• Sir William Walton Concertos

    William Walton: Viola Concerto (Paul Neubauer, Litton, Bournemouth Symphony Orchestra)  この曲は地味ですけど、背中のほうから感動の鳥肌がじわじわ来ます。  以前来ていた訪問看護師さんがヴィオラを習っていたというので、日本でヴィオラ奏者だったら今井信子さんがいるよ、と言ったら今井さんの弟子に習っていたというのでビ

  • Walton ウォルトン 弦楽四重奏曲  都会の憂愁

     ウィリアム・ウォルトンは1902年、20世紀の生まれです。ヴァイオリン協奏曲は同年代のハイフェッツに献呈され初演も録音もされました。それより10年前にヴィオラ協奏曲はヒンデミットに献呈されこちらも名曲です。 William Walton: Quartetto per archi n.2 (1945)  弦楽四重奏曲バージョン~第1楽章は洗練さに加えてサスペンス的なワクワク感があります。1945~