• 130 幸せ者

    目次 ・10代 ・感謝 ・幸せ者 10代 昔、18歳だった頃の自分について、覚えていることがある。 僕は当時、新聞屋で働いていた。 あるとき、原付を運転する練習で、結構な怪我をしたことがあった。 単純に、派手にコケたのだ。 両膝の皿が熱を持ち、それは激痛になった。 出勤は月に一回の休みを除いて毎日ある。 「どうしてもこれは無理だ」と思った僕は、一日だけ休むしかないと思い、店長に連絡を入れた。 まだ

  • 105 夢の終わり

    5月が終わってしまいました。 ため息しか出ませんね。気持ちで負けてる日が多すぎる。ちゃんと切り替えて一枚一枚意味のあるものにしないと。 泣こうが喚こうが落ち込もうが絶望しようが、時間は過ぎていきます。 やるだけやるしかない。 どうあがいても来年3月に何かしら答えは出るわけで、とても怖いです。 つくづく、夢のような期間です。美術予備校にいる十代や二十歳くらいの人にとっては、深く考えたことのないような

  • 78 Gさんへ

    前記事の「祖母」でコメントをくださったGさんへの返信記事です。 長文になりましたので、個別記事として設け、他の方より先に返信させていただきます。 (Gさんのコメント全文) はじめまして あなたのブログをはじめから読ませて頂きました。 正直、絵の進歩ということよりあなたが「藝大生は他人を見下している」と思っていることに危機感を覚えます。自分は都内の美術予備校で講師もしていてあなたの希望する日本画を専