• 国語 俳句・短歌の授業 1

    国語 俳句・短歌の授業 1 教科書に載っている有名な俳句や短歌を鑑賞する前に、全国の小学生が詠んだ句や歌を鑑賞します。 その方が、子どもにとっては、身近で想像しやすいのです。 これまでに紹介してきた「魔法のテレビ」が効果を発揮します。 特に俳句は、五・七・五の十七音しかありません。 たった十七音の中にたくさんのことが詰まっています。 俳句の読みは、その十七音を広げていくことなのです。 いつのこと❓

  • 国語&図工 サソリの標本の作文

    国語&図工 サソリの標本の作文 図工で作った「サソリの標本」でドッキリイタズラ大作戦を決行した子どもたちは、その様子を作文に書いてきます。 マル秘のナイショの宿題にすると、作文がキライな子でも楽しんで書いてきます。 ドッキリが失敗しても成功しても、面白い文章が書けています。 会話文を中心に書くいい練習になります。 みんなが共通の題材だから、他の子の作文も想像しやすいので、読むことも楽しみにしていま

  • 図工 サソリの標本

    図工 サソリの標本 簡単にできます。 作って遊べて、国語の作文の授業に使います。 🔵材料 輪ゴム 厚紙(または薄手の段ボール) サソリの標本と印刷した紙 🔵必要なもの ホッチキスとカッター 🔵作り方 ①厚紙を正方形に人数分カットします。 裁断機やカッターなどで人数分切っておきます。 (高学年なら休み時間に係の子ら何人かに切ってもらうことも可能です) ②枠が 中に正方形の穴をカッターでくり抜き

  • 国語 作文指導5 題材について

    国語 作文指導5 題材について 日記を書かせて、丁寧に赤ペンで返事を書いてあげている先生も多いかと思います。 子どもたちはどんな題材を書いていますか? どこかに遊びに連れて行ってもらったことや、サッカーの試合やピアノの発表会のこと、ゲームをして遊んだことなどをよく書いているのではありませんか? もちろんそんな日記もいいのですが、何を題材に選んで書くかを指導する事で、日記の中身がグンと変わってきます

  • 国語 作文指導 その4

    国語 作文指導 その4 書き出しについて 今回は、「作文の書き出し」最初の文をどう書いたらいいのか?を紹介します。 例えば、 運動会の作文なら、 「今日、運動会がありました。」という書き出しは、続きを書く時に悩んでしまいます。 そして、結局 「最初に開会式がありました。次に5年生のリレーがありました。それから、3年生のダンスを見ました。・・・」 というように書いてしまうことがよくあります。 その3

  • 国語 作文指導 日記指導 その3劇的変化

    国語 作文指導 日記指導 その3 作文が 劇的に変わる‼️ 運動会や遠足、修学旅行などの行事の作文や日記を書く時の指導方法です。 ほとんど書き方の指導をしないで書かせていることが多いのではないでしょうか? まずは、一番書きたいこと話したいことを選んで、一つのことをあった順番に書くことを会話「 」を中心に書かせることです。 例えば、遠足の作文だと指導しないと、どうしてもひとくくりのありきたりで同じよ

  • 国語 作文指導 その2 作文の授業

    国語 作文指導 その2 作文の授業 初期の作文指導の授業で効果的な方法があります。 思ったことを書きなさいでは、画一的な文章になってしまいます。 そもそも、思ったことや感じたことというのは、思考や感情などで語彙力のない子どもにとっては、言語化するのが難しいのです。 楽しかった、おもしろかったなどの何ら具体性のない文章になりがちなのです。 気持ちではなく、様子を書くのです。つまり、思ったことではなく

  • 国語 作文指導 その1 初めての作文

    国語 作文指導 その1 みなさんは作文の指導はどうされていますか? また、自分が生徒の時、作文の書き方はどんなことを学んだでしょうか? あまり作文の指導を受けたことがないという方も多いのではないでしょうか? 思ったことを書きなさいと言われてもどう書けばいいのか困った経験はありませんか? 私も教師になるまでは、作文の書き方を習った記憶はありません。 でも、先輩の先生が作文指導に熱心で、たくさんのこと

  • 本が読めないと困る?

    本を読まないと心配されているお父さんやお母さんからの相談を受けることがあります。 本を読まないと困ったことになるのでしょうか? 沢山の子供たちとの学びの経験からいうと本を読んでなくても会話が成り立っていれば大丈夫です。 何に対して大丈夫かというと。 生きていく上でということになるんですが。 失読症という言葉を聞かれたことがあると思います。  失読症の子供たちは、文字が曲がって見えたり渦を巻いていた

  • 算数や理科が好き

    理科のレポートは得意だけど国語の作文は苦手。 このタイプの彼、彼女こそアドバイス次第で分かりやすく筋の通った文章を書くことができます。 言葉を飾る必要はありません。 小さいけれど骨組みのしっかりした家を建てるつもりで書いてみよう。 きっと今まで知らなかった自分に出会える❕ なんだかワクワクしてきませんか!🌠

  • "遊び"と"学び"は友達

     "遊び"に夢中になるうちに気がつくと成長した自分を発見できる。  ものの見方に広がりを持てたり、相手の立場から自分の言動を振り返れたり、、。  "学ぶ"ことの根っこです。 物語は、そんな"遊び"で満たしてくれる世界です。

  • 子供たちの闘う力を育てる

    「てぶくろを買いに」 人間を怖いと思っているお母さんきつね、片方の手を人間の手に変えてもらい町に向かうこぎつね。 自分以外の人間に対する想像力を持つこと。状況を客観的にとらえる力。 伝え方を工夫できること。 どれも一朝一夕にはつかない力ですね。

  • 親子でネタ探し

    娘は、よく学級通信の作文掲載に選ばれる。 先生が気に入った作文の提出があると、「通信に載せてもいーい?」 と聞かれるらしい。 たまに本人にとって恥ずかしい内容だと、断っているようだ。 本人の許可を得た作品だけが載る。 先日、しきりにミシンを使いたがっていたので不思議に思っていたが、作文のネタ探しだったようだ。 一度だけミシンの練習をしたが、あれから「ミシン使いたい」と言わなくなった。 もう作文書い

  • こどもに沿った道がある

  • 本との出会い 人生で限られているかも

     小学3-4年生の頃、学校の教諭であった父が、毎月ニコニコしながら運んでくれたのが「少年少女世界の名作文学」でした。小学館だったか、毎月配刊全52~4巻だったように記憶しています。大きな本棚はついに一杯になりました。「つんどく」だったと思います。今思えば、一冊も読まない長男に、毎月よくニコニコ持って帰ったものだと思います。  ある日、夕立の後、にわかに本との出会いがあったように漠然と記憶しています

  • 西大和学園 21世紀型専願!

    他の方のブログを読んでいて、西大和学園の入試に作文、面接だけというものが出来たと知りました。 早速HPへ。 ありました!その名も21世紀型特色専願!! 素晴らしいですね。何か特技がある人にはもってこいだと思います。 詳しく見てみると、誰でも受験資格を得れる訳ではないようです。 各種検定資格証明、コンクールやコンテストの受賞履歴、模擬試験資料等の提出を経て、質問会への参加者が選抜されるようです。 模