• 江戸川柳 色は匂へ  「さ」の4 采(賽) 5 西行 6 在五 7 才蔵

    4 采(さい)   采は所持したと島田でおっぱじめ   いずこも同じ退屈しのぎ。   参考 采=さいころ 島田=東海道の一駅、大井川を隔てて金谷縮に対する。川止め                 にあった男の退屈しのぎは将棋・碁・博打とそんなところであった。 5 西 行   とっぷりと暮れて西行沢を立ち     秋の日ははやい。さてと。   参考 西行=俗名は佐藤義清(のりきよ)平安末の歌人。  

  • 江戸川柳 色は匂へ  「あ」の4 愛想 5 相の山 6 相惚 7 痣(あざ)

    4 愛 想   あいさうにふくぶくしいと嫁をほめ   福々しい。いい言葉だ。   参考 愛想=愛嬌、お世辞。   愛想のよいをほめられたと思ひ     お世辞でも気分良い。   ちっとづゝ焼くのも女房あいそ也    黒焦げに焼いちゃうよな。 5 相の山(あいのやま) 間の山とも書く   参考 相の山=伊勢の内宮と外宮の間にある。三味線をひいて銭を乞う女が居り、      代々お杉お玉と名乗る。お杉

  • 江戸川柳 色は匂へ  「て」の4 貞女 5 手紙 6 出代り 7 手代

    4 貞女   くどき損御貞女さまと手もちなさ   残念なり、しかし、あっぱれ。   参考 貞女=操を守る女 手もちなし=手持無沙汰      貞女や操という言葉は死語に近いかと思っていたら「あなたのために守りと      おしたた女の操」が流行して考え直した。   惜しい事いい後家なれど貞女也    いい女だ。あ~あ。 5 手紙   女房のきくやうに読む偽手紙     悪友の誘い、上手くいくかな。

  • 江戸川柳 色は匂へ  「こ」の4 碁 5 孝行 6 降参 7 庚申

    4 碁   御相手の碁は勝さうで考る      勝ってはまずい。どうする。   小便に起きて女房は碁をしかり    いい加減にしてよ。   碁かたきは憎さもにくしなつかしさ  ライバルはいい友。 5 孝行   孝行のしたい時分に親はなし     不朽の名句。まいりました。 6 降参   降参がすむと一度にひだるがり    敗戦の時も日本中大変だったよ。   参考 ひだるい=腹がすくこと、ひもじい(

  • 江戸川柳 色は匂へ  「ふ」の4 風鈴 5 深草   6 ふぐ腹

    4 風 鈴      風鈴もだんまりでいるあつい事     あついあつい猛暑です   風鈴の下に一文世をのがれ       一文銭も役に立っているんだ   風鈴のせわしないのを乳母と知り    風鈴の音は子守り代わりか 5 深 草   深草ですその切れたるかた見わけ    裾の切れが証拠の品ですぞ   参考 深草=小野小町を慕って九十九夜かよった深草の少将。百日目には病のために      行けず、

  • 江戸川柳 色は匂へ  「け」の4 芸 5 警動 6 けつまづく

    4 芸   すてる芸はじめる芸にうらやまれ   参考 「芸が身を助けるほどの不仕合」錦花隆志      身をはたし後チ世に出る隠し芸      苦労人の生き様ですね。       芸で身を立てることはなまじっかなことではない。厳しくつらい芸の修行で身につ   けた芸を捨てて家庭に入る芸者。これから芸の修行に入る後輩からうらやまれる。 5 警動(けいどう)   参考 警動=密娼の取り締まり。官許の吉