• 入院2日目(手術直前直後)

    圧迫ストッキングを着用し手術着に着替えた。 このストッキングは血栓症予防のため退院まで着用したほうが良いとのこと。 車椅子に乗り手術室まで連れて行ってもらう。 フルネームと、どこの手術をするのかを伝えベッドに横になる。 心電図のシールを胸などに付けられ、手早く血圧計と酸素モニターも付ける。 手術用のベッドは狭く、手足が落ちないように軽くベルトを巻いた。 「口を開けてください」と言われ、歯がグラつい

  • 入院2日目(手術当日)

    昨夜はなかなか寝付けず、6時起床とのことなので23時過ぎに軽い眠剤を貰って飲んだ。 それでも1時間ほどは意識があったが、いつの間にか眠っていた。 そのまま起床時間まで眠っていたかったが残念なことに4時過ぎにトイレに起きてしまった。 バイタル問題なし。 7時半に浣腸、固形物がないことを確認する。 少し痛みが出てきたが、この痛みとも今日でお別れだ。 その代わり他の痛みが出るのだが。 8時半、清拭用のタ

  • 入院初日(手術前日)

    11時に入院 ・バイタル測定し、看護師からオリエンテーション ・薬剤師からアレルギーなどの確認と今後使う予定の薬の説明 ・採血 Dr.の診察まで時間があるので院内のレストランで食事 Dr.の診察 ・地獄の内診 ・手術方法、合併症などの説明 ・手術同意書、輸血同意書にサイン 病室に戻る ・麻酔科医の術前診察 ・麻酔同意書にサイン ・剃毛 入浴 30分間なのでシャワー浴にした。 天井に酸素と吸引のホー

  • 掃除しないで入院準備⑥

    ボチボチ準備するつもりが、もう入院前日になってしまった。 入院時の持ち物 ・診察券 ・入院診療計画書 ・パジャマ、下着 ・洗面、入浴用具 ・コップ ・踵のある靴 ・ティッシュ ・印鑑 ・内服薬、お薬手帳 上記以外に大切なのは ・健康保険限度額適用認定証 ・現金(千円札1枚と小銭程度) ・イヤホン ・本(3冊くらい) ・綿棒 それから鏡 それとコレ! ◎(U・(×)・U)◎ モフモフちゃん達 先月末

  • 前職を思い出しながら入院準備⑤

    去年ムスコBが入院した時もそうだったが、入院するにあたっての書類の多いこと! (›´-`‹ )ゲゲー 介護保険サービスの書類も負けないくらい多いが……… 先日の入院説明の時も数枚書いて、更に入院日に持って行く書類もある。 看護問診票 (基本情報と生活状況や簡単なアセスメント) 患者さま・ご家族さまへ (本人・家族の主訴や要望) 「家族証」のご案内 入院の問い合わせについて 病衣借用確認書 この

  • 病気自慢は間に合ってます~からの入院準備④

    職場のリーダーさん♂に「2月に入院することになったので暫くお休みします」と伝えた。 「どうしたの?」と聞かれたので「子宮の病気で」と応えると、「ああー女性特有のね、お大事にね」と。 男性の反応はこんなもんだろう。 リーダーさんに伝えた日から2回目の出勤日。 普段、挨拶しかしない女性が「入院するの?筋腫?」と声をひそめて話しかけてきた。 話しが長い、と噂の女性だ。 「腺筋症らしいです」と返事をすると

  • ちょっと急いで入院準備③

    お昼頃、婦人科のDr.から直々に電話があった。 手術の器具類を揃える関係で、手術日を変更してほしいとのこと。 そんなことってあるのかー?と思ったが、私にはわからない都合があるのだろう。 聞くと、7日で調整してダメなら28日になると言う。 2時間後、再度Dr.から電話がきた。 7日に手術予定だったかたが、ちょうど風邪をひいて体調が悪いので日程をずらしてくれたとのことで、私の手術日は7日になった。 来

  • カノンコードで繋がる入院準備②

    手術日が来月のバレンタインデーに決まった。 MRI画像の私の子宮は、いびつでボコボコした形だった。 今日は内診はしないと思っていたのに、再度とのことで……… 拷問かよ!と心で泣いたw 帰宅し、気晴らしにSpotifyでプレイリストを作ることにした。 おすすめの曲にAKB48が出てきた。 女性アイドルグループには若い時から興味がなかった。 今や朝から晩までテレビ浸けだが、特に仕事をしている時期はテレ

  • 風邪ひいちゃった

    まいった、まいった。 三日ほど風邪で潰れていた。 徐々に寒気がしてきて皮膚がピリピリしてきた。 何?この感じ。 腰も痛いし、まさかインフルエンザじゃ?! 慌てて体温を計ったら37.6℃ うわー! 15年位ぶりの37℃超え! そんで風邪なんて、ここ5年位ひいた記憶がない。 そういえば、あの歯科衛生士さん「私風邪ひいちゃったんですけど、ぷちこさん大丈夫ですかー?」って言ってたな。 顔近かったもんなぁ、

  • 入院準備①

    自ら「子宮を取ってくれ」と言ったものの、これから自分の身に起きることを想像すると、だんだん緊張感が増してきた。 :(´◦ω◦`):プルプル 痛いから早くしたい………けど不安。 今日はMRI検査。 検査前にファミレスに行ったがイマイチ食欲がわかず……… 幸せホルモンを分泌させるにはスイーツでしょ! 水泳する元気なくてダイエットは中断中だし、ここのところ半寝たきりだから、もう~!知らん! 食べるよ

  • 子宮摘出手術決定

    情報提供書にある症状を確認するため内診をした。 さすが! 大きい病院は設備が違うなー。 と思ったのも束の間、痛い痛い。 普段の痛みは陣痛並みだが、内診は拷問並み。 自然分娩経験のある女性ならわかってもらえるだろうか。 Dr.Hは言った。 「偽閉経治療が上手くいかなくてウチに来たということは手術を検討するということです。他の治療を試すのでしたら、ご近所の病院でできますからね」 ダンナ「あの~病名は何

  • 話の変化

    婦人科に情報提供書をもらいに行った。 「再度、超音波検査をしましょう」と言われた。 「あの台」に横になる。 歳を重ねても慣れることのない「あの台」 Dr.はカーテン越しに「子宮筋腫と子宮内膜症は似てるんだよねぇ」と言っている。 独り言なのか私に話しているのか「閉経まで逃げ切れればいいんだけどねぇ」とまた言っている。 なんだ? めんどくさい。 いいや。 もう今日でこの病院とは関係なくなるんだから。

  • 手術後2日目

    3月5日。手術後2日目です。 日にち薬とは良く言ったもので、 昨日よりもさらにラクになっています。 起き上がる時には、 まだまだ手すりのお世話になっていますが、 歩くのはずいぶんラクになりました。 1日に何回も測りにきた、 熱も血圧も、朝夕だけに。 みなさん書かれていたように、 ガス出ました?攻撃。 怖くてお腹に力が入らないから無理‼︎ それでも昼頃には、なんとか出ました。 これでお腹がラクになっ

  • 手術後1日目

    3月4日。手術から1日たちました。 長い長い夜が過ぎ、部屋が明るくなる頃、 あんなに痛かった痛みが少しラクになった⁉︎ 気がしました。 7時頃、看護師さんがやってきて、 熱と血圧をチェック。 微熱がありました。 もう少ししたら、歩いてみますね〜って。 これ?これなのね… 噂の痛いのに、歩かさられるやつ‼︎ ベッドから起き上がることができるのか心配。 9時前に、宣言通り看護師さんは やってきました。

  • 手術直後

    手術直後、とにかく痛みとの闘いでした。 お腹の傷が痛むのではなく、 腰と背中が痛い… 本当に辛い痛みでした。 看護師さんに訴えると、 体の向きかえていいですよって。 やってみようと思ったけど、ムリ… 右を向こうとするとお腹が痛い。 手術しなきゃよかった…あまりの辛さに、 何度こう思ったか。 痛みに加え、呼吸器や尿や点滴。 足にはポンプ。 いろんなものがつながって、 これもまた邪魔くさくて… 手術を

  • いよいよ手術〜終わったの?

    手術室には、テクテク歩きで向かいました。 主人が付いてこれるのは、 エレベーター降りたところまで。 では、行ってきますと、 手術室につながる自動ドアに入ると、 中から、お迎えの方が3人も。 いくつかの扉を過ぎ、 手術室に案内されました。 まっまぶしい〜。 想像と違って、ずいぶん明るく感じました。 部屋の真ん中にあるのが手術台? ふかふかベッドのようだ〜。 全然想像と違うぞ〜。 こちらに腰掛け、名前

  • いよいよ手術

    H29.3.3いよいよ手術です。 病院でもいつものように、早起き。 4時半には起き、 仕事に行く娘に起きてるか確認。 5時半に家を出るんです。 6時には、高校生の娘が起きたかLINE。 6時40分には息子を起こしてとまたLINE。 本当にいつも通りの朝を過ごしています。 7時前に看護師さんがやってきて、 熱と血圧のチェック。 紙パンツと、新しいパジャマ、 着圧の靴下を持ってきて、 手術前にお風呂済

  • 入院当日〜MRI

    手術前日、いよいよ入院です。 受付は、14時。 15時半からMRIの予約が入ってます。 MRIをより正確にするため、 朝8時からは、食事禁止でした。 受付を済ますと、 病棟の看護師さんがお迎えに。 病室は、最上階である9階。 窓から、新幹線が見える〜(o^^o) 病院から、新幹線が見えるなんて、 子どもが小さかったら喜ぶなぁなんて 思いながら、大部屋に案内されました。 入り口側でしたが、角。 真ん

  • 入院持ち物追加

    入院の持ち物で忘れていたものが。 それは下着です。 私は普段は、ワイヤー入りのものしか しませんが、ワイヤーなしのものが ラクという記事をみて、 ユニクロとワコールで揃えました。 軍配は、ユニクロ。 ショーツは、ヒップハンガータイプで。 傷跡にも触らないし肌触りもよし。 ただ入院中は、ブラなしでもいいかも? 私はユニクロのキャミソールを、 持っていっていましたが、 これだけで充分でしたよ。 携帯の

  • 入院説明と持ち物

    手術前、最後の病院の日は、 入院説明もありました。 まず部屋の予約。 私は、怖がりなので、 病院でひとり個室で…なんて、 無理だと思っていたので、 4人部屋位でなんて考えてました。 でも甘かった… 6人部屋(大部屋)か1日8700円の個室の二択。 術後6人なんて…狭すぎないか? こちらは、考えてから電話することに。 家に帰ってからまずは、 昔昔こちらの病院で 看護師をしていた友人にTEL。 現役の

1 2