葬儀屋のムラゴンブログ

  • 娘の気持ちと向き合った日②

    現実と向き合うのが嫌 そう言われたとき、「お母さんも、、」と自分の本音を娘に話した。 辛いのはお母さんだけじゃないのに、ごめんなって謝った。 どうしてもしんどいなら心療内科に二人で行こうと誘った。 「普段は大丈夫やけど、芸能人とか周りで亡くなったと死にたいとかきくと駄目やねん、、」と娘。 次男と娘は... 続きをみる

  • 死んだ人の歳を数えるな

    ↑この言葉は1ヶ月ぶりに会った母からの言葉です。 夜勤明けで実家に行った時に話の流れで次男の誕生日やってんでーと話すと怒るようなトーンで返ってきた言葉です。 宗教なり宗派なり色んな意味合いがあるにせよ、 孫をなくした祖母の言う言葉?とイラってして やっぱり会いに来るんじゃなかったと後悔‥。 せめて「... 続きをみる

  • 最後のお風呂は泣き笑いながら‥

    警察署ではグレーの納体袋の中で息子は眠っていた。 綺麗な布団を上からかけてもらっていた。 お巡りさんに言われた。 「見た目は外傷がないように思うけど 身体の中の損傷は酷いから、、葬儀屋でも湯灌は無理やと思うよ。多分このまんま納棺になると思う」と。 私は、どうしても納体袋のまんまは嫌で仕方がなかった。... 続きをみる

  • 給仕の仕事 初出勤

    夕方、Hさんと待ち合わせし、本日お通夜が行われるホールに行った。 そこで先輩のSさんとKさんを紹介してくれた。 もうひとりNさんというかたがいるとのこと。 今日はSさんとKさんに教わりながら仕事をすることになった。 テーブルには、もう既に割り箸やコップ、醤油皿、天つゆ入れなどが綺麗に並べられており、... 続きをみる

  • 給仕の仕事

    仕事を掛け持ちする覚悟ができたので、面接をお願いした。 ずっと葬儀屋さんと呼んでいたが、この会社はホテル経営もしていて冠婚葬祭全般のサービス業だ。 我が家の近所にあるのは葬儀や法事のホール。 隣町にも葬儀・法事ホールがあり、結婚式も行えるホテルがある。 そのホテルのロビーで面接をしていただくことにな... 続きをみる

  • 掛け持ちする? しない?

    先日の葬儀屋さんが家に来た。 アンケート用紙に住所を書いたので訪ねてきたようだ。 「互助会の積み立て、考えていただきましたか?」と聞かれたが、ダンナとその話しはしていないので「まだ話し合ってません」と答えた。 すると「先日お仕事のことでお話しがありましたよね?今日はウチの仕事を奥様にご紹介しようと思... 続きをみる