• 世界経済崩壊の序曲か?

    2月9日、日経836円安で前場終了。大きく円高にふれている。 後場踏ん張れるかがポイントだろうが、投資家のマインドは冷え込み、 持ち直しは相当厳しいことになるだろう。 日銀のマイナス金利発表が売りの引き金になったようだ。 世界金融システムが正念場を迎えている。 2月13日の祝福式は人類の総悔い改めからのスタートとなりそうだ。 偶然に見える事象はすべてカルマと連動している。 ここ最近起こったことを考

  • 亨進様とは一体どのようなお方でしょうか。

    『コンコルド効果』という言葉をご存知だろうか。 コンコルドとは、イギリスとフランスがかつて共同開発した超音速旅客機だ。 コンコルドは、高度5万5,000から6万フィートという、通常の旅客機の飛行高度の2倍もの高度をマッハ2.0で飛行する夢の旅客機だった。このコンコルドの開発制作費は日本円で4千億円(1970年代)の開発費がかかっていた。 この膨大な開発費をなんとか回収しようと赤字を垂れ流し続けなが

  • 破産するトレーダーと滅びる食口の共通性とは?

    大負けをして相場から退場を強いられるトレーダーにはある面一貫した法則が働いている。 それは、『認知の喪失』と呼ばれるものである。 この認知喪失症にかかってしまうと、いくら周囲から有益なアドバイスがあろうとも、その言葉を受け入れることはせず、最終的には破産や相場からの退場をくらうまで、自分の信じる道を突き進んでしまうのだ。 実際私の知っている投資家で、認知の喪失に侵されたトレーダーはなんと資産が-9

  • Trend is a friend

    Trend is a friend. という言葉があります。 『トレンドは友達』ということですが、トレンドが利益をもたらしてくれるということでしょう。 トレンドは上昇トレンドか下降トレンドのどちらかということになります。 チャートをみてみると、きれいなトレンドに乗っかれば、いとも簡単に利益は出そうです。 ところが、実際はそう簡単ではありません。 価格は直線的に動くのではなく、波を打ちながら動くので

  • ZAR JPY(ランド円)におとずれるセリングクライマックスは今週か! 

    日本人は逆張りが好きだと聞いた事がある。 逆張りは、買いすぎだとか、買われすぎだということが、過去のデータや情報により判断されたときに、その反対売買により、利益を得ようとすることだ。その根底には、データは平均値に収斂してくるという考えがある。実際、取引をしている時に、ずるずると下降していた値動きが、数時間後には、半分戻していたり、それ以上戻してくる時もよくある。 常識的な判断をする人には、逆張りは

  • ランド円急落 退場者続出か?

    ランド円が急落し、関係者の度肝を抜いている。 今の状況は、明らかに異常・非常事態である。 にも関わらず、従来と同じ感覚でナンピンをし、買い支えを行おうとする人が何と多いことか。 このような状況は、まさかの動きをするもので、いつもの手法が通用しないことが多い。 ポジションを軽くするとか、損切りを即おこなうべきである。 来週は、もっと過激な下げに見舞われるかもしれない。 資金のゆとりのない人は即、退場