• 【ジンバブエ・ ハラレ ごみ処理プラント調査】Harare, Republic of Zimbabwe 写真の整理No.14

    政府開発援助案件(ODA案件)の基本設計(B/D)の前に、現地消防事情調査とごみ処理処理場跡地調査で出張したときの写真の一部。デジカメではなく普通のカメラで撮った写真です。首都のハラレに数回、出張しましたが撮った写真の順番はバラバラです。ごみ処理プラントは、ごみが少なく綺麗な印象で、出張に行ったときは乾燥期で悪臭がまったくしませんでした。そもそもなんでもかんでも捨てないので基本的にゴミが少ないよう

  • 1/12*Zimbabwe*No1で大好きだ!ジンバブエ!

    朝郵便局行くついでにみんなと最後のあいさつ。 また来年!! ジンバブエは英語と2つの母国語とで、 全部で3つの言語使い分けてるからすごい。 宿に置いてあったボード。 警備員の兄ちゃんが説明してくれたけど、 1ミリも頭に入らんかったな~。 無料ピックアップしてもらって、 ヴィクトリアフォールズ空港へ。 空港税払えって言われて、財布開けた瞬間 目ん玉飛びてた。 クレジットカードがない。 常に使ってた楽

  • 1/11*Botswana*チョべサファリ満喫!

    昨日友達になった地元民5人。 勝手に友達と言わせてくれ。 「次ここに戻ってくる時は、可愛い友達連れてきて 僕に紹介してくれ。こいつは君にやる。(右のヤツ)」 「いや、いらん。いらんわい。」 みたいな会話を永遠20分くらいしてた。 スーパー行っただけやのに、途中でその 友達5人全員に会ったから、 もう話さずにはいられず。 こいつら1日中街の真ん中で立って 世間話してるから 仕事せいって言うたら、 「

  • 1/10*Zimbabwe*ヴィクトリアフォールズご対面!

    昨日のツアー会社のおっさんと8:00に 待ち合わせしてしまったため行ってみる。 結局このおっさんめっちゃええ人で、 ほんまにタダでヴィクトリアフォールズと、 バオバブの木まで案内してくれて、 半日観光がタダでできてしまった。 元々予約してたチョベのワンデイツアーが キャンセルできんくて、でも全然怒らんと まじで1銭も金を取ることなく終わった。 まじでおっさん神や。 ってことでヴィクトリアフォールズ

  • 1/9*Zimbabwe*ブラワヨ→ヴィクトリアフォールズ移動

    来ない、バスが来ない。 宿のおっちゃんは確かに言った、 「ヴィクトリアフォールズ行きのバスは 6:00に出発する」と。 なぜ私は今7:30の時点でおっさんらと 話しながらバナナかじってるんや。 5:30 「Choice guesthouse」から タクシーでヴィクトリアフォールズ 行きのバスターミナルへ移動。 結構街のはずれにあった。 余裕をもって6:00に間に合うように来たのに、 今日2時間くら

  • 1/8*Zimbabwe*グレートジンバブエのすごさ、みんな知らんやろ!

    いざグレートジンバブエへ行かんとす。 6:00起床。 Pic'n payみたいな名前のスーパーの前から グレートジンバブエ行きの車が出てると 宿のお姉が教えてくれた。 バンかと思ったら、普通の日本車でしかも 4人乗りを改造して6人乗りにしたやつに 11人乗った。どんだけ乗せんねん。 日本で何人乗りとかちゃんと守ってたの あほらしくなりますね。 オーバーしたら車壊れると思ってたけど、 全然壊れへんし

  • 1/7*Zimbabwe*ブラワヨの博物館激推し!

    ブラワヨで泊まったゲストハウス 「Choice guesthouse and backpackers」 宿泊費が高いアフリカで $15はまぁまだ安い方かなと。 宿自体は普通やけど、オーナー的なおっさんと スタッフ的な姉ちゃんがすんごくいい人。 おっさんが日本人の看護師が泊まってた気がするな~とか言うて名簿探し出して、 みたらまさかの「Yukari Teranishi」 ってゆかりやないかい!! こ

  • 世界一周旅行: ジンバブエ編 猪突猛進男の世界一周やらかしブログ

    自由気ままなバックバック旅行! 猪突猛進男(バックパッカー こうの たかのりさん)の世界一周やらかしブログ ジンバブエ編 ▼こうのさんの格言 その後は記念撮影会が始まった。 何だか楽しい( ^ω^ ) 有名人になった気分。笑 そして、「家の中も見せてあげるよ」と奥さん。 興味深い✨✨ 素晴らしい素晴らしい、素敵な素敵なブログです。 下記のリンクをクリックして こうのさんのブログをどうぞご覧ください