• それでもなお人を愛しなさい。

    それでもなお、人を愛しなさい―人生の意味を見つけるための逆説の10カ条 ケント・M. キース (著), Kent M. Keith (原著), 大内 博 (翻訳) この不思議な表題の本を図書館で見つけて、読みました。 何を読もうかと思っている皆さんにぜひ一読をお勧めします。 原題は The Paradoxical Commandments 「逆説の十戒」というべきものです。 高校時代のケント・キー

  • 寄り添う力

    これは、2012年3月生まれて初めて車椅子に乗ったときの体験です。 東京カベナント教会ブログ「重荷をおろして」に掲載していたものです。 生まれて初めて車椅子に乗りました。 急な喘息発作で病院に行きました。地下鉄駅から病院までのわずかの距離もふらふらしながら、本当にたどり着けるか、という感じでした。 病院では診察前にまず検査が必要と言われましたが、私が立つのも困難とみられたのでしょう。 「車椅子を用

  • 新緑の池

    杉並区の善福寺公園は、善福寺池を中心に、憩いの場として整備され、1961年に公園として開園しました。なお名前の由来となった善福寺は江戸時代には廃寺になって現存せず。この地区の地名としてだけ残っています。 昔の善福寺池は、井の頭池(井の頭恩賜公園)・三宝寺池(石神井公園)と並び武蔵野三大湧水池のひとつにも数えられ、 水量が豊富で江戸時代の水道 ・神田上水の補助水源として利用されたといわれています。

  • 思いやりの希望(子供の日に寄せて)

    黒柳徹子さんが「子供の権利 思いやりの心が希望を生む」として投稿された記事があります(2013年5月2日朝日新聞15面「私の視点」)。 抜粋して紹介します。 「世界各地の難民キャンプは不条理だらけでしたが、希望もありました。 コートジボワールのエイズに感染した施設の子供たち 『心配しないでください。絶望はしていません。』 インドの破傷風の少年 『あなたの幸せを祈っています。』」 「私はこれまで行っ

  • 「手遅れ」という言葉はない。

    A さん。ゴールデンウィーク前に失敗をしでかした、と伺いました。 ようやくGWに突入したものの、GW開けに職場に復帰するのが辛い、もうちょっと注意すればよかったのに、もう手遅れではないか。そのように後悔されていると聞きました。 プロフェッショナルには「手遅れ」という言葉はありません。 解決すべき現実があるだけです。 過去を悔いても何も生まれません。現状を冷静に見つめ、いつまでに何をするか、自分だけ

  • いつか菜の花畑で~東日本大震災を忘れない~

    2013年3月、あの日から2年たったときのこと、ちょっと体調を崩して10日間ほど入院しました。 病院で「いつか菜の花畑で」というマンガを読みました。3.11の後の人々を描いた漫画です。 病棟の図書コーナーに置いてあったので、なんとなく手に取って読み始め、あふれる涙に耐えられずにいったん書棚に戻しました。 また忘れがたくもう一度手にとりましたが、やはり読み続けられなくなりました。 三度目、覚悟を決め

  • ガザの洗礼(使徒の働き第8章より)

    私はエチオピアの女王陛下カンダケ様に使える宦官です。 女王陛下の身の回りに仕える官僚は去勢された宦官に限られます。 畏れ多くも女王陛下との関係を疑われてはなりません。また子をつくるものは自らの一族の繁栄を考えて、女王陛下への忠誠を軽んじかねないからです。 私のように家柄も後ろ盾もない者にとって、宦官となることは栄達のためのごく限られた道だったのです。 覚悟を決めてこの道に入り、幸いにも女王陛下のご

  • キリストの復活は事実か?

    虎猫「図書係のTさん。イースター関係でお勧めの本はありますか?」 T「あります、あります!薄くて読みやすくて、中身は濃いですよ。リー・ストロベル著『キリストの復活は事実か?』という本です。」 虎猫「題名からすると、なんだか神学的な難しそうな本みたいですが・・」 T「いやとんでもない。これは図書係として『イチ押し!』『いいね!』と言いたくなる本ですよ。」 虎猫「どんな本ですか」 T「ジャーナリストの

  • ヘンデル「ブロッケス受難曲」

    4月1日土曜日:開演17時30分 終了21時 三鷹市芸術文化センター風のホール 合唱:ハインリヒ・シュッツ合唱団・東京  器楽:ユビキタス・バッハ   3時間半に及ぶ演奏の後、風のホールを出ると外の景色が全く違って見えました。 ヘンデルの「ブロッケス受難曲」初めて聴いた曲です。こんな曲があることも知りませんでした。 聖書に書かれた登場人物のほかに、その場に居合わせ躊躇いつつ成長していく「シオンの娘

  • ゴルゴタの丘の兵士(ルカの福音書第23章より)(ゴルゴタの丘その3)

    ユダヤのイエスという人が二人の盗賊とともに十字架刑にされた、あの時のことを話せ、とおっしゃるのですか。 ずいぶん昔のことですが、今でもありありと覚えておりますよ。 私はそのときエルサレム軍団第一百人隊の兵士でありました。 第一百人隊というのは、軍団のあまたの百人隊の中の一番の精鋭部隊です。 処刑が行われたのは、ユダヤの過越しの祭りのときです。彼らの最大の祭りであり、ローマへの反逆や暴動などの企ても

  • おっちゃんの出る映画(その2)-「ローマの百人隊長」(ゴルゴタの丘その2)

    前回のブログ「おっちゃんの出る映画」では、イエス様の生涯を描いた映画「偉大な生涯の物語」の中で、あのジョン・ウェインがローマの百人隊長役で登場し、仁王立ちで「彼こそ真の神の子であった。」と語るシーンを紹介しました。おっちゃんの役としては、何とも不似合と申し上げました。 では、同じシーンでジョン・ウェインらしいシーンとは、どんなものでしょうか。 登場人物(キャスト) ローマ百人隊長 (ジョン・ウェイ

  • おっちゃんの出る映画―偉大な生涯の物語―(ゴルゴタの丘その1)

    「偉大な生涯の物語」という映画をご存知でしょうか。 "The Greatest Story Ever Told" (1965) イエス様の生涯を描いたハリウッド映画です。 監督はジョージ・スティーブンス。「シェーン」や「ジャイアンツ」などを製作した巨匠です。ライフイフワークとして是非とも実現させたかったのがこの作品でした。 趣旨に共鳴した名優たちが手弁当(出演料5ドル!?)で駆けつけました。 私が

  • 明るい高齢化社会「病院ボランティア」

    「虎、病院行くぞ!さっさと支度しろ!」 松ばあさんの割れ鐘のような声 嫁の吉江さんも孫の美樹もくすくす笑っている。 「早く行ってあげてください。」と吉江さん。 「おじいちゃん、いつものおにぎり、今日は私が作ったのよ。」と美樹。 仕方ない。パソコンなどが入ったキャリーバック、美樹が作ってくれた弁当を手に、松ばあさんと一緒に愛車カローラで病院へ。 「今日はいったい何の用だ?」と松に聞いてみた。 「入院

  • お見舞いの心得「実践編」

    Sさん、以前に投稿した「お見舞いの心得」をお読みいただき、有難うございました。 いただいたご質問について、Q&A形式で虎猫の考えを纏めてみました。 なお、これ以外でも何かお気づきのことがあればぜひお寄せください。 私のわかる範囲でお答えして参ります。 1.お見舞いの電話はやめよう Q. 家族が入院したばかりのときについて、「いつお見舞いに行けるか?」「退院の目処?」とか毎日電話がかかってくるのには

  • インフルエンザはなぜ恐ろしいのか。

    インフルエンザがなおも猛威をふるっているようです。 インフルエンザの感染者は毎年1,000万人程度(!)と推定されています。 しかし、多くの人は免疫があり、体力もあるので、ほとんど発症にすら至りません。発症しても、数日程度苦しい思いをすれば自然に回復します。最近ならタミフルなどでたちまち熱が下がるようです。 重篤化し命を失うのは、高齢の方などが中心です。実際には他の疾患との競合が多く、後で統計的に

  • そのときどうする?(「喜びの力」実践編)

    このブログは2010年10月に東京カベナント教会のブログ「重荷をおろして」に掲載したものです。在職中の忙しいとき、気が滅入りそうになるときに、読み返して自らを励ましていました。どうか、ちょっと手を止めて読んでみてください。 Q1.忙しいですか?」と職場で聞かれたら? A1.「商売繁盛です!」と明るく答えましょう。 ウソではありません。正真正銘の真実です。仕事がある、それもやりたい放題いくらでもある

  • 中央線の勇士たち(「権限なきリーダーシップ」の実例)

    朝の9時。荻窪から中央線に乗りました。御茶ノ水で仕事の打合せをするためです。 電車はかなり混んでおり、私も通路近く何とか吊り革にぶら下がって立っていました。 突然、近くの若い女性がうずくまりました。そのまま立ち上がれないようでした。少しためらいましたが、女性の側にひざまずいて声をかけました。「次の駅で降りますか。」女性は首を振って「いえ、降りたら会社に遅れます。」 でも、うずくまったままです。もう

  • 介護老人体験記

    三毛猫の三毛「虎猫おじさん、入院したんだって?もう大丈夫なの?」 虎猫「ありがとう。お陰様で何とか治ったよ。危うくICUに入れられるところだったんだ。」 三毛「え!ICU?キャー、素敵!」 虎「?」 三毛「だってICUでしょ。国際基督教大学でしょ。佳子様に会えるかもしれないじゃん!」 虎「それはICU違い!『国際基督教大学(International Christian University)』じ

  • 君は星を見ているのか

    あるアメリカの女性が軍人のご主人と共に、インディアン居留地近くの任地にやってきました。 都会を遠く離れ、話し相手もありません。 女性はお父様に「こんなところは寂しくて嫌です、早く都会に帰りたい。」と手紙を書きました。 お父様から返事がきました。こう書かれていました。 「二人の囚人が鉄格子から外を眺めていた。 一人は泥を見ていた。一人は星を見ていた。」 Two men look out throug

  • 生死の向き合う場所

    私の病室は6人部屋で、ナース・ステーションからは少し離れています。 ある朝、病室を出てみると、ナース・ステーションの前でお医者さん・看護師さんが整列しておられました。 ご家族でしょう。女の方が「まだ若いのに」とむせび泣き、男の方が人目はばからずしっかりと抱きしめておられました。そして、ナース・ステーションの前の個室の病室に入っていかれました(特に重い患者さんはナース・ステーション前の個室に入ってお

1 2