• 七十二候*雪下出麦 百合根

    冬至の末候、雪下出麦(一月一日〜一月五日頃) 「ゆきわたりてむぎのびる」と読みます。 降り積もった雪の下で麦はもう芽を出しています 今回の百合根は一枚一枚外側から剥がして 茹でるので手はかかりますが その分癖になりそうな贅沢な美味しさdです。 「暮らしを楽しむ開運七十二候」掲載イラスト 高塚由子 画 Copyright ©  Yoshiko Takatsuka. All rights Reserv

  • ヤマユリの鱗片定植/植え付け(鱗片バラマキ繁殖)。レイズドベッドで発芽に挑戦!

    ヤマユリの鱗片定植(レイズドベッド) 平成28年10月25日  村内伸弘撮影 りん片による球根生産の特徴 千葉県鋸南町の林業家の事例では、7月下旬に球根を掘りとり、はがしたりん片を林地内に株間 3cm程度になるようにばらまきし、3cm程度の厚さに土をかけておく(りん片の一部が見える程度)だけで省力的に繁殖させている。その後、2年間は除草だけでそのまま育成させ、2年後に成長した球根を圃場(ほじょう)

  • ヤマユリの鱗片挿し(鱗片繁殖)。プランターで発芽に挑戦!

    ヤマユリの鱗片(りんぺん)と鱗片を剥がし終わり小さくなった球根 平成28年10月25日  村内伸弘撮影 ヤマユリの球根 ※ユリの球根は鱗片の集合体 ※ユリの球根の正式名称は「鱗茎」 りん片による球根生産の特徴 この繁殖方法は、ヤマユリだけでなく、すべてのユリに、そしてユリだけに行なうことができる方法である。「貝伏せ」「蓮華伏せ」などともいって、ユリ独特の人工的な増やし方として広く行なわれている。