• Faure Fantasie opus111

    Fantaisie opus 111 de Gabriel Fauré pour piano et orchestre (1/2)  モダンでオシャレな曲です。意外と知られていない。

  • Jean Fournier Ginette Doyen

    Faure:Violin Sonata#1 in A-Op13-Jean Fournier&Ginette Doyen-monoLp-circa1951  ジャン・フルニエとジネット・ドワイアンは夫婦です。  ジャンはチェリストのピエール・フルニエの弟。ジネットはピアニストのジャン・ドワイアンの妹です。  フォーレのヴァイオリン・ソナタはクリスチャン・フェラス、ピエール・バルビゼのレコードが決定盤

  • Jean Doyen , Ginette Doyen

    Fauré - Jean Doyen (1972) Pièces brèves op.84 (Piano Bösendorfer)  ジャン・ドワイアンは1907年生まれで年代的にジェルメーヌ・ティッサン=ヴァランタンより若く、アンリエット・ピュイグ=ロジェやジャン・ユボーより年長。  独特のきらめきと立体的な粒立ちを感じさせる。使用ピアノはベーゼンドルファー。  かつてLPで聴いた覚えがあるが、

  • Irma Kolassi : Faure et Chausson (一部改正)

    Fauré - Automne, op. 13 n. 3 - Irma Kolassi  難しいフォーレの歌曲もIrma Kolassiが歌うとわりと聴きやすくなる気がします。  詩はボードレールです。 5.Ernest Chausson, Irma Kolassi, Poème de l´amour et de la mer, le temps des lilas  再生可能なものに入れ替えまし

  • Faure Nocturne , Barcarolle :フォーレ 夜想曲、舟歌

    Gabriel Fauré - Nocturne No. 6 in D flat, Op. 63 [Vlado Perlemuter]  巨匠ヴラド・ペリュルミュテール(読み方うろ覚えですが)によるフォーレの夜想曲。初めて聴きましたが、かなりいいです。  彼のピアノ五重奏曲はCD持っています。 Fauré, Barcarolle No. 6 in E-flat played by Albert F

  • Faure Requiem    Pie Jesu , In Paradisum

    Pie Jesu (Fauré) | boy soprano Aksel Rykkvin (13y), Oslofjord Kammerfilharmoni & Kåre Nordstoga  オスロなのでノルウェイかもしれません。  この子、よーく見ると「奥さまは魔女」の夫役の俳優に似ている。あとカーペンターズのお兄さんにも似ている。  ちょっと緊張ぎみなのかな。 Gabriel Fauré -

  • Faure Piano Quartet No.1

     久しぶりにフォーレのピアノ四重奏曲でいい演奏が見つかった。 Gabriel Fauré - Piano Quartet No. 1 in C minor, Op. 15  この曲はフォーレの中でも演奏される機会が多いと思う。颯爽とした雰囲気の中にエスプリが十分に味わえる名曲だと思う。  90年代、荻窪の「ミニヨン」の室内楽演奏会に出かけて聴いた。演奏会後駅に向かう途中、見知らぬ人に声を掛けられて

  • Faure Dolly Thyssens-Valentin et Puig-Roget

    Germaine Thyssens Valentin plays Fauré "Dolly" Suite Op. 56  4手のためのピアノ曲「ドリー」です。  ここで共演しているジェルメーヌ・ティッサン=ヴァランタンとアンリエット・ピュイグ=ロジェは素晴らしいの一言に尽きます。  アンドレ・シャルランのワンマイクによる録音はシャープとは言えないものの、音楽の立体感を再現してくれています。  上野

  • Ravel :序章とアレグロ   Faure :塔の中の王妃

    Ravel: Introduction et Allegro for Harp, Flute, Clarinet and String Quartet. Maiburg, Ceysson.  ラヴェル:「序章とアレグロ」ハープとフルート、クラリネット、弦楽四重奏のための。 Gabriel Fauré - Une Châtelaine en sa tour, Op. 110  フォーレ:「塔の中の王

  • Faure Piano Quintet ピアノ五重奏曲第1番,1楽章~3楽章

     以前この曲に関してはエリック・ルサージュとエベーヌ四重奏団のライブがYouTubeで見られたんですが、削除されたようです。(保存はしてある😁)  なので少しでも若い女性の息吹きをと思い、これを採用しました。 Fauré - Piano Quintet No.1 in D minor, op.89 - I. Molto moderato  第1楽章 Fauré - Piano Quintet N

  • Choral Requiem Gabriel Faure Maurice Durufle

    Gabriel Fauré-Requiem op. 48 (Complete)  定番はミシェル・コルボ盤ですが、あえてここではアンドレ・クリュイタンス盤にしました。 Fauré: Cantique de Jean Racine Op 11  フォーレのレクイエムは名曲ですし、好きな人は多いと思います。  「ラシーヌの雅歌」は隠れた名曲といえるかもしれません。レクイエムを好む人の多くはこのラシーヌ

  • Franck , Faure Piano  フランク 、フォーレ ピアノ

    JORG DEMUS plays FRANCK PRELUDE - FUGUE AND VARIATION OP. 18_0001.wmv  イエルク・デムスのフランクは2通りのCDを持っています。新しいほうはフォルテピアノを使用しています。旧盤は演奏はすごくいいのですが、録音が今イチでした。 Fauré, Nocturne No 4 in E-flat Op.36 played by Alber

  • Brahms / Franck / Faure Violin Sonata

    ブラームス ヴァイオリン・ソナタ第1番ト長調「雨の歌」シェリング/ルービンシュタイン/Brahms Violin Sonata No.1  パールマンとアシュケナージ盤を好む方も多いと思います。ここでは古いほうを選んでみました。 Cesar Franck - Violin sonata - Christian Ferras (Mov.1)   フォーレ ヴァイオリンソナタ第1番 イ長調 クリスチャ

  • フォーレ、マーラー :ピアノ四重奏曲etc

    Hamelin plays Fauré - Piano Quartet No. 1 in C minor, op. 15 (with Leopold Trio)  フォーレのピアノ四重奏曲の動画ではかなりレベルの高いほうです。アムランのピアノがもう少し優雅でもいいのかなと思うぐらいです。弦の三人は見事。  この曲は颯爽とした中に非常にエスプリが感じられるいい曲です。  思い出すのはバブルのころ、荻

  • フォーレ ピアノ五重奏曲 ④

     フォーレのピアノ五重奏曲でおススメしたいもう一枚のCDはVOXBOX盤です。92年盤は簡素な絵柄のボックスでした。最新盤はジャケットもキレイになっています。  演奏者は、 Jacqueline Eymar:Piano,Gunter Kehr & Werner Neuhaus:Violins,Erich Sichermann:Viola,Bernhard Braunholz:Cello です。演奏

  • フォーレ ピアノ五重奏曲 ③

     ティッサン・ヴァランタンは1902年7月生まれでうちの祖母と同じ歳です。オランダ人の血が流れています。  アンリエット・ピュイグ・ロジェ女史は東京文化会館音楽資料室で偶然お見掛けしてお声をかけたことがあります。助手さんと来られていてレコードを試聴していました。  ぼくは手帳にメモ書きして手渡しました。上野駅の公園口の改札口までお供して話しました。  「ドリー」の連弾を聴いたこと、フォーレのピアノ

  • フォーレ ピアノ五重奏曲 ②

     アンドレ・シャルラン盤はジャケットがきれいです。天使がエビ反っているような絵です。  ティッサン・ヴァランタンのピアノは深く耽美的で心に沁みます。ORTF弦楽四重奏団のアンサンブルもフランス独特のエスプリに満ちています。第一ヴァイオリンのデュモンの音色は渋く香り高いです。  ピアノ五重奏曲の1番も2番も4000回ぐらい聴いています。 Gabriel Fauré - Quintette avec

  • フォーレ ピアノ五重奏曲 ①

     フォーレのピアノ五重奏曲に出会ったのは昭和59年のことです。小石川図書館で借りたレコードに偶然収録されていたのです。  小石川図書館に通いながら、何か情念のある音楽を聴きたいと感じていました。  そのころ懐かしい邦画を見たような気がします。前衛的な音楽とか芸術に一時的に飽きて何かドロドロした情念の音楽とかストーリーは無いかと思っていました。  フォーレの作品に「エレジー」というタイトルがあるので