• ピットロード製 リシュリュー2隻目を1946年版で作成

    ピットロード直営店のセールで2800円で売られていて、既に作成済みでしたが購入していたリシュリュー2隻目を作成。 1隻目は1943年版だったので、塗装見本にあった1946年版で作りました。 サクッと完成。 やっぱりリシュリューは大和の次に美しい艦船だと思います。 塗装は迷彩が無いので楽だと思ってましたが、喫水線の黒いラインを入れ忘れている事に気付きました…orz ちなみに迷彩パターンは他に何種類か

  • MENG MODEL製 HMS ロドニーを製作しました。

    ネルソンのフルハルモデルが前から欲しかったのですが、国内、海外メーカー含めてどこも出しておらず諦めてウォーターライン版を買おうかと思っていたところ新宿の某店舗で同型艦ロドニーのフルハル版が有ったので速攻で購入しました。 ネルソン級の2艦は41cm主砲9門を艦前方に集中配備し、ワシントン条約で決められた排水量では最大の火力を誇る艦です。 しかし、3番主砲塔を後方に向けて撃つと艦橋の窓が割れたり伝声官

  • ピットロード製 リットリオを作成しました。

    リットリオはずっとヴィットリオ・ヴェネト級だと思っていましたが、イタリア本国ではリットリオ級となっているそうです。 イタリアは自由すぎる兵士像が有名でヘタリアみたいな作品も作られた為、弱いと思われてしまっていますが、兵士は別としてイタリアの作る兵器は優秀で日本でも護衛艦たかなみ迄の艦の主砲はイタリアのオートメラーラ製を採用していました。 この艦も主砲は長射程の優秀な火砲で、船体にも独自の防御方式を

  • ジャンク 給油艦 足摺を作成しました。

    昨年ピットロード直営店のセールで購入したジャンクの足摺を作成。 実は作成途中でアークロイヤルやリシュリューに手を出した為、完成度7割くらいの状態で放置されておりました。 現在は特殊潜航艇母艦の日進制作中ですが、途中まで組みあがっていた足摺を先に完成させました。 足摺は給油艦と言っても艦船用の給油艦ではなく、空母に積載された航空機燃料を積載した給油艦で正規空母2隻への補給が可能だったそうです。 しか

  • ピットロード リシュリューを作成

    以前ジャンバールを購入した際に後回しにしたら完売してしまい、長らく買えませんでしたが無事再版されたので購入し作成。 リシュリューはダンケルク級の後継としてイタリアのリットリオに対抗する為に作成されましたが、完成まであと一歩というところでフランスがドイツに降伏。 ドイツに奪われるのを恐れダカールへ逃走。 親ドイツのヴィシーフランスが樹立されると本来味方のイギリス、アメリカが旧フランス所属の艦隊に無理

  • フライホークモデル製 HMS プリンス オブ ウェールズを作成しました。

    発売とほぼ同時に購入しましたが、パーツの細かさに尻込みしていて、ようやく完成させました。 私は素組+塗装のみで、アップグレードパーツや、エッチングパーツの使用やウエザリングをしないぬるモデラーですが、このキットはデフォルトのパーツが別売りのアップグレードパーツのみの細かさとディティールで、気が狂うかと思いました。 しかし、パーツの組み合わせは完璧で、細かいパーツや大きいパーツが歪みも隙間もなく、も

  • ジャンク 工作艦 明石を作成し秋津洲をフルハル化しました。

    先日行ったピットロードのセールで購入したジャンクの工作艦 明石を作成しました。 大型のクレーンが多数設置され、平時では艦船補修工程の4割を実施できる能力があると言われた工作艦です。 戦争が始まると本国に殆ど帰投することなく前線付近を駆けずり回り、戦線を支えた影の武勲艦です。 しかし、その活躍ぶりから最優先撃破目標となり、沈んでしまいました。 これほど重要な艦を一隻しか作れなかったところに当時の国力

  • ジャンク 軽巡洋艦 天龍 を作成しました

    静岡ホビーショーのハセガワブースで購入した天竜のジャンク品を組み立てました。 静岡ホビーショー パーツは総てあると思っていましたが、武装のランナーは二つ必要らしく、主砲の14cm単装砲x2と三連装魚雷x1、その他機銃やボート類が不足。 取りあえず、今まで溜めていたジャンク品の中に、14cm単装砲と魚雷があったので転用。 ボートは面倒なので、有る分だけで済ませました。 そんなこんなで完成。 日本の軽

  • フジミ製 重巡洋艦 鳥海を作成しました。

    昨年末購入したフジミの福袋に入っていた鳥海を作成。 鳥海は高雄型の4番艦で書類上は日本最後の重巡となっており、大きな艦橋による旗艦能力の高さから便利に使われ海上を駆けずり回り、敵補給基地襲撃など多くの戦果を挙げた武勲艦で個人的には日本の重巡で一番活躍した艦だと思います。 しかし、すぐ上の姉の摩耶は防空艦に大幅改装し、その他の高雄型も近代改修を受けましたが、鳥海は忙しすぎた為か、近代化改修を受けずに

  • フジミの2018年 福袋「1/700 艦船フルハルモデル」が届いたので開封。

    フジミが1/700フルハルモデルの艦船プラモの福袋を5400円で販売していたので注文したら、年明け前に届きました。 当初はフルハルモデルが好きなのでダブるかもと思いましたが、旧海軍のフルハルモデルは間宮などの特務艦と赤城、未組立の矢矧くらいで、殆どが海外艦艇と駆逐艦でしたので購入することに。 届いたので開封すると日向、翔鶴、鳥海と北上のエッチングパーツが入っていました。 このシリーズは定価が約38

  • ピットロード製 プリンツ・オイゲンを作成しました。

    今年のホビーショウで購入した重巡洋艦プリンツ・オイゲンが完成しました。 ドイツとアメリカの艦は艦影の美しさがあまり好みではありませんが、プリンツ・オイゲンはドイツ艦で一番好きな艦です。 プリンツ・オイゲンは陸軍大国で海軍小国のドイツの軍艦で、質、量ともに勝る英海軍と戦い、数々の海戦に参加しながら終戦まで生き残ったドイツ版雪風の様な武勲艦で現在は原爆実験の標的となりビキニ環礁で眠っています。 今回初

  • 1/350 秋月を作成しました。

    半年以上積んでいたwave製 秋月を作成しました。 秋月は、艦隊を航空攻撃から守るために建造された防空駆逐艦。 米軍の駆逐艦には及びませんが、日本の艦艇では優れた対空戦績を残した武勲艦で、自衛隊になってからも2隻に名前が引き継がれました。 このキットは竣工時と1944年版を選択することが出来るのですが、通常の選択式キットの場合、一つの説明書で所々で注釈が入っていて解りにくいのですが、このキットは、

  • 1/450 イージス 護衛艦 あたご を作成しました。

    作成はだいぶ前から開始していましたが、ドラクエや艦これなどで時間が無く、進捗7割ぐらいで放置されていましたが、つい先日ようやく完成。 このキットは特に艦橋とファンネルの殆どが一体で成形されているなど非常に組み立てやすいキットで、スケールが大きい為か、モールドもはっきり作られているので、マスキングの目安にもなりやすく、塗装にも便利でした。 しかし、1/450という中途半端なスケールは何とかしてほしか

  • ピットロード製 フランス海軍 ジャン・バールを作成。

    リシュリーとジャン・バールどちらを購入するか悩みましたが、見た目がジャン・バールの方が好みだったので、こちらを購入し作成しました。 ジャン・バールはフランスがドイツに降伏した時点で未完成で、 ボイラー6缶の内、1缶のみ実装。 主砲塔2基の内、1基のみ実装したが測距義未実装の為、照準つけられず。 その他電気系統など必要最低限の状態で、ドイツによる接収を逃れるため逃走。 逃走先で本来味方であるはずのア

  • ピットロード製 HMS ウォースパイトを作成しました。

    去年末に再販されたのを購入してから積んでいたウォースパイトを作成。 ウォースパイトは第一次世界大戦時に就役。 就役直後に座礁し梶に不具合を抱えたまま第二次世界大戦に突入。 ナルヴィク海戦を初め大西洋、地中海からインド洋まで転戦し、第二次世界大戦の戦艦としては随一の武勲艦だと私は思います。 一番艦のクィーンエリザベスは曲線的な迷彩だったので塗装をあきらめましたが、こちらは直線的な迷彩だったので迷彩に

  • 護衛艦 初代あきづき 改装後を作成しました。

    東西冷戦まっただ中、アメリカの資金提供で開発された護衛艦 あきづき(初代)の改装後の1/350キットを作成しました。 就役時版はだいぶ前に出ていましたが、改装後の方が好みなので一か八かで待っていたら発売してくれたので予約して購入。 購入後詰んでいたのを連休を利用して一気に作ってしまいました。 あきづきの名前を持つ艦は、海自でこの初代と現在就役中の二代目の二隻、旧海軍含めると乙型駆逐艦 秋月の三隻に

  • ちび丸艦隊 大鳳を作成

    積みプラが増大しつつあるので取りあえず積み分の約半分の下記をチョイスして優先的に組み立てる事に。 艦船キットはここ四ヶ月程手を出しておらず、いきなり通常のキットは敷居が高いと思うので、先ずは ちび丸の装甲空母の大鳳から作成。 サクッと組み立てましたが、先端の白い部分のエッチングを事前に曲げ忘れており、微妙に浮いた状態になってしまいました。 ちなみに赤城・加賀の起倒式マストは固定でしたが、大鳳のはき

  • 艦NEXT 雪風、磯風を作成しました。

    色分けと接着剤不要の艦船模型シリーズの艦NEXTに好きな雪風がラインナップされたので購入。 そんなこんなで先日組み立てました。 雪風、磯風の2隻セットで形態は最終時となっており、見た目は全く同じです。 その為、雪風、谷風とかでも通用しそうな気かします。 見た目の違いを出すためにキットにはデカールで雪風に菊水紋、磯風には三角(艦識別マーク?)を煙突に貼る様に指示がありましたが、パッケージが坊ノ岬沖っ

  • ピットロード製 H.M.S QueenElizabethを作成。

    模型ホビーショーのジャンクコーナーで購入した英国の戦艦 H.M.S QueenElizabethを作成しました。 第一次世界大戦中の1915年に就役し第一次、第二次と二度の世界大戦を経験した戦艦。 第一次大戦中はオスマントルコ帝国方面で戦い、第二次大戦はイタリアの人間魚雷にやられ大破着底。 修理完了後にインドネシアの日本軍攻撃に参加しています。 武勲は妹のウォースパイトには及ばない物の歴戦の船です

  • 現用艦船キットコレクションSPを購入しました。

    現用艦船キットでスケールの関係上、発売をあきらめていた大型艦いせ、ひゅうがと補給艦が現用艦船キットコレクションSPで発売してくれました。 しかし、うっかり発売時期を忘れており、SP版は艦船を選べる仕様の為、思い出したころには補給艦ばかり残っており、4軒目でかろうじで いせ一個を確保し、補給艦は直感で重いと感じたとわだを購入。 補給艦は、フルハル版を当てる事が出来ましたが、いせは残念ながらウォーター

1 2 3