• 君の膵臓を食べたい

    わざわざこんな展開が必要なんだろうか? 映画を観てからずっと違和感を持ち続けていた。 原作を読んでないし、アニメも観てないけれど、この物語はひどくチープなものなのだろうか?とさえ思うこともあった。 けれど、違うのかもしれないと、今は思う。 これは、現代の物語なんだ。 災害や事件が身近になった、現代の物語だ。 そうなんだろうな、と思った。

  • マンマミーア!ヒア・ウィー・ゴー

    映画館に行って来ました。 やっぱりすがすがしい気分になる映画でした。 昨日、NHKで放送された地震の番組を見てから、なんとなく不安定になり、どうやって未来を生きていくべきなのかわからなくて友だちにSOSを出したら、気持ちをしっかり聞いてくれて気持ちの良い映画を一緒に見て、少しだけ落ち着きました。 こんな時代に生きている私にできることは、毎日自分のできることをしっかりして、感謝を忘れずに祈るような気

  • 四日間の奇蹟

    映画の中ではいろいろな奇蹟が起こる。 中でも私にとって一番奇蹟を感じたのは、魂が千織に移った後で真理子が自分語りを始める時に、しっかり聞いてくれて受け止めてくれる人である敬輔がそこにいたことだ。そして、二人が話をすることでお互いがいろいろな思いを昇華していけたことだ。 死を前にした時、真理子にそういう時間が与えられて、本当に良かったと思う。 話すことは癒しにつながるけれど、いつでも誰かに話せるもの

  • 西の魔女が死んだ

    西の魔女としての生き方がとても魅力的に思えた。 私も、魔女修行をすれば、いつか西の魔女のようになれるのだろうか? 自然豊かな土地の背景とイギリス的な暮らしがとても素敵だった。 何よりも、芯のしっかりとした魔女としての生き方が素敵だった。

  • はじまりのうた BEGIN AGAIN

    大切なものを失った人がもう一度いきいきと立ちあがる物語。 ただし、失ったものを取り戻したかと言えば、それは分からない。 それでも、失ったとしてももういちど立ちあがる力は既にあることを信じられる物語。 楽しかった!

  • マンマ・ミーア!

    久しぶりに映画を観ようと思い、『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』を観に行く前の予習に観てみた。 楽しかった。 私とは全く違う人生を生きている人たちのお話だけど、誰かに迷惑をかけてるわけでもないし、しっかりと自分の人生を生きている人たちのお話だった。 ギリシアの空気や背景がさらにお話を盛り上げている。 芸達者な役者さんたちが全力でお話を作り上げていた。 友だちや仲間っていいな。家族とは?と思った

  • しあわせのかおり*天国のスープ

    食べること、料理をすることは、特別なことだと思わせてくれる映画。 普段、急いで無感動で義務的に時間を過ごしてしまうことがあることを反省する。 一食一食を心を込めて作り、心を込めてごはんをいただきたいと思った。 一番は、大切な人と一緒に食べることができる時間を大切にしたい。 これから、そうしたいと思った。

  • さいはてにて やさしい香りと待ちながら

    パンとスープとネコ日和の次に観た作品。 しなやかで強い女性の物語。 こういう生き方もあるのだと、知る。

  • 俺物語‼︎

    ドラマを観ることも大好きだけれど、映画の方が何度も観ることに耐え得る力を持っているように個人的には思う。 先日、なんとなく見始めた韓国ドラマの『ステキな片思い』が面白かったから、2回目を見ようとしたら、面白さが減ってしまっていて、見続けることができなかった。 その点、面白かった映画は意外と何度も観ることに耐え得る。 好きで何度も観てる映画はいろいろあるけど、今、大河ドラマで活躍中の鈴木亮平さんが主

  • キセキ あの日のソビト

    キセキ -あの日のソビト- 2017-06-20 Movie どうしようもなくしたいことってあった気がする。 それがいつの間にか、消えてしまったり分からなくなったりした。 年を取ったせいなのか? 病気を経験したせいなのか? それは少し寂しい気がする。 思いっきり、夢を見たい

  • 植物図鑑

    時に、どんなに大切で大好きな人でも 理由も告げずに、離れてしまうことがある。 どうしてなんだろう? でも、イツキとサヤカには ハッピーエンディングが訪れた。 良かった! でも、どうしてなんだろう?

  • 好きっていいなよ。

    好きっていいなよ。 2014-12-03 Movie 好きな気持ちに気づかなくて、言いにくくて、言い出せない気持ちが描かれていました。

  • 海月姫

    海月姫 2015-07-02 Movie 自分に自信が持てず、社会に馴染めていないようにさえ思える時がある。 そんな時に力になってくれるのは、仲間だ。 そんな仲間が集まって、夢中になって何かを成し遂げようとする時の清々しさと、それぞれの成長を描いた作品。

  • 先輩と彼女

    先輩と彼女 2016-01-13 Movie すきになった人には好きな人がいる。 人を好きになる気持ちのせつない面に焦点をあてた作品。 嫉妬、羨望、比較する心、自信のなさ、落ち込み… 好きな気持ちの持つせつない面が、とてもせつなく描かれていた。 私の過去と重なる出来事が描かれていたわけではなかったけれど、ひどく懐かしい気持ちになる映画だった。

  • 君と100回目の恋

    君と100回目の恋 2017-06-23 Movie 特別に誰かを好きになってしまった時の気持ちが、とても丁寧に描かれていました。

  • ビューティフルマインド

    テレビでビューティフルマインドを観ました。 所々、観ているのがつらくなるような映画でもありましたが、主人公を支え続けたアリシアの存在に救われました。 映画中、大学や図書館の場面が多く、以前からずっと勉強したかったことを思い出したのも、この映画を観た収穫の一つです。単なる趣味にしかならないけど、心が動くことは実行していきたいです。

  • 君の名は。

    映画館で観た時に感じたことと、今、自宅でテレビで観て感じたことは、かなり違った。 今、愛しいこの時を、大切に一生懸命に生きたいと思った。 自分の心が求める大切なものを、大切にしたいと思った。

  • チア☆ダン

    映画も小説も、物語は自分の文脈の中でしか読み取ることはできない。 それにしても、今の私にとって大切なメッセージを与えてくれる映画に出会えて良かった。 今を変えるには、自分の限界を越える為に日々の努力をするしかない。 生きてる限り、私たちはひたすら前に向かってたゆまぬ努力をすることで、生きている実感や楽しさを味わうことができるのだろう。 私はこれまでずっと、逃げてきたり、人に期待してきたことに、また

  • 3人の私 ー「ちはやふる」

    昨日、「ちはやふる」を観たせいだと思うけれど、今朝目覚めたらふと「3人の私」について思った。 幼い頃の全力まるごと自分で生きていた私。 自分を抑えて大人しく、少しは周囲を見ることができるようになった私。 大人としての私。 20年以上前に大学で心理学を専攻していた時には、人間は「統合」されていくものという印象を持ったけれど、今の私はとりあえず「3人の私」がせめぎ合い、バランスをとりながら「私」を運営

  • ちはやふる - 上の句 - - 下の句 -

    【Amazon.co.jp限定】ちはやふる -上の句- 豪華版 Blu-ray&DVDセット(特典Blu-ray付3枚組)(<上の句><下の句>豪華版連動購入特典:「オリジナルハンカチ」引換シリアルコード付) 東宝 2016-09-28 DVD 競技かるたの世界と共に、もう一度和歌について勉強しなおしたいと思う映画でした。 何かに夢中になる青春時代って、素敵だなあと思いました。 きっと、今からでも

1 2