• やばい

    昨日、生命保険の外交員に会った。約8年半前、入院給付金請求の手続き以来だ。 当時まだ外交員の仕事に慣れておらず、少しおどおどした印象の女性だった。 辞めないで頑張ってるんだ、スゴイなぁ。 顔も忘れていた。 もう、おどおどした感じはない。 でも話しをしているうちに、だんだん思い出してきた。 この女性のこと、流産したこと、悲しみの中の入院中に何度も職場から電話があったこと、家庭を顧みずに働いていた時の