読んだけど

    あってもなくてもいいものは 家の中になくていい。 物がありすぎるから掃除が大変で 美しくない空間になる。 “断捨離” は今や主婦の共通認識と なりました。 そのことを最初に論理だてて 提唱したのはやましたひでこさん。 雑誌などではよく見ていたけれど 著書を読んだことはなかったので 図書館で借りてみたんですが。 結論から言うと…無理。 ここまで徹底はできません。 そりゃ、お店のディスプレイのように

  • いつの時代も“映える”ものが好き

    blogを書くようになってから 私もなるべく“映える”写真を撮るよう 心がけています。 すぐに使う予定はなくても 素材として持っておきたくて アンテナを張って写真を撮っておきます。 200年以上前のイギリスでも 「絵になる風景」を描きたくて 人々は旅したそうです。 その先導役となった教育者で牧師の ギルピン卿によると 「ギザギザ」「ゴツゴツ」したものを モチーフとして加えるのがコツなんですって。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 12