• 京都戦 小手川の2ゴールで逆転勝利 5連勝で暫定首位に

     大分トリニータ、今節の勝利で暫定ではあるが「首位」に浮上、家内と二人でささやかな祝宴を。  ビールが美味しかった、ビールの後、焼酎とワインを少々、ちょっと飲み過ぎました。 今節の試合。 J2リーグ 第36節 大分トリニータ VS  京都 サンガF.C. 試合 会場    大分銀行スタジアム        試合結果 「2:1」 大分トリニータ勝利  得点者 京都:FW20・カイオ(6分)  大分:

  • ロアッソ熊本戦 甲府戦を払拭する「2:0」の完封勝利

    第17節 大分トリニータ VS ロアッソ熊本 試合終了「2:0」大分トリニータ勝利。  前節、ヴァンフォーレ甲府に「2:6」と大敗、今節は暫定ではあるが首位を明け渡してのロアッソ熊本との一戦、熊本は16位と下位チーム絶対に負けられない、しかもバトルオブ九州で隣県同士。  前半はお互い厳しいプレスもなくお穏やかな入り、ボールは持つが攻めあぐんで互角の戦い、先にチャンスをものにしたのは大分、右サイドで

  • 新潟戦 ポジション及び先発メンバーの入替で 勝利を掴む

    大分トリニータ 対 アルビレックス新潟戦「2:1」で大分勝利。 本日の殊勲者、MF7・松本怜、先制弾と勝ち越しのオウンゴール誘う大活躍。  前節、J1降格の大宮に悔しい敗戦を喫したトリニータ今節は、連戦で疲れのある選手に替え先発メンバーを3人入れ替えまた、怜のポジションを左サイドから右サイドに戻し新潟との一戦に臨んだ。  J1降格の新潟、苦しい試合になるだろうなと思っていたが、立ち上がりからうまく