• いわき市小名浜 ”支那そば 一力”

    一月以来の訪問となる”支那そば 一力”。その時は初めて味噌ラーメンを食べたが、矢張り一力は醤油という結論に至る。とはいえまだ夏季の塩ラーメンを食べたことがない。 開店と同時に盛況でほぼ満席状態となった。メニューは先に触れたように醤油ラーメンの他に04月~11月は塩ラーメン、12月~03月は味噌ラーメンが加わる。 入店して左に食券販売機がある。上記のメニュー表とは別に販売機には特ラーメンと平日限定の

  • 久慈郡大子町 ”屋台ラーメン 醤家”

    一昨年の九月以来となる”屋台ラーメン 醤家” 、先日高熱を出してからラーメンを食べたい衝動が起きなかったが、さっぱりした竹岡式スープなら行けるかもと寄ってみる。 個人経営のコンビニKONISIYA内にある屋台風の店構え。着席するとメニュー表が内容共々変わっていました。以前はチャーシュー三枚、五枚、十枚乗せとあったものを一掃、五枚乗せが醤家ちゃーしゅーめんとなっていた。因みにチャーシューは好みによっ

  • 本宮市荒井 ”食の工房 大観”

    何故か無性に五目焼きそばが食べたくなり、五目焼きそばといえば大観ということで一昨年の六月以来となる訪問。 店の前はいつも通っているが、気付けば前回よりだいぶ時間が空いていた。メニュー内容や価格に変わりは無かったものの、後述するがちょっとした変更点がありました。 国道四号線沿いに五目焼きそばと海老フライ定食の大きな看板が立つ。海老フライ定食は高価故なかなか注文がないが、聞き耳を立てると五目焼きそばは

  • 伊達郡国見町 ”田舎屋”

    伊達郡国見町の”田舎屋”と書いて”でんしゃや”、以前はコープマートと同じ敷地内にあったのだが、現在は新装されたコープマートの建物裏となり店構えが一部改装されていた。 昔々、改装前に一度食べたことがあるものの、どんなラーメンだったか全く覚えていない。メニューには番号が記され醤油と味噌が基本となるようだが、その価格はとてもリーズナブルであり、チャーシュー及びネギが乗ったバリエーションがある。 店内は中

  • 相馬郡新地町 ”ごはん処 はる”

    無性に煮込みカツ丼が食べたくなる。が、不慣れな場所ゆえ適した店が分からずタイトルの店舗を発見し車を停める。 店内に入ると海産物をメインにした料理の壁メニューが目を惹き、更に値段の高さに入る店を間違えたかと思いながらも着席する。というのも海産系の価格の高さは致し方ないところだが、カツ丼の1.300円は上レベルの価格帯だ。 店内は四人席テーブル×三卓、小上がり四人席×三卓、カウンター八席。夫婦二人によ

  • 本宮市白岩 ”お食事処 だいこくや”

    時折り店舗前を通る”お食事処 だいこくや” 。30年ほど前に入ったことがあるが、ちょうど昼時に通り掛かったのでお邪魔した。 当然30年前のことを覚えている訳も無く、人伝に話しを聞くことがあるだいこくラーメンを注文。福島のTV局であるKFBの取材動画↓がYouTubeにありました。 立派な梁と一枚板のテーブルが目を惹く店内は四人席テーブル×六卓、小上がり四人席×六卓。更にカウンター席が四つあり、これ

  • 鉾田市上釜 ”やちべえ”

    昨年の九月以来の訪問。場所は国道51号を大洗方面から鉾田市に入り、間もなくするとしじみの看板が目に入る。 ”やちべえ”といえばしじみラーメンだが、前回はしじみラーメンセットを食べ、次回は各定食とのセットものを食べてみようと思っていた。 テーブル上のメニューはこれだけなので、各種ラーメンやセットメニューはカウンター上の壁メニューを眺めることになる。 前回訪問時にあった一日10食限定のカレーライスが無

  • 相馬市馬場野 ”井戸端よしお”

    相馬市街から一本脇の県道121号線沿いにある井戸端よしお。冬季は道沿いの樹木が落葉し、田園地帯の真ん中といった感がある。かなり以前に食べたことがあるものの、どんな味だったかなどなど既に記憶は薄れている。 イメージするラーメン店とは掛け離れた店構えに、入っていいのかな‥と、一瞬戸惑う。メニューは醤油と味噌がメインとなり、他には季節限定品もある。 店内は二人席テーブル×ニ卓、四人席テーブル×四卓の他、

  • いわき市小名浜 ”ラーメン・ノア”

    二年ぶりの訪問となる”ラーメン・ノア”。込み入った場所ながら、着いた時は既に満車状態。因みに店舗前の駐車場は三台ほどだが、裏には数台置けるスペースがある。 入って直ぐに食券販売機がある。内容は中華そばと味噌、そしてつけ麺がありお勧めは二郎ならぬ詩郎ラーメンであります‥とかいいつつ、未だ二郎ラーメンを食べたことがありません。そういえば以前あったまぜそばは無くなったようだ。 店内は六人席テーブル×一卓

  • 大沼郡金山町 ”民宿食堂 おふくろ”

    間を空けず今年二度目の訪問。ちょうど昼頃にお邪魔したがこの日は空いておりました。 店内はテーブル四人席×二卓、小上がり六人席×ニ卓・四人席×一卓、カウンター四席。いつもは一人なのでカウンターに座ることが多いが、今回は家人も一緒なのでテーブル席に座る。冬季は下画像の囲炉裏に火が入り、これがなかなか良いのです。 アザキ大根のつけメンは大根が無くなったのか、メニューが隠されていた。毎回種類の多いラーメン

  • 耶麻郡西会津町 ”ドライブイン芝草”

    昨年の10月以来の訪問。今のところ積雪が少ない会津方面であるが、只見川を過ぎると徐々に景観が変わって行った。 とはいえ例年と比べても矢張り積雪は少ないです。メニューに変わりはなく、全体的に安価なのが良いです。今回も味噌ラーメンを頼んだが、そのボリュームと価格はコスパが良好で、結構食べる方のサマオクも並盛りを残したほどだ。 店内は四人席テーブル×三卓、小上がり四人席×五卓。隣には同列経営のパーラー芝

  • いわき市小名浜 ”支那そば 一力”

    今年初のラーメン専門店は ”支那そば 一力”となりました。開店のちょっと前に到着すると大将が暖簾を掛けていた。 メニューは醤油ラーメンをメインとし、4月~11月は塩ラーメン、12月~3月は味噌ラーメンが加わる。因みに壁メニューにない特ラーメン(チャーシュー、ワンタン、煮玉子の全部乗せ)やつけ麺、そして平日限定のミニチャーシュー丼は食券販売機に明記される。 入って左側にある食券販売機。上部には師であ

  • 郡山市熱海町 ”あたみ食堂”

    人づてにカツ丼が美味しいとの話しを聞き、前々より行ってみようと思いつつ漸く初訪問。ちょうど正午となりカウンター以外は満席状態だった。 駐車場は店舗横にありそれ也に台数は置けるようだが、一台一台の個人のお客さんが多ければ直ぐに満車になるかも知れない。 メニューは各ラーメン類に定食、そして丼ものと種類が多い。更に各ミニ丼のハーフメニューもあり、カツ丼と決めてありながらも選択肢の多さに迷う。 店内は狭く

  • 大沼郡金山町 ”民宿食堂 おふくろ”

    昨年の九月以来となる”民宿食堂 おふくろ”。12:00頃にお邪魔したが、長かった年末年始の休みも最終日となり先客は三名ほどだった。 冬は画像左下の囲炉裏や奥のストーブがいい感じです。そんな店内はテーブル四人席×二卓、小上がり五人席×三卓、カウンター四席。 おふくろ食堂は各ラーメンとのセットメニューが豊富。実は未だセットメニューを食べたことが無いのだが次は注文してみようと思いつつ、今回は壁メニューに

  • 河沼郡柳津町 ”つきみが丘町民センター”

    会津B級グルメの代表、柳津ソースカツ丼。キャベツとカツの間に玉子焼きが挟まれ、町内には提供する店舗が数店あり、その中の「つきみが丘町民センター」へ行く。 昨年七月以来の訪問となるが、センターには宿泊及び日帰りの天然温泉がある。食堂の営業時間は11:30~14:00 (ラストオーダー13:30)とちょっと短い。 玄関でスリッパに履き替え食堂は入って右側、明るい室内は四人テーブル×十卓。右側には座敷が

  • いわき市内郷 ”いまの家 分店”

    白河市の”いまの家”と”二代目いまの家”共々、いつも混んでいて入ったことがないのだが、相双地区およびいわき市の撮影の途中、昼は分店で食べようと10:30に着く。 ナビを頼りに行くと閑静な住宅街にありました。ちょっと見ただけではラーメン店には見えない建物は、何処か明治・大正の雰囲気がある。開店間際に駐車場は満車、そして行列となり開店後は直ぐに満席状態。 メニューは鶏ベースの中華そば、魚介ベースの支那

  • 福島市松川町 ”麺処 あんかつ”

    昨年の三月以来となる”麺処 あんかつ”、昼時に近くに居たので久々に寄ってみる。カウンターが空いていたので待つことなく座れたが、平日ながら人気の程はなかなかです。 スープは醤油、塩、味噌があり、他にまぜそばとつけ麺がある。前回訪問の際と同様のメニュー表は見辛いというか、例えばチャーシューもトッピングで注文するようになるのだが、表示が小さく理解するのに時間を必要とする。 何度か通う、ないし私のように写

  • 南相馬市小高区 ”双葉食堂”

    先々月に引き続きの訪問。昼時にこの辺りにいると、どうしても寄ってしまう確立高しといったところだ。 11:00からの営業なのだが、暖簾が掛かる前から始っている。今回は10:30に入店、実際に何時から開いてるかはちょっと不明。因みにこの時間帯は地元の人が多い。 至ってシンプルなメニューです。「ネギ多め」や「もやしちょい辛」などなど、ちょっとしたオプションの注文も可能だが、「ネギ多め」と頼むのをいつも忘

  • いわき市四倉町 ”中華そば 島風”

    三月以来の訪問、節系スープが苦手な私であるが、この店だけは何故か別。車内で待っていると開店の五分前に「どうぞ」と案内されたが、ちょっとした心遣いが嬉しいです。 メニューは中華そば、みそ中華、そしてつけめんに各トッピングと至ってシンプル。食券販売が苦手な私でも一目瞭然であります。前回に続き満腹感のコスパが高い中華そば+チャーシュー丼とした。 明るくて清潔な厨房や店内は気持ちが良いです。客席は二人席テ

  • 河沼郡会津坂下町 ”喜多方らーめん 伊藤”

    国道49号線沿いにある”喜多方らーめん 伊藤”。昼時に通りかかったので昨年の八月以来の訪問となった。いつも混んでいる店だが、13:30頃だったので駐車場も空いており待つことなく席に座ることが出来た。 この店は味が薄いと感じた際、追い足しスープを個々に垂らすというシステムだが、コショウや七味のような香辛料とは異なり、味の濃淡という作り手の設計図の一端を担う繊細な事柄をこちらに任してしまって良いのだろ

1 2 3 4 5 ... 17