• 「ティファニーで朝食を」トルーマン・カポーティ 新潮文庫

    自我確立が主題となっている小説です。小説の主人公は若い女性ですが、有名になることも俳優として成功することも、本当の自我を生きることにはならないと知っている女性です。彼女に言わせれば、それはティファニー(貴金属専門店)で朝食を食べることのように滑稽で無理な企てだということになります。自我確立とは何かと問いかける名作です。

  • 「老人と海」ヘミングウェイ 新潮文庫

    アメリカの作家ヘミングウェイの代表作です。メキシコの海で何日にもわたる格闘の末、小さな釣り船に乗った主人公の老人は巨大なカジキマグロを釣り上げますが、その獲物はサメに襲われて骨だけにされてしまいます。人間の不屈の営みとその報われない空しさを描き、世界から共感を得た名作です。ヘミングウェイはノーベル文学賞を受賞しましたが、最期にライフル銃を口にくわえ自殺しました。何よりもハードボイルドと明快な生き方

  • 火縄銃(作:江戸川乱歩)

    江戸川乱歩の処女作。 学生時代に試作した作品だ、と乱歩自身が説明している。 内容はシンプルな物理トリックの殺人事件の謎解きで、あっさりと読める印象。 まだ、乱歩独特の影の有るおどろおどろしさは感じられなかった。 この物語の中で、私が最も気になる部分をピックアップしてみた。 主人公2人(学生素人探偵の橘と語り手の私)が汽車で移動をしている、物語序盤部分。 「この日橘は、これが彼の好みらしかったが、制

  • 「赤毛のアン」の英語ラジオドラマ - リスニング中

    赤毛のアンの 3枚組CD 4 hours of Audio Drama  - 3 CD SET  "Anne of Green Gables(赤毛のアン)" 赤毛のアンの CD 今、自宅の 3ヶ所で「赤毛のアン」のCDを聴いています。 ちょうど、3枚組なので時々ローテーションさせて聴いています。 最近僕はほとんど英語の勉強をする時間がありません。 誰か僕に時間を下さいませんか? なんて言ってられま