即身成仏のムラゴンブログ

  • 「弘法大師とその宗教」菊池寛 大東出版社

    菊池寛が、同郷の偉人弘法大師の「十住心論」を学んで書いた書物です。菊池は、真言宗弘法大師の特に「即身成仏」の思想に注目します。これは、人間に非常な勇気を与える思想ではないかと感服します。菊池は、「弘法大師の小説も戯曲も書けなかった。しかし書こうと努めたおかげで、弘法大師のことをいろいろ知ることができた。その知ったことについて率直に語るのだ。」と言います。梅原猛の空海についての著作よりもずっと前の時

  • 生命の海<空海> 密教!曼荼羅!大日如来!即身成仏!!

    生命を力強く肯定した宗教家・思想家 <空海> 仏教の思想9  生命の海<空海>  宮坂宥勝  梅原猛  角川ソフィア文庫 空海はいつも、生とは何か、死とは何かを根源的に問う人であった。ひとり静かにおのれの生きる道を問う人であった。(梅原猛) 「『空海の風景』を旅する(NHK取材班)」、「空海の足跡(五来重)」と空海関連の本を読みましたが、この宮坂宥勝さんと梅原猛さんがそれぞれ40歳代前半にコラボレ