• 映画版 ビブリア古書堂の事件手帖を見てきました。

    原作が大好きなのですが、前回の実写ドラマの配役が原作イメージとかけ離れて がっかりしたので今回の実写映画化に期待して見に行きました。 マンガ版の感想 ヒロインは、前回に比べたら原作のイメージに近くてよかったのですが、ヒロインの栞子さんはなんというか、原作に比べかなり無能です。 あっさり相手に騙されたり、保険の掛け方が今一つだったりで出し抜かれます。 原作だと罠を掛けられたらその罠を利用して逆に罠に

  • 角川版 ビブリア古書堂の事件手帖 5巻

    角川版 ビブリア古書堂の事件手帖 5巻を電子書籍化。今巻では司馬遼太郎作品を中心にしたお話。私も歴史作品が好きなので、司馬遼太郎の作品はいくつか読んでいるのですが、推理小説を書いていたのは知りませんでした。しかも無理やり書かされたとか、探偵はどうして秘密を暴き出す事に執念を燃やすのか解らないとか、もう二度と書くことは無いとか言っていたりするそうなので逆に読んでみたくなりました。しかし、全集からも抜

  • ビブリア古書堂の事件手帖 × 2

    ビブリア古書堂の事件手帖 角川版 4巻と講談社版 3巻を電子書籍化。元は小説で、昨年 剛力彩芽主演でドラマ化され、いろんな意味で話題になりました。まぁ長髪でコミュ障気味の主人公を剛力さんが演じるのは無理があります。原作が好きでマンガ版も買い始めたのですが、当初は1巻だけ両方買ってそれ以降は気に入った方のマンガ版のみ購入に変えようと思ったのですが、どちらも好みで気が付いたらずっと両方を買ってしまって