三岐鉄道のムラゴンブログ

  • 赤電に乗りに行こう

    日曜日の話になります。 暖冬とは言うものの、そこそこ寒かった日曜日の朝。 長男が部屋でゴロゴロしていたので声をかけてみました。 今日はバイトも何も用事がないとのことだったので、久々に2人で出かけることに。 風は冷たいものの天気は良好。 青空が気持ちよく広がります。 長男を愛機の助手席に乗せて東名阪を西へと走ります。 最近調子はどうなんだ?みたいな、父親っぽいことを話しながら走ります。 今年はいよい

  • 西武鉄道101系

    三重県の近鉄富田から西藤原まで走る三岐鉄道三岐線には 西武鉄道で活躍した車両が数多く走っています。 名古屋から比較的近いこともありまして、結構頻繁に通っているワケですが、 気がつくとその魅力にすっかりハマってしまっていました。 三岐鉄道の車両は鉄コレやマイクロエースから模型化されています。 うかつに手を出すと火傷しそうなので自主規制しています。w しかしながら"赤電"と呼ばれるカラーリングが登場し

  • レッドアロー

    実は今までみんなに内緒にしていたコトがありまして… そう、俺はレッドリボン軍の一員だったのであります。w なんのこっちゃというコトで、レッドつながりで今宵ご紹介するのは… "レッドアロー"であります。 言わずと知れた西武鉄道を代表する特急形車両5000系であります。 実車は既に1995年に引退していますが、一部が今も富山地方鉄道で活躍しています。 5000系は西武鉄道初の座席指定制有料列車専用車両

  • 赤電

    ここ最近ですが三岐鉄道にハマっています。 そんな中でも801系803Fは1992年に西武鉄道から譲渡された編成で、 今年4月に西武鉄道時代の"赤電"塗装に復元されました。 この塗装がなんとも自分のツボにバチンとハマってしまったのであります。 昭和40年代に活躍した"赤電"を、勿論リアルタイムでは知りません。 しかし前世でもしかしたら何かかかわりがあったのかも知れません。 ってなワケで… ドーン!

  • 三岐鉄道 東藤原駅

    鞍掛峠の帰り道、ちょっくら寄り道をしました。 そう、三岐鉄道の西藤原駅であります。 三岐鉄道創業時に新造された蒸気機関車E102号機とならぶ751系。 駅前には馴染みのネコがいます。 なんだかスイッチが入ってしまったので移動します。 ってなワケで東藤原駅にやってまいりました。(*´ω`*) ♪ 駅前にはホキ5700形が保存されています。 "小野田セメント"のマークに痺れます。 ホームから富田側を眺

  • 再現したくなる

    三岐鉄道の保々駅を視察して、いっぱい影響をうけてまいりました。 それはモジュールで再現したくなるアイテムの数々。 地方鉄道にはなんと申しましょうか、生活感というか趣があります。 例えばこんな感じでパンタグラフが置いてあったりします。 床下機器もこんな感じで置かれていたりします。 パンタグラフの終電シューが大量に。 屋根上のクーラーもこんな感じで。 再現したいなぁ~。 (´∀`*)ウフフ

  • 三岐鉄道 保々駅

    こんばんは、akiringです。 今宵は三岐鉄道の保々駅をご紹介致します。 保々駅は三重県四日市市小牧町に位置します。 構内には車両区、施設区、コントロールセンターが置かれ、 三岐線の中枢駅となっています。 車両区はホームからだけでなく道路からも見ることができます。 補修中の車両もあります。 トラバーサーも三岐カラーです。 塗装待ちの801系がいます。 構内にはED45形がゴロゴロいます。 ED4