• 河沼郡会津坂下町 ”喜多方らーめん 伊藤”

    国道49号線沿いにある”喜多方らーめん 伊藤”。昼時に通りかかったので昨年の八月以来の訪問となった。いつも混んでいる店だが、13:30頃だったので駐車場も空いており待つことなく席に座ることが出来た。 この店は味が薄いと感じた際、追い足しスープを個々に垂らすというシステムだが、コショウや七味のような香辛料とは異なり、味の濃淡という作り手の設計図の一端を担う繊細な事柄をこちらに任してしまって良いのだろ

  • 郡山市菜根 ”餃子とタンメンの店 大三元”

    以前は足繁く通ったタンメン専門店の大三元だが、昨年の七月以来の訪問となった。その間に価格が上がり、オープンであったカウンターと厨房にガラス戸が設置されていた。 専門店というだけあって飲み物以外のメニューは上画像のみの内容。餃子の価格は変わりないが、タンメン及び大盛りが100円ずつの値上がり。 店内は四人席テーブル×三卓、小上がり五人席×三卓、カウンター七席。いつ来ても明るく綺麗です。開店と同時に入

  • いわき市小名浜 ”支那そば 一力”

    九月以来の ”支那そば 一力”。時が過ぎると無性に食べたくなる一杯です。開店を少々過ぎた時間に入店したが、空席が多く何故かこの日は客の出足がその後も鈍い。 入って直ぐにメニューが掲げられている。味噌味分が貼り紙となっているがメインの醤油味の他、春夏九月~十一月は塩、十二月~三月は味噌が加わる。 注文は食券方式、食券販売機の上には師である佐野実氏の写真が飾られている。今回注文する特ラーメンと平日限定

  • 田村市船引町 ”呑みめしや いっぷく”

    船引町の国道349号線沿いにある”呑みめしや いっぷく”に初訪問。以前は近くの船引字石崎で”食道いっぷく”という店舗を構えていたが数年前に移転した。 予てよりカツ丼やラーメンが美味いと聞いており、期待を膨らませ入店。店名から察するように夜は居酒屋としての営業となる。因みに看板や暖簾が下がるので分かるが、一見すると一般住宅のような佇まいだ。 メニューは一般的な食堂の内容。ご飯の大盛りが無料、且つ腹具

  • 郡山市日和田町 ”ヱビスヤ”

    私の記憶が正しければ、以前は郡山市安積町にあった白河手打中華そば”ヱビスヤ” 。数年前、日和田町に引っ越したとは聞いていたが初めてお邪魔する。 昔々、田畑だった頃の面影はない字千峯坦周辺。”ヱビスヤ”はそんな住宅街の中に広々とした駐車場とラーメン店とは思えない新しい家屋を構える。 ラーメンはダシ違いと味噌の三種類。加えてつけ麺と夏季限定の冷やし中華がある。白河ラーメンの魚介系はあまり聞いたことがな

  • 田村郡小野町 ”すずきや食堂”

    田村郡小野町といえばリカちゃんキャッスルと夏井川の千本桜が有名だが、そのリカちゃんキャッスルの斜め向かいにある”すずきや食堂”に初訪問。 平日なので流石にリカちゃんキャッスルは閑散としていた。店舗前の駐車場は数台しか置けない。離れた所に駐車場があるか否かは不明。 昔ながらの食堂といった内容のメニュー。そんな至って普通のメニューの中で一品料理ないし定食のイカフライの存在に惹かれるものの、小耳に挟んで

  • 喜多方市字細田 ”坂内食堂”

    早朝に長床で撮影を行い、その後二年ぶりに坂内食堂での朝ラーとなりました。たまたま店舗脇の駐車場が一台空いており難なく駐車&入店。 二年前の卓上メニュー表とは表記が異なるような気がするが、内容及び価格に変わりはないようだ。入店後、左にあるカウンターで注文と会計を済まして席に座るシステム。 店内は六人席テーブル×ニ卓、四人席テーブル×四卓、小上がり四人席×四卓、カウンター三席。二人が座っていた六人席の

  • 南会津郡只見町 ”美好食堂”

    先月の末に続き日を空けずに再訪。今回は平日なので客層はだいぶ違いました。前回はチャーシューメンを食べたが、美好食堂は矢張りソースカツ丼だな‥ということで、ソースカツ丼を注文する。 メニューは一般的な町の食堂といった内容で定食の類はない。内容次第だとは思うがチャーシューメンやカツ丼が1.000円、ヤキソバが900円とは失礼ながら田舎の食堂にしては思い切った価格設定にちょっと驚く。繁忙時間を除き食後に

  • 西白河郡矢吹町 ”本宮家”

    予てより気になっていた洋食畑出身の店主が作るラーメン、今回要約行くことが出来ました。因みに店名は”ほんぐうや”と読みます。 土地勘がない場所なのでナビを頼りに到着、県道44号線沿いの交差点に店がありました。店内は入って直ぐにテーブル四人席×二卓、左に小上がり四人席×四卓。 醤油ラーメンが主になるメニューの他にタンメンや炒飯がある。聞くところによると炒飯が美味いらしいが、これも評判のチャーシュー麺を

  • 南会津郡只見町 ”美好食堂”

    七月以来の訪問。只見町での撮影の際、時間的に寄ることが多くなった。前回、次はチャーシューメンをと書いたが、ソースカツ丼に惑わされぬよう意を決し入店。 駐車場が狭いのが難点。土日は隣りは郵便局に停めてもOKかと思う。ずっと気になっていた専門店に劣らぬ麺類の価格。今回チャーシューメンをオーダーしてその理由がちょっと分かったような気がする。 再開店して間もない店内は明るく綺麗。客席は二人席テーブル×四卓

  • 双葉郡葛尾村 ”石井食堂”

    2011年、双葉郡葛尾村の石井食堂は東日本大震災の原発事故により全村避難となり、田村郡三春町の「貝山応急仮設住宅」の仮店舗で営業を続けていた。2016年の夏に帰還困難区域以外が避難解除になり、翌年の7月、葛尾村の以前の店を再オープンする。 県道50号線沿いにある店舗。昔々オートバイに乗っていた頃に一度訪れたことがあるものの、その時に何を食べたかなどを全く覚えていない。 麺類、定食類、丼ものとメニュ

  • いきなりダイエット 中断

    あーーー意志が弱いというか タイミングの悪い私  間が悪い私 ヴァカンスが先週土曜日から始まってしまい、 ヴァカンス恒例の義実家で過ごしています。 実家は、フランスの中央部の田舎です。 パリから車で3時間半   450キロほど南下します。 が、山間部なので結構冷えてます。 チーズや牛肉や豚の加工品がとっても美味しいところです。 自然もいっぱいです。(ただの田舎) 食いしん坊の私を義家族も知っている

  • 大沼郡金山町 ”ひょっとこ亭”

    昨年の八月以来となる”ひょっとこ亭”。実は何度か車を停めたが、土日ということもあったのかその度に休業となっていた。 国道252号線沿いにある店舗は旧家然とした建物ながら四人席テーブル×ニ卓、六人席テーブル×一卓、小上がり四人席×ニ卓の明るく清潔的な店内だ。昨年訪れた際、指定した食材の入手が困難となり、メニューを変える旨を聞いていたが、名物と謳うソースかつ丼などのご飯類は一時レギュラーから外れていた

  • ダイエット

       ダイエット したいな。  昨日、ナイスをしてくださった方のブログに訪問させていただいたら、  6ヶ月で17キロの減量をされているというタイトルに驚き、  ブログをよませていただき、私も減量したい!とスイッチが入りました。   30代後半で渡仏するまでは、和食中心だった食生活がガラリと変わりました。  パンやケーキなどの粉類は、  好きではなかったのでほとんど食していませんでした。  ビールが

  • 日々の食について

    フランスには、たくさんの食料品スーパーがあります。 各社、全国各地に展開されていて、 それぞれ規模の異なる店舗を展開しています。  規模の大きさがわかる表示が Hypermarché(イペールマルシェ)=大型   Supermarché(スペールマルシェ)=中型 Supérette(スペレット)=小型 日本のコンビニぽくてちょっと割高です。 Monoprix、Casino Carrefour、E.

  • 南相馬市小高区 ”双葉食堂”

    昨年の五月以来となる双葉食堂、あさっりしたラーメンが食べたくなり久々に寄る。開店時間の11:00になると暖簾が掛かるが、その開店時間前からでも入店可能であり、この辺りが面倒というか、11:00に行けば既に満席ということもある。 メニューは変わることなく四点のみ。早くから地元の方々が訪れ、ネギ増しや油濃い目などなど様々なオーダーが可能のようだが、頻繁に通わないと自分自身で何をどうしたいのか皆目分から

  • 耶麻郡西会津町 ”ドライブイン芝草”

    八月中旬に訪れたばかりだが季節外れの暑さで発汗、近くに居たこともありガツンと来るラーメンが食べたくなり再訪問。 パーラー芝草なるパチンコ店の隣にある店舗、前回も記したが入り口には景品引換所があり、これは改善をお願いしたいというか、食事を主に訪れる人はちょっとダーティーなイメージを抱くだろう。 ドライブインなのでメニュー類は豊富。ソバやうどんはなく麺類はラーメンと味噌ラーメン、やきそばの三種ながらラ

  • 初日〜空港からモントキアラ移動〜家探し

    関西国際空港で、親と友人に見送られ22時発の飛行機に乗り、朝は4時に到着。 さぁ、まずは泊まる場所(会社のコンドミニアム)へ移動するため 空港からモントキアラへ移動。 ーーーーーーーーーーーーーーーー クアラルンプール国際空港から、モントキアラまでの行き方書いときます。 一番安い方法だと思います。 ・バス&タクシーの併用(32RM) 所要時間1.5時間  KL国際空港→KL sentral バス1

  • 白河市鬼越 ”火風鼎”

    南湖公園のある国道289号線沿いにはラーメン店が数店並んでいる。その中でも究極のチャーシューメンの看板が目立つ火風鼎(かふうてい)、土日などは行列となっておりなかなか食べる機会が無かったのだが、平日に白河に行く用事があり寄ってみた。 12:00前に到着。既にかなりの車が停まっているものの、待ちは二組目だったので時間を置かず着席することができた。それからも客足が途絶えることはなく平日であっても大盛況

  • 大沼郡金山町 ”民宿食堂 おふくろ”

    七月に訪問した際、お盆は只見線に乗って来ると話したのだが、彼岸になってサマオクを伴い要約実現できました。 11:00前には開店、列車の待ち時間中おふくろでの昼食も予定していたのだが、早目の開店は有り難い。この時期は撮り鉄の姿も疎らとなり、そして夏の暑さも収まり何となくひっそりとした金山町々内だ。 あざき大根の有無、時期によりあざき大根つけメンが載ったり載らなかったり。そしてよく見ると野菜炒め定食が

1 2 3 4 5 ... 16