• あきまへーん。

    おはようございます! ぶるおかーちゃんです。 ヽ(・∀・)ノ♡ 元気!! と、言いたいところですが… そんな 一気に 良くならんしね。 体痛いし。 あきまへーん。 病院 大嫌いですが… 後で 行こうかな… と、思っています。 ( この後に及んで まだ悩む ) この方は とても 元気です。 元気過ぎるくらいです。 くたばってる かーちゃんを 踏みつけた オトコです。 (キΦдΦ) ちゅーことで… 手

  • かーちゃん 体調不良につき…

    おはようございます! ぶるおかーちゃんです。 ヽ(・∀・)ノ♡ 本日は かーちゃん 絶不調のため… ウチの 坊っちゃんの トボけた 写真のみで さらっとね。 本格的に 風邪引いたみたいで… 唾を 飲み込むのも 困難。 (´༎ຶོρ༎ຶོ`) 熱は計りません。 見たら 余計 具合悪くなるタイプやから ご飯食べて お薬飲んで 寝ます! とーちゃん 仕事でおらんし 手のかかる 坊っちゃんの 世話も 終わ

  • 体調が…

    今日は、久々の早朝から仕事。 ここ一週間ほど体調が良くなかった😓 いつも日本へ行く前に仕事を詰め込むからだと思う。そんなに無理をしてるつもりは、無いのに体は、正直? やっぱりアラフィフを感じちゃいます😭 口唇ヘルペスができちゃいました。年に1、2回は、体調を崩すとできてしまう。しかも毎年日本に行く前のような気がする。 お化粧でごまかすけど、ひどくならないように体調にも気を遣ってできるだけ早く治

  • 近況報告。。。

    気が付けば。。。。 もぅ、5月も半ば💦 気候の変動に身体が付いてこなくて 日常生活に支障が出てDOWN💦 🐻旦那さんがお仕事忙しく 帰宅しない日が多くて(ノ﹏ヽ)・゚。 最小限、お犬様🐶🐾の世話 自分のご飯🍚や洗濯は無理しない程度に こなして💦 何とか復活😅かな(。´・ω・)? 症状 耳鳴り・偏頭痛・左足の痺れ・倦怠感MAX 飛蚊症・発熱(3日に一度程度) 対処 偏頭痛→スマトリプ

  • 後期アラフィフのダイエットは道半ば

    去年の4月からダイエットを開始した。 しかし夏の終わりから仕事を始めたのと体調不良で一気に体重が落ちてしまい、1年程かけて目標体重50kgにする予定が狂ってしまった。 4月時点63kg → 11月時点51kg 7ヶ月で12kgも減ってしまったため、これ以上減らないように維持するという状態で年を越し、お正月以降は痛みMAXでQOLが低下。 もちろん水泳は休会だ。 今月入院してすぐの測定では52kg台

  • 病院 ~ スシロー ~ 病院 で一日が終わった(手術8日後)

    退院後初めての診察に行ってきた。 内診、痛くなーい。 お腹は中から押されているような張りがあるけど、 *\(^o^)/*痛くなーい! 内診しながらDr.Hは言う。 「ボルタレンの座薬もう使わなくて大丈夫だね。あの量をずっと使ってたから胃をやられるよ」 食欲はずっと変わらないw 胃はやられてない模様。 浴槽に入るのもOK! 引き続き下腹部に力を入れないようにとのこと。 次回の診察は2週間後。 病院に

  • 入院3日目(手術1日後)

    手術した日の夜からが本当の苦しみだった。 左手に点滴、右手と胸には心電図と呼吸と酸素飽和度を測る機械。 尿カテーテルに褥瘡予防のテープ。 ベッドの汚染を防ぐため紙オムツに防水シーツ。 両足には血栓症予防のマッサージ機が巻かれていた。 お腹と背中と腰が酷く痛い。 背中と腰はずっと仰向けになっているからだろう。 何しろ両手両足にいろんな物がくっついているし、腰周りはゴワゴワしていて気持ちが悪い。 寝返

  • 入院2日目(手術直前直後)

    圧迫ストッキングを着用し手術着に着替えた。 このストッキングは血栓症予防のため退院まで着用したほうが良いとのこと。 車椅子に乗り手術室まで連れて行ってもらう。 フルネームと、どこの手術をするのかを伝えベッドに横になる。 心電図のシールを胸などに付けられ、手早く血圧計と酸素モニターも付ける。 手術用のベッドは狭く、手足が落ちないように軽くベルトを巻いた。 「口を開けてください」と言われ、歯がグラつい

  • 入院2日目(手術当日)

    昨夜はなかなか寝付けず、6時起床とのことなので23時過ぎに軽い眠剤を貰って飲んだ。 それでも1時間ほどは意識があったが、いつの間にか眠っていた。 そのまま起床時間まで眠っていたかったが残念なことに4時過ぎにトイレに起きてしまった。 バイタル問題なし。 7時半に浣腸、固形物がないことを確認する。 少し痛みが出てきたが、この痛みとも今日でお別れだ。 その代わり他の痛みが出るのだが。 8時半、清拭用のタ

  • 入院初日(手術前日)

    11時に入院 ・バイタル測定し、看護師からオリエンテーション ・薬剤師からアレルギーなどの確認と今後使う予定の薬の説明 ・採血 Dr.の診察まで時間があるので院内のレストランで食事 Dr.の診察 ・地獄の内診 ・手術方法、合併症などの説明 ・手術同意書、輸血同意書にサイン 病室に戻る ・麻酔科医の術前診察 ・麻酔同意書にサイン ・剃毛 入浴 30分間なのでシャワー浴にした。 天井に酸素と吸引のホー

  • 掃除しないで入院準備⑥

    ボチボチ準備するつもりが、もう入院前日になってしまった。 入院時の持ち物 ・診察券 ・入院診療計画書 ・パジャマ、下着 ・洗面、入浴用具 ・コップ ・踵のある靴 ・ティッシュ ・印鑑 ・内服薬、お薬手帳 上記以外に大切なのは ・健康保険限度額適用認定証 ・現金(千円札1枚と小銭程度) ・イヤホン ・本(3冊くらい) ・綿棒 それから鏡 それとコレ! ◎(U・(×)・U)◎ モフモフちゃん達 先月末

  • 前職を思い出しながら入院準備⑤

    去年ムスコBが入院した時もそうだったが、入院するにあたっての書類の多いこと! (›´-`‹ )ゲゲー 介護保険サービスの書類も負けないくらい多いが……… 先日の入院説明の時も数枚書いて、更に入院日に持って行く書類もある。 看護問診票 (基本情報と生活状況や簡単なアセスメント) 患者さま・ご家族さまへ (本人・家族の主訴や要望) 「家族証」のご案内 入院の問い合わせについて 病衣借用確認書 この

  • 病気自慢は間に合ってます~からの入院準備④

    職場のリーダーさん♂に「2月に入院することになったので暫くお休みします」と伝えた。 「どうしたの?」と聞かれたので「子宮の病気で」と応えると、「ああー女性特有のね、お大事にね」と。 男性の反応はこんなもんだろう。 リーダーさんに伝えた日から2回目の出勤日。 普段、挨拶しかしない女性が「入院するの?筋腫?」と声をひそめて話しかけてきた。 話しが長い、と噂の女性だ。 「腺筋症らしいです」と返事をすると

  • ちょっと急いで入院準備③

    お昼頃、婦人科のDr.から直々に電話があった。 手術の器具類を揃える関係で、手術日を変更してほしいとのこと。 そんなことってあるのかー?と思ったが、私にはわからない都合があるのだろう。 聞くと、7日で調整してダメなら28日になると言う。 2時間後、再度Dr.から電話がきた。 7日に手術予定だったかたが、ちょうど風邪をひいて体調が悪いので日程をずらしてくれたとのことで、私の手術日は7日になった。 来

  • 愚痴言わせて!

    「ごめーん、お昼ごはんは要らないよー」とメールがきた。 ダンナは朝からお出かけ。 よしよし、ちゃんと食事キャンセルの連絡ができるようになったな。 でも………スーパー銭湯にでも行ったのか? 行き先はわからないし、何時に帰ってくるのかもわからない。 買い出しに行こうかな、帰ったらお風呂洗おう。 浴室のドアを開け、洗面所の暖房をつけて出かけた。 帰宅するとダンナが帰ってきていた。 ダンナは、私が駐車場に

  • カノンコードで繋がる入院準備②

    手術日が来月のバレンタインデーに決まった。 MRI画像の私の子宮は、いびつでボコボコした形だった。 今日は内診はしないと思っていたのに、再度とのことで……… 拷問かよ!と心で泣いたw 帰宅し、気晴らしにSpotifyでプレイリストを作ることにした。 おすすめの曲にAKB48が出てきた。 女性アイドルグループには若い時から興味がなかった。 今や朝から晩までテレビ浸けだが、特に仕事をしている時期はテレ

  • 風邪ひいちゃった

    まいった、まいった。 三日ほど風邪で潰れていた。 徐々に寒気がしてきて皮膚がピリピリしてきた。 何?この感じ。 腰も痛いし、まさかインフルエンザじゃ?! 慌てて体温を計ったら37.6℃ うわー! 15年位ぶりの37℃超え! そんで風邪なんて、ここ5年位ひいた記憶がない。 そういえば、あの歯科衛生士さん「私風邪ひいちゃったんですけど、ぷちこさん大丈夫ですかー?」って言ってたな。 顔近かったもんなぁ、

  • 入院準備①

    自ら「子宮を取ってくれ」と言ったものの、これから自分の身に起きることを想像すると、だんだん緊張感が増してきた。 :(´◦ω◦`):プルプル 痛いから早くしたい………けど不安。 今日はMRI検査。 検査前にファミレスに行ったがイマイチ食欲がわかず……… 幸せホルモンを分泌させるにはスイーツでしょ! 水泳する元気なくてダイエットは中断中だし、ここのところ半寝たきりだから、もう~!知らん! 食べるよ

  • 結局やっている

    ボルタレンサポが減ってきた。 (T_T)先日処方してもらえばよかったよー。 職場のリーダーさんに来月入院することを伝えると「今、大丈夫なの?無理しないでね」と言われた。 普通に「はい、大丈夫です」と返事をし、作業をしながら考えた。 確かに。 普通に返事をしたが実際は痛い。 今月はシフトが出ているから出勤するのは当たり前。 しかし私は「入院予定日の前の週まで出勤します」とリーダーさんに言ったのだ。

  • 子宮摘出手術決定

    情報提供書にある症状を確認するため内診をした。 さすが! 大きい病院は設備が違うなー。 と思ったのも束の間、痛い痛い。 普段の痛みは陣痛並みだが、内診は拷問並み。 自然分娩経験のある女性ならわかってもらえるだろうか。 Dr.Hは言った。 「偽閉経治療が上手くいかなくてウチに来たということは手術を検討するということです。他の治療を試すのでしたら、ご近所の病院でできますからね」 ダンナ「あの~病名は何

1 2 3 4