• 艦これ小學堂 - 史実上のスリガオ海峡夜戦十:後日談

    西村艦隊の後ろに、同じくスリガオ海峡を通り抜けたがる志摩艦隊がついています。海峡に突入する時はお先に戦場から離脱した時雨が会えず、炎上した最上が見つかりました。問題は退避中の最上は炎上で微速で移動していましたが、遠くから見たら停止している状態のため、重巡洋艦の那智は最上の前方から通過しようとしたら最上とぶつかりました。 その後、志摩艦隊は艦隊の前進方向を反転し、海峡に入ることを諦めました。志摩艦隊

  • 艦これ小學堂 - 史実上のスリガオ海峡夜戦九:意外

    最上と山城が被害を受け始めた頃、敵軽巡USS Denverに攻撃された時雨の周りに、想定外のことが発生しました。 時間は25日04:07分で、第56駆逐中隊第一小隊(中央担当)で殿を務めたUSS Albert W. Grantは時雨(もう一説は山城の副砲)と後方にある友軍の砲撃に撃たされました。ここの各命中数がそれぞれで、記載されたバージョンは多く、実際的な数字が曖昧でしたが、確認できたのはその中

  • 艦これ小學堂 - 史実上のスリガオ海峡夜戦八:砲撃開始、巡洋艦と戦艦

    最後方にある巡洋艦と戦艦群は、西村艦隊が砲撃射程範囲に入ることを待っています。駆逐艦や巡洋艦より、この六隻の戦艦は連合軍で一番不安定な要素のその一です。 下図六隻の戦艦はスリガオ海峡まで支援してきた前に、ちょうどフィリピンへの艦砲射撃任務を実行しる途中のため、火薬庫の弾薬量は十分の一しか残ってませんでした。 そのため、戦艦群のレーダーはもうすでに西村艦隊の位置を探知したっても、両軍の距離は26,0

  • 艦これ小學堂 - 史実上のスリガオ海峡夜戦七:挟み撃ち、第56駆逐中隊

    第56駆逐中隊と巡洋艦、戦艦群の砲撃は同時的ですが、ここでは別々で記入します。 第56駆逐中隊は以下のように三小隊に分けて南下します。 右側に担当する第二小隊: USS Robinson (DD 563)、USS Halford (DD 480)、USS Bryant (DD 665) 中央に担当する第一小隊: USS Newcomb (DD 586)、USS Richard P. Leary (

  • 艦これ小學堂 - 史実上のスリガオ海峡夜戦六:襲来、第24駆逐中隊

    西村艦隊は第54駆逐中隊と遭遇後、二つの小隊を分けた第24駆逐中隊は25ノットのスピードで前進し、日本海軍へと攻撃し始めました。 この時の西村艦隊が残った戦力最上、時雨と山城は北へと前進し続け、左方面から接近してきた第24駆逐中隊を気づいていないようです。25日03:25分、第二隊のKillen、BealeとAruntaはいつものように攻撃前に煙幕をあげ、西村艦隊に14枚の魚雷を発射しました。その

  • 艦これ小學堂 - 史実上のスリガオ海峡夜戦五:悪夢、第54駆逐中隊

    時間は02:38分、 第54駆逐中隊所属したUSS McGowanのSGレーダーは西村艦隊の居場所を掴み、中隊は小隊へと二つに分けて24ノットのスピードで南下しました。右側のMelvin、McGowan、Remyが先行し、左側のMonssen、McDermutはその次に出発し続き、日本海軍を左右から挟み撃ちにしました。 第54駆逐中隊は南下し続けながら、西村艦隊の位置を報告する同時に、25日02:

  • 艦これ小學堂 - 史実上のスリガオ海峡夜戦四:魚雷艇、次から次へと ②

    連合軍の第六魚雷艇艦隊は西村艦隊が海峡の南面に入る前にこっそりと接近するつもりでしたが、そのうち3隻の魚雷艇は部隊とはぐれましたため、各別行動で日本海軍の敵影を探索しました。 部隊とはぐれたPT-137/132は01:42分の時に西村艦隊を発見しました。距離1000ヤードの所から魚雷を発射しましたが、命中しませんでした。しかし、今回の攻撃の中、日本海軍は01:33分の時すでに魚雷艇を発見しました(

  • 艦これ小學堂 - 史実上のスリガオ海峡夜戦三:魚雷艇、次から次へと ①

    西村艦隊はボホール海に入る前に、重巡洋艦最上の水偵偵察によって、前方にて一定的な数の魚雷艇が発見しました。そのため、艦隊を二つに分けました。  掃蕩隊:最上、山雲、朝雲、満潮  主力部隊:山城(旗艦)、扶桑、時雨 掃蕩隊は先行して、主力部隊の前方20Kmのところで魚雷艇の探索や迎撃を実行し、時雨は主力の護衛を担当します。この考え方は基本的に問題がありませんが、あいにく、最初に魚雷艇と遭遇し、攻撃さ

  • 艦これ小學堂 - 史実上のスリガオ海峡夜戦二:両軍正式接触前

    西村艦隊は10月22日から出航し、スル海(SULU SEA)を経由してスリガオ海峡へと移動します。10月24日は連合軍に見つかれて、午前9時30分にて敵艦載機の空襲に合いました(約20機)。それ程の損傷はありませんが、連合軍は西村艦隊の意図を気づかれ、西村艦隊は南方からレイテ島に突入することを確認した上で、連合軍は戦艦、巡洋艦や駆逐艦などを急配し、スリガオ海峡の北海岸にて日本海軍を迎戦しました。

  • 艦これ小學堂 - 史実上のスリガオ海峡夜戦一:あらすじ

    現実の仕事が忙しいのため、不定的に整理します(ノ゚∀゚)ノ。 最初は秋イベントを書くつもりですが、各戦役の内容は大量で、一つの戦役だけに集中することとしました。 (各航空隊の)資料方面の整理について、工夫したがなかなか終わらない台湾沖航空戦を一段諦め、より知らされているスリガオ海峡海戦の夜戦を選びました。 *この海戦について、国内外の文献や資料の内容は完全に同じではありません。そのためデータの整理

  • 生頼範義の画集「軍艦図録」を購入しました。

    良いお値段なので、夏のボーナス時にまだ在庫が残ってたら買う予定でしたが、生頼範義展を観に行って衝動的に購入。 元々が彼の16,000円のエスタンプを購入しようか悩んでいたら、A4複製原画16枚と画集のセットで約19,500円の方がお得じゃないかと思った事なので、早速額縁をダイソーで購入し額装。 先ずは、赤城と坊の岬沖の大和をチョイス。 原画がちょっとつやつやして安っぽく見えましたが、額に入れるとプ

  • F-toys 艦船キットコレクションvol.6 スリガオ海峡

    艦船キットコレクションvol.6 スリガオ海峡が発売されたので購入。今回は出遅れたのか3店舗めぐってみても山雲・満潮・朝雲の駆逐艦セットが完売で購入できませんでした・・・。しかし、購入できた扶桑、山城、最上はフルハルモデルを引くことが出来ました。スリガオ海峡の戦いは西村艦隊が囮になって戦った海戦ですが、7隻あった艦艇のうち6隻が沈没し、生存は1隻だけという惨敗なのですが、何故かvol6は唯一の残存