• (思い出)ぶらり秩父旅.Ⅰ「寺坂棚田」

    (二年前のことですが‥、) 風香る五月、二泊三日の、“のんびりぶらり秩父旅“。 思い出しながら、綴ります。 /2016/05/12 (木) 池袋駅待ち合わせ。 10:30 池袋発、11:43分横瀬着の秩父11号。 「がら空きだな」「ホントね、平日はこんなものかしら」 電車は出発しました。 「さあ、旅の始まりね、」 一日目の予定は、武甲山を中心に連なる山々が背景の、 koujiさんは、ここでスケッチ

  • 老人ホームのフロアーで、(席はどこ?)

    入居者が、一日の大半を過ごすフロアーの食事の席ですが、決めるにはとても気を使います。 介護度、認知レベル、食事は自力で食べられるか否か、性格、生きてきた舞台。 AさんとBさんは仲良しだけど、隣にCさんが座ったら、どうなるだろうか‥? 90年も違う時間を生きてきた人たちが共に過ごす、フロアーでのささやかな時間。 上手くいっているところは変えたくない。でも、彼方を立てればこちらが立たずで‥、 パズルを

  • さくら、さくら、「また、春に逢いましょう‥。」 

    近づいてくる前から、 大騒ぎして過ごした、桜の日々は通り過ぎ、 季節は、 名残を惜しむのかのように、 時に寒く、時に先を急いでは暑く、 ジグザグと、夏に向って進んでいく、この頃です。 桜はいまは、どのあたり? ふいに、 子供の頃の晴れた日の思い出が、心の中を通り過ぎました。 (北海道は、5月がお花見だったわねぇ‥、) ありがとう、さくら、 今年も、思い出を重ねることが出来ました。 「また、春に逢い

  • お絵描きメール‥、

    1月24日、水曜日。 koujiさんはお絵描きdayです。 夕方、携帯覗いたら、 いつもの“お絵描きメール“が届いていました。 🌟「今日は魚だ。」 👒「なんだか、すごくいい。 お魚なのに、ほのぼのとして‥。」 メールはこれでお仕舞い。(笑) こちらは、去年の魚の絵(干物) どうでしょうか、 随分感じ、違うと思いません? 子供の絵は作文だというけれど、 koujiさんの絵にも、その時々の心、表れ

  • お喋りメール‥、

    夜勤が多い老人ホームの勤務はこの頃、とても疲れます。 夕方5時から翌朝の10時までの夜勤が終わっても、 人手不足なので帰るわけにもいきません。 退社するのは、午後2時近く。半分眠りながら帰ります。 次の日はお休みだけど、時差ぼけ状態で、 目覚まし代わりに、ついついね、お喋りメール送ってしまうのね、 koujiさんに。 「寒いねえ、 スカートはいてデートしたいけど、すぐに冷えるのよ。 昔はねえ、真冬

  • オモチャ‥?

    🌟「幾つになっても、男には、オモチャが必要なんだよ、」 👒「そうね、koujiさん見てるとね、よくわかる‥。」 お家デートに慣れた頃、押入れの中を覗いて驚いた。 半間の押入れには、ギターが何本もあったのです。 「殆ど処分したんだよ。ギター、リビングの端から端まで並んでいたんだ。」 「それで、みんな使っていたの?」 「いいや、使うのはひとつだけだった‥、」 「ミニカー集める男の子と変わりないわ、

  • 12月。何だか、心はセピア色。

    12月。 寒くなりましたね。 風邪など、ひいていませんか。 私は努めている老人ホームで、11月13日の夜勤明け、インフルエンザの予防接種を受けたら、なんと、その日から風邪をひいてしまい、ようやく治りました。 今年の風邪は長引くようです。要注意。 12月。 今年は何をしたのだろう、と振り返ると、仕事をして、時々出かけもしたけれど、 後は思い浮かぶこともなく、何だか、心はセピア色。 忙しくならないうち

  • お久しぶり‥、

    「御無沙汰していました。皆さん、お元気ですか?」 しばらく、いそがしくしておりましたら、 いつの間にか、一ヶ月。 ダッシュボードには、読み切れないほど、記事が溜まっていてビックリ🌟 「大変、大変、急がなきゃ、もう、冬になってしまう‥、」と少し、慌てています。 順に、読ませていただきますね、 また、宜しく‥。 koujiさんの絵「ザクロ」2017/11/01

  • 西洋館のベンチで…、

    (2015/09/04) 西洋館巡りで、外交官の家の庭の、ベンチで休んでいたら、カチッと音がした。 翌日、仕事が終わって携帯開いてみたら‥、 🌟20:36  「 おつかれさん。 ちょっと描いてみた。下塗りだけど、あまり、べたべたにならないようにするわ。」 👒21:39  「あら!? ビックリ!! 絵の中にいるのは、もしかして私なの?」 🌟21:57  「清楚な横浜婦人のようになってしまったけ

  • 人形

    人形は、ほんの少し昔まで、お嫁入道具の一つでした。 努めている老人ホームでは、100歳のお婆さんが、いつも人形とお話して微笑ましく、私もそっと触ってみたりする。                         でも、私は人形を持っていません。 理由は、捨てることが出来ないから。 目を合わせると、「捨てないで」と言われているようで、これは無理、と思ってしまうのです。 息子が小さい時に買った、ふわふわ

  • こんなことって‥、

    今日は息子の友人で精神科に入院中のSさんが、一泊で家に来ています。 外伯許可は出たものの、帰る家がないので、我が家に来ました。 家がなくなったのは、入院前に錯乱状態になって暴れたので、大家さんが立ち退き要請をしたからです。 福祉に強制撤去されてしまいました。 覚せい剤を使用した過去もあり、 退院しても暫くは更生施設で暮らすことになるようです。 そこまでは分かるのですが、 何と、荷物は何もかも強制的

  • 夏はもう終わり?

    今年の夏、スイカ、召し上がりましたか? 毎年、スイカを見るたびに、 子供の頃、大きなスイカを割って、家族でワイワイと食べた光景を思い出します。 「半世紀も時間が経ったのねぇ‥、」と。 koujiさんの絵(2015/07/18)

  • はじめまして‥、

    koujiさんの絵 (2015/03/29)