• 書籍:「大阪アースダイバー」

    この本も図書館で借りました。本書の中で著者が取り上げたスポットをいくつか紹介しますと、大阪はかつて半島であった上町台地の中心に聖徳太子が四天王寺を建立し、この寺の存在が、その後の大阪の性格を決定づけ、なにわの砂州の上に海民によって造られ、発展した資本主義が、船場の商人と問屋街を生んだこと。上町台地の西側に広がる荒稜(あらはか)と呼ばれた広大な墓所は、非人をはじめとする都市の最下層の人々が暮らす場所

  • 今夏 赤痢大流行のおそれ(厚生省警告) - 昭和32年/1957年7月21日の朝日新聞

    医家に謹告 今夏 赤痢大流行のおそれ(厚生省警告) 昭和32年/1957年7月21日の朝日新聞 すごい広告が載ってました! 昨年末に倉庫整理をしていた時に、こんなタイトルの広告を見つけました!! 赤痢大流行のおそれ 高度成長期前、昭和30年代前半の日本はまだこういう状況だったんですね~ 隔世の感があります。 赤痢 疫病 ブリサイ-P 萬有製薬 昭和32年7月21日の新聞 西鉄の打線、3番豊田、4番