雁木のムラゴンブログ

  • 【対雁木早繰り銀】青嶋五段の雁木対策

    知らないうちに雁木戦法は終わっていたのかも知れません。 ▲6八玉型のまま早繰り銀から▲3五歩と仕掛けるのが有力な対策のようです。 後手としては▲3五歩に△4五歩と反発し、▲同銀△3五歩▲5六銀の変化を検討すべきでしたか。 初手からの指し手 ▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4四歩 ▲4八銀 △3二銀 ▲6八玉 △4三銀 ▲5八金右 △3二金 ▲2五歩 △3三角 ▲3六歩 △8四歩 ▲7七角 △8五歩

  • 【矢倉対雁木】

    渡辺明棋王 対 永瀬拓矢七段( 第43期棋王戦五番勝負 第1局 )で渡辺棋王が用意した雁木対策は、角による3筋交換でした。 当然△8六歩と反撃してきますが、▲同銀△6五歩▲5七銀△6六歩▲同銀△6五歩に対して▲7七銀とこちらに引いて、△8五歩には▲9七銀と引いて大丈夫です。 ずっと前の▲9六歩(図)が銀の退路を用意した周到な一手でした。 先手は6筋を凹まされましたが、どこかで▲4六角が好ポジション

  • 尾道・鞆の浦旅行04 日東第一形勝 - 鞆の浦の景色

    中央: 鞆の浦(とものうら)の坂本龍馬いろは丸展示館 常夜燈/常夜灯(鞆では「とうろ堂」と呼ばれています) 潮待ちの港、風待ちの港として栄えた鞆の港 雁木/がんぎ(階段状の船着き場) 太田家住宅前の通り 福山市伝統的建造物群保存地区 築うん百年の古商家の内部 格子戸 陰翳礼讃! 天窓 引き出し階段 「きまぐれぎゃらりぃ 一颯かん」にて日本国憲法の豆本を購入 港町・鞆(とも) 石積みの波止に囲まれた