• 青い鳥

    重松清さん・・ きっと心があったかい人なんでしょうね・・ 青い鳥 (新潮文庫) 新潮社 本 村内先生は、中学の非常勤講師。国語の先生なのに、言葉がつっかえてうまく話せない。でも先生には、授業よりももっと、大事な仕事があるんだ。いじめの加害者になってしまった生徒、父親の自殺に苦しむ生徒、気持ちを伝えられずに抱え込む生徒、家庭を知らずに育った生徒―後悔、責任、そして希望。ひとりぼっちの心にそっと寄り添

  • 父親&性

    本を読みました! 幼な子われらに生まれ (幻冬舎文庫)重松 清著 三十七歳、サラリーマン。実の娘と年に四回しか会えない彼に子供が生まれる……。血のつながった他人、血のつながらない家族--幾つもの絆、幾つもの哀しみの中に浮び上がる「家族」の姿を描く長編。 男親の気持ち・・しかも娘を持つ・・ しかも血の繋がってる娘とは離れて・・ 血の繋がらない娘たちと暮らす・・ そして息子が生まれてくる・・ とっても