• 教育センターで初めての相談

    教育センターには番長とパパと 3人で行きました。 一通り受付を済ませ 今まで感じていた違和感 保育園での様子 王子に追い付かれる言語力 通級の判断を伝え しばらく療育を受けながら 発達障害を見極めていくことに なりました。 作業、言語の訓練と面談 これを繰り返ししばらく受けるために 毎月平均3回隣の市まで 番長と2人で半年くらい 通いました。 教育センターまでは片道40分くらい 車でかかります。

  • 発達障害

    ムスコAが帰宅する日、彼のリクエストで中華料理店へ行った。 テーブル横にあった象牙細工。 親の目からは、まだ少しAD/HD特有の違和感が見え隠れするものの、社会人としての責任感と彼が得意とする業務への自信が成長を裏付けている。 小学6年生の頃にAD/HDと診断されてから、私達は学校と教育委員会と児童相談所に相談に行ったが、何も力になってくれなかった。 今思えば支援の方法が確立されていなかったのだろ