純愛のムラゴンブログ

  • 昭和の純愛は平成のストーカー。令和は?

    惚れた女にプレゼント持って告白。 彼女の大好きなケーキを下調べして買う。 帰ってくる時間を調べて家の前で待つ。 雨なんか降ってると舞台は完璧。 「あれ?●●さん何してるの?」 っと女はびっくり。 「いや、誕生日おめでとう。大好きなケーキ買って来たんだ。」 「え?こんな雨の中を?ありがとう!!」 「いや、言いたいこともあったんで、、、俺と付き合ってくれないかな。」 なーーんて昭和のワシにはあってもお

  • …あなたの親指姫…

    私は…あなたの親指姫でいい… ここはあなたの手で作られた あなたの世界…だけど… 時々窮屈になるけれど 私はあなたの世界にいることを 望んでるの… あなたは私をみてるけど 同時に守ってくれてるから ここを離れることが…やっぱり…こわいの… あなたの世界から出たくない… ここは…わたしの居場所…幸せな時間だわ… 私がひそかに望んでる幸せ…だから 私は…もうここでいいの… あなたの中にいる…私が好き…

  • もうだめ…枯れちゃう…

    …私のあなた…いまどうしてるの… なんか…元気なくなっちゃった… あなた…いまどこにいるの? 全然…あなたが見えないよ… わたし…しばらく…自分のテンション… 高くて…気にしてなかったのに… あなた…どうしてるのかな?って… 会いたいなって…会えないなって… あなたが…私の世界から… いなくなって…どのくらい時間が…たった…? 悲しくなってきたの… もう会えないかもしれないのに… ここにいてもブロ

  • MAY …

    MAY … そんなにふくれないでよ… 笑った顔見せて… いつもみたいにおどけて… MAY …そんなにふくれないでよ… そのただ一言も 口に出せないの私… 困らせてる… いまもあなた沈んでても… 慰めの言葉は百も思いつくけど… どれも言えない… 噴水の虹をみてるふりで きれいねとつぶやくだけ… きっと内気だと思っているね… だけど言えない… あなたが魔法をかけた こんな秘密の庭のなかでは どんな言葉