• 【バイク】長距離ツーリング前準備【ツーリング】

    今日も記事を読んでいただき有り難う御座います。 今回のテーマは長距離ツーリングの前準備について書きたいと思います。 片道を300Kmを超えるような長距離ツーリングの際は何かアクシデントがあった場合、いろいろ対応がおくれたり、最悪何十キロとバイクを押さなければならなかったりします。 前準備をすれば絶対にアクシデントがないとは言いませんが、やらないよりやる方がいいです。 前準備する順番はどうでもいいで

  • 【故障?】DUCATIの維持費【維持?】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 今日は維持について書いていこうと思います。 DUCATIは故障がとか、ぼったくり価格などと世間では言われています。 確かに国産メーカーに比べて工賃や物品、純正部品は高いです。これは間違いないです。 しかし、これは「ぼったくり」ではなく分母の違いです。 例えばHONDAの「スーパーカブ」を例に挙げると分母は累計8700万台 そこまで分母があると製造

  • 【自作】ガスケット【制作】

    本日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 古いバイクを扱うと結構な頻度でバックオーダーや製造終了、再販予定なしなどの部品が出てきます。 これは部品などを作るときの金型というものが日本の場合資産扱いになるからです。 簿記などをやったことある人はわかると思いますが減価償却後に資産扱いになると、その分いろいろな税金など無駄な経費がかかってしまいます。 もちろん人気車種でその経費よりも利益がでる

  • 【DUCATI】エア抜き【キャリパー】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 今日は部品というより、ちょっとしたコツを書きたいと思います。 これは916系と言うよりリアキャリパーがローターに対して下側についているバイクに共通なのですが こういう向きについているものです、 この状態でフルードを交換してもエアーは抜け切れません。 なぜなら、フルードの出口は下向きにあり、エアーは上にあがっていきますので、フルードがエアーの下を通

  • 【DUCATI】ベアリング【Aprilia】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 今日はベアリングの話をしたいと思います。 バイクや車は驚くほど回転部品を使っています、そのほぼすべてにベアリングが使われています。 まずDUCATIの純正でベアリングを頼むと こんな感じで届きます。 よく見られるのが、ベアリングは純正部品で取らなければならないと思っている人がいますが、別にそういうわけではありません。 ベアリング関係はある程度規格

  • 【ブレンボ】ニップル【キャリパー】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 今日の記事は別にレアでもなんでもないんですが、旧車やハードなブレーキをされている方なら交換をした方がいいと思われるパーツです。 それがニップル あまり交換するような場所ではないのですが、私は一つの目安として10年5万Kどちらか速い方で交換をお勧めします。 ニップルとはなにかというと この作業、エア抜きやフルード交換の時にゆるめるネジ こいつのこと

  • 【リスク】中華カウル【998】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 やはりパーツの話になると中国の話は避けれません。 よくいうチャイナリスクというやつですがどんなものがあるのかというと 今日さっそくありました。DUCATI998のカウルを塗装済みで注文したのですが フロントカウルの端がこのありさま。 まーもともと塗装の技術はよくないのですがこれはさすがにひどかったです。 チャイナリスクの要因に彼らは出荷チェックを

  • 【ブレンボ】リアキャリパー【998】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 今日はDUCATI998、996のリアキャリパーにるいて話したいと思います。 基本的にこの年代のDUCATIは年式によってブレーキキャリパーがきまるので結構汎用性がたかいです。 しかし998では02年式となりもう15年以上も前の車体になってしまいます。 オーバーホールKITもでてこなくなりました。 もともとブレンボのリペア、オーバーホールKITは

  • 【名義変更】陸運局【一時抹消】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 先日Aprilia RSV4の車検をしようと知り合いの検査場で検査だけしてきました、結果不合格。 部品と新たに調整しなければならず、車検時に名変とおもっていましたがもう3月も終わりなので、名変し一時抹消をしようとおもい陸運局へ 奈良県の場合ここになります。 それぞれの都道府県に必ず1つ以上の陸運局がありますので、ネットで調べれば場所はすぐ出てくる

  • 【空気】タイヤの空気【窒素】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 今日の記事は窒素についてです、最近どこのタイヤ屋さんにいっても「窒素始めました」と言わんばかりに窒素を進めてきます。 コストも1本数百円で、そこまで高い物ではありません。 しかしここで疑問に思うかもしれません、何故窒素なのか?空気中に7-8割程度窒素があるのになぜ10割窒素が必要なのか。 (ほんとなんでもネットで画像がありますね) 結論から言うと

  • 【HMD】ヘルメット【ナビ】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 友人のバイク用ナビをそろそろ買い替えと話しており、その話の中でいろいろ調べてるうちにこんなものを発見しました。 画像はアメリカのSKULLY社のものです。 っが!2016年夏にすでに破産申請しておりその後は・・・・ もともとクラウドファンドで多額の資金を調達していたようですが、資金がショートし、中国企業への買収も失敗したようです。 カッコ良かった

  • 【いる?】タンクパット【要らない?】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 今日はタンクパットについてです、一昔のバイクはタンクがタンクでした。 なに当たり前のことをいっているのか?とおもわれるかもしれません。 じつは最近のバイクはタンクの上にタンクカバー、カンクカウルがついています。 要は叩いても金属の音がしないのです。DUCATI998の様に金属のタンクに塗装をしたようなタンクではないということです。 なぜ、タンクカ

  • 【Harley 】Dynojet【ECU】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 今日の記事はあまり触れていないHarleyについて書こうと思います。 アメリカンバイクでアメ車好きの人には憧れのバイクだと思います。 ドイツではBMW、イタリアではDUCATIの様にアメリカではHarleyと言うように しかし、私はあまりアメリカンバイクには興味がなく、Harley自体あまり知らなかったです。しかし、最近ふときっかけでHarley

  • 【空気圧】タイヤマネージメント【TPMS】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 今日も商品説明と言う名のダイレクトマーケティングです(#^.^#) バイクの空気圧チェックはサーキットを走行されている方には常識だとおもいますが、ワインディングやツーリングではおろそかになりがちです。 理由はちょっとめんどくさいから、ゲージを持っていてもいちいちタイヤを覗き込んでバルブキャップをはずしてはかるのは面倒ですからね。 では、なぜタイヤ

  • 【バイク】Egをまもるため?【転倒】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 実はわたくしこけてしまいました、市街地で飛ばしてはなかったのですが、急な車の飛び出しに驚きステーンと っま!そんなことはおいといて、DUCATIの部品にはよくアルミが使われます。 このハンドルを見てもらってもわかるようにかなり柔らかい素材でつくられています。 これは当時アルミ素材と言うのが高級、流行っている、加工しやすい、高価であるといろいろな理

  • 【カシメ】ホースクランプ【歯医者さんのあれ】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 今日はホースクランプについて書きたいと思います。 前にもホースクランプの種類についてかきましたが、今回インジェクターホースの交換の際に使用したクランプ カシメても真円にちかくなり、外れにくい性質があります。 しかしこのクランプ、専用の工具がなければかしめることが出来ません。 ペンチといえばペンチなので、ラジオペンチなどでカシメることはできるかもし

  • 【リア】916系【ブレーキ】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 916系のリアブレーキの効きの悪さですが、本当に止まることは考えてないんじゃないかという作りをしています。 まず、よくみてください、ブレーキマスターとタンクの位置を まず、マスターですがこの位置にあるためエキマニからの排熱に晒されます。いくらフルードの耐久温度は300℃近くまで対応とはいえさすがに熱くなり過ぎです、これにローターからの摩擦熱でフル

  • 【DOT4】ブレーキフルードについて【DOT5】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 昨日のオイルフィルターに続いてブレーキオイル、ブレーキフルードについて書きたいと思います。 まず、ブレーキオイル、ブレーキフルードと言う人がいますが同じものを挿します、ちなみにオイルはそのまま油の意味でフルードは液体(流体)の意味なので言葉の違いだけで差はありません。 そしてブレーキフルードには色々な種類があります。 スタンダードなDOT4タイプ

  • 【オイル】要交換【フィルター】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 今回は基本に戻ってオイルフィルターとはということに書きたいと思います。 こんなもののフィルターもありますが、中身は のようにフィルターが入っています。 このフィルターによってオイルの中の不純物を濾過します。 フィルターなので不純物がたまると詰まります、詰まるとオイルの流量がかわり最悪エンジンが壊れます。 それを防ぐためにバイパスバルブがあり、それ

  • 【サーキット】鈴鹿ツインGコース走行会【RS4 125】準備2

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 昨日の記事の続きです。 次に持っていくものはやっぱし工具セットです。 こういうチェストタイプがあれば完璧ですが、よくあるアクシデントで、ステップ関係がおおいので、ステップをばらせるだけの工具は持参したほうがいいです。 六角レンチやメガネレンチなどの工具とうです。 それと忘れてはいけないのがワイヤーとワイヤーツイスター ワイヤーはホームセンターでう

1 2 3