• 3回目のデート その8

    きっちりしっかりとしたパンティの上から割れ目をなぞった。 十分な厚みがあったにもかかわらず、ぐっしょり濡れて透き通るくらいだったかもしれない。 そして隙間から指を入れて刺激しようと思ったが、もうこれ以上美緒子さんを焦らすのが可哀想だと思った。 カラダをくねらせている動きに合わせて、素早くパンティを脱がした。 窪みを舐めながら、直ぐには直接触れず、恥丘を右手でなぞり左手でお尻の柔らかさを感じていた。