• 江戸川柳 色は匂へ  「や」の2 宿下り「やどおり・やどさがり」

     参考=宿下りは町家の男子は商家に、女子は大名や旗本の屋敷に奉公するのが江戸の通例で、休暇は年に2回与えられる。  商家の丁稚手代は1日、屋敷奉公の女子は3日くらいで、それを宿おり、宿下がり、または藪入りという。 半年の内に宿おりみごとなり    半年見ない内に立派になって、まあ。 娘より母が楽しむ宿下り      みんな待ってたよ。父さんなんかもう。 壱町の血を動かした宿下り     街中の青年