鮒のムラゴンブログ

  • 【葛飾区といえば…】

    葛飾区と言えば「柴又」もイメージする1つです。 柴又駅を降りるとすぐに寅さん像を目にします。 ところでなぜ「柴又」と名付けられたのでしょうか? 昔は 「嶋俣・しままた」 と呼ばれていました。 「嶋」はデルタ状の土地、 「俣」は河川の合流地点という意味があります。 戦国時代に「しままた」から「しばまた(柴俣)」になり、 江戸時代に「柴又」に変化して定着。 正式な町名「柴又」になったのは1967年、