• 「玉勝間」本居宣長 岩波文庫

    宣長が「古事記伝」を執筆する際、研究余録として書かれた随筆集です。内容は国学を中心として、諸事万般に渡るもので、宣長の興味教養や思考の幅がじつに広く、また深いものであったことを窺わせます。書中、尚古主義とは正反対の思考や弁証法的な論法をきれいに叙した文章などが見えます。また、孔子という人物はけっして傷付けずに、論語に文句を言っている箇所などは宣長の人物をあざやかに浮かび上がらせる秀抜な章です。徒然

  • 惟(ただ)、酒は量なし、乱に及ばず

     『論語』の「郷党」篇に孔子の食生活やお酒の飲み方など書かれていますので紹介します。  公の場でごはんは精白されたものを好んで食べていました。牛、羊、魚の生肉は細かくきざんだものがよしとされました。  ごはんが饐えて味が変わったものや魚のくずれたもの、肉の悪くなったものは食べられなかったようです。(現代では当たり前ですが、冷蔵庫が無かった時代、饐えたごはんを水で洗って食べたり糊を作ったりした人もい

  • 吾日三省吾身

    「吾日に吾が身を三省す(われひにわがみをさんせいす)」という言葉、論語の言葉だが、書店の三省堂等で社名に使われている。一日に三つのことを反省するというのだ。 原文: 曾子曰:“吾日三省吾身,为人谋而不忠乎,与朋友交而不信乎,传不习乎? (吾日に吾が身を三省す、人の為に謀りて忠ならざるか、朋友と交わりて信ならざるか、習わざることを伝えしかと。) 曾先生が言われた。 「わたしは一日に三点のことについて