• 一応言いたいことはいったし

    一方的なのは、よくないと思い直しました。 コメント欄あけます。 反対意見、賛成意見、感想、なんでもOKです。 戦いは好きじゃない。ほんとはね。 とても、沢山の方々見てくださっているようですので。 なにか、言いたいこと有るのかな? と、思ったりしました。 ものすごく、私は、矛盾してますょ。 自由奔放だし。 朝令暮改、って好きで。 コロコロ変えるとこもあります。 コメントご自由にどうぞ。 お待ちしてお

  • チーム自体が……。

    長らくファンをされている方ならわかると思いますがこのチームは昔から崩れてくると中々立ち直れないチームです。 王さんから秋山さん時代もダメな時は負け続けるチームです。 秋山さんは2012年 2013年と2年間チームを立て直すことが出来ず 30億の補強を行い 2014年に優勝して退任されました。 工藤さんにもそろそろきちんとした補強体制やドラフトの見直しなどフロント側の稚拙な仕事っぷりを反省し 来年は

  • 考えうる最悪のシナリオ

    今シーズンBクラスで終わってしまうと工藤監督は辞任の可能性があります。 工藤さん自体 あんまり体調が良くなさそうですし、秋山幸二さんの様に 有終の美を終えられないのは可哀想ですね。 私自体、工藤さんは投手コーチに最適な方と思っているので本当に惜しいです。 せっかく育った選手が多いのに勿体ないです 小久保さんが次期監督でしょうが どうでしょうか? 彼に選手を育成出来るか不安です インテリジェンスをあ

  • 次に上がってくる人物予想

    抹消 攝津 正 登録 松本裕樹? 一昨日に2軍で7回1失点でアピール ライオンズ戦に当てられるのではないかなと思います。 東浜投手 8月半ば アリエル ミランダ 8月半ば? スアレス投手 8月終盤 とりあえず 先発候補と中継ぎは上がって来そうですが、どうなるかは不明。 それまで苦しいですが 見守っていきたいと思います。

  • 先発居ません…

    今日も先発投手が足を引っ張って負け。 攝津投手はコントロールが劣化して厳しそうです。 次回が最後かなさそうですが、分かりません。 急病の中田投手の代わりに2軍調整中の武田投手が緊急昇格しました。 新助っ人は2軍で無残な姿を晒し、バンデンは乱調 石川はスタミナ切れ 希望が見えません……。 今日の試合後の会見で監督が言った通り 「もう先発が居ません」 これに尽きます。

  • コーチをこれ以上井口にやるな❗️

    昨年オフ ロッテの監督に就任した、井口に2名コーチを引き抜かれました。 投手コーチは対して差は無く 楽天も投壊したことから 影響はなかったかと。 バッテリーコーチは元ロッテの選手なので仕方ないかと。 1番の裏切り者は鳥越です。 選手としては役に立たなかったクセに長く置いてもらったホークスを井口の為に裏切った愚か者です。 来年井口が狙うのは倉野投手総合コーチでしょう。 ロッテも投壊しており 期待の選

  • 働かないベテランはクビに

    攝津投手や和田投手 内川選手 松田選手 全員が重要なピースでした。 彼らの不調がチームを更に悪くしました。 和田毅 4億 攝津 正 4億 五十嵐 3億5千万 内川 松田 両者4億と大きな銭を貰う者には責任が当然あります。 支配下枠の問題もあり 来年には多くの選手に厳しい更改を望みます。 いずれ 今年の契約更改について私個人的で判断して 書き出したいと思います。

  • 今年の誤算

    単純に怪我人の多さ これに尽きます。 サファテ 岩嵜 五十嵐 東浜 千賀と前半戦で消え 昨年より酷い有様 内川は不調に喘ぎ 松田は元気を失い 投打の柱が消滅。 チームを管理するフロントも今更 トレードや補強を行うなど 機能不全状態で現場の足を引っ張り続けました。 冷静に見渡して機能しているのは柳田悠岐選手ただ1人 虚しい戦いでしょうね。 新しい力として見込んでいた 田中正義は実力が無いのか怪我の影

  • 今シーズン終了しました。

    オールスター明けの勝負のライオンズ ファイターズ 上位6戦は2勝4敗で貯金を全て失う結果になりました。 最低でも4勝2敗で行ければ 優勝の可能性も残りましたが、最早諦めて残りはゆっくり見たいと思います。 今シーズンはもうどうにもならないと思います。 来年 怪我人が全員帰ってくるのか不安ですが、来年に期待して工藤監督に有終の美を飾っていただきたいです。

  • 昨日の負けが全て

    とりあえず 今日の試合は仕方ないとして、やはり昨日勝てなかったのが痛かった。 勝ちでは無く 川瀬選手にこだわった首脳陣は反省して下さい。 【昨夜より厳しい】 今年は昨年より状態が悪いですね。 怪我人多数に高卒偏重ドラフトにより 2軍に使える選手も無く、入れ替えすら難しいです。 ベテラン勢も上がって来ないし 何をしてるんだと言いたいです。 今年はきちんと補強と即戦力投手をドラフト指名しないといけない

  • 積極的なトレードを!

    現在 ホークスの外野手は余ってる状況です。 長谷川選手は実績があり、高年俸ですが 使える選手でしょう。 セリーグのチームに若い投手とトレードを申し込むべきです。 私の理想は阪神タイガースの藤浪投手か石崎投手が是非来ていただきたい投手です。 藤川投手は難しいでしょうが 若い投手のお手本に もしかしたらクローザーはどうでしょうか? 経験値はすざましいものがあり 期待してしまいます。 ジャイアンツなら

  • 1番の問題児

    今 1番の問題は機能していないフロントにあります。 西田選手と山下斐紹捕手のトレードはフロントが行った愚行です。 得やすい内野手で得難い捕手を交換するなど、馬鹿者としか言えないです。 その結果 捕手の怪我人が続出したのでファイターズから市川捕手を恵んでもらうという恥を晒してしまいます。 市川捕手には申し訳ないですが、正直今更要らないのでは? 選手枠が今のホークスに空いてないし、育成選手を支配下する

  • 現実考えられる投手再編

    理想は膨らみますが それは苦しい前半戦を乗り越えなければ出来ません 私が考えるローテは 千賀 石川 バンデン(攝津) 東浜 武田 和田となります。 和田投手が6月には復帰するでしょうから 中田投手には中継ぎに回ってもらい、 ロングリリーフをお願いしたいです。 バンデンハーク投手についてはもし、明日投げるであろう攝津投手が良ければ交代で2軍の久保投手コーチに預けて、良くなるまで上げない方針で。 攝津

  • 7SEEDSのなっちゃんに思う

    今日、魚を煮付けながら田村由美さんの「7SEEDS」を読み返していました。 田村由美さんの作品は、BASARAも大好きだった。 7SEEDSも続きを楽しみにして追っていた作品で、完結したんですけど。 凄く良かったー。最終巻を買った後、特装版があることを知って、結局最終巻2冊買ってしまったくらい素晴らしかったー。 思う事、考えさせられること、気付かされること、山の如く。 本来、人の思考回路や、出来事

  • 開幕2カード目終了 感想

    私がライバルと挙げた ライオンズ戦2連戦 結果は連敗と思わぬ結果に終わりました。 しかし、結果だけならば負けていますが内容を見るとホークスが上と見れる結果だと思います。 第1戦から見ますにライオンズは中継ぎがやはり弱体化しており これはという投手は見あたりませんでした。 長いシーズンを見据えると後半戦は失速する可能性が高いので心配する必要は無いでしょうか? 今は勢いありますが昨年の楽天の様に失速す

  • 「小辞譚 辞書をめぐる10の掌編小説」文月悠光 他

    お久しぶりです。 今回は「小辞譚 辞書をめぐる10の掌編小説」の感想です。タイトルにある「掌編小説」とはザックリ言うと「短篇小説より短い」という意味です。 読んでみると辞書に関する小説といっても、主に辞書を使う側視点で語られる小説でした。小説は部活青春テイストから歴史小説テイスト、ホラーコメディものまで様々でした。個人的には、藤谷文子の「引っ越し前」が一番良かったと思います。 辞書をテーマにした小

  • 「モルグ街の殺人」 エドガー・アラン・ポー

    今回はエドガー・アラン・ポー「モルグ街の殺人」の感想です。 サン・ジェルマンの人里離れた古い屋敷に住むC・オーギュスト・デュパン(以下、デュパン)は、モルグ街で起きた猟奇殺人事件の容疑者として友人が投獄されたことを知ります。決定的な証拠もないまま投獄された友人を救うため、そして事件の真相を明らかにするため、デュパンはモルグ街へ向かうのですが..... 描写される殺害現場が凄惨かつ奇妙でホラー小説を

  • 真弓定夫先生

    真弓定夫先生のドキュメンタリー映画を 観てきました。 私は真弓先生について詳しい方ではないんですが、、 これはとりあえず観ておいた方がいい と思い、旦那に娘を預けて(感謝!) 観てきました!! なんだか最初から最後まで、目に涙が滲む映画でした。 すべてのお母さん(お父さん)に見てほしい!! と思います!!! 情報が溢れすぎてる時代。 自然派のなかでも、いろんな情報がありすぎてどれが正しいかも分から

  • 『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』喜多川泰

    今回は喜多川泰『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』の感想です。 物語はプライドが高い熊本県の高校2年生秋月和也が見栄を張るために同学年の史弥に「ディズニーランドに行ったことがある」とウソをつくことから始まります。行ったという証拠を求められた秋月和也は、ウソを貫くために母親にもウソをつき貰ったお金でディズニーランドへ証拠写真を撮りにいきます。しかし、帰りの飛行機に乗り遅れてしまい、帰るお金もなく

  • 「変身」 カフカ

    私が読んだ本を紹介する本ブログ、記念すべき第1作目はカフカの「変身」です。 私は読む本を決めるときに必ず裏表紙の解説と冒頭2〜3ページを読むのですが、この作品ではある朝主人公グレゴールが虫になるところから物語が始まります。そのユニークな冒頭が読むきっかけとなったのですが、いざ読み切ってみると素直に喜んで良いのか悪いのか?なんとも憂鬱な気持ちになりました。 買った本にはもう一話「断食芸人」というお話

1 2 3 4 5