• ケイムラとルミノーバ(グロー)の違い

    ケイムラとルミノーバ(グロー)の違い。 ケイムラは紫外線を浴びて、紫外線 を可視光に変えて発光します。 ルミノーバは紫外線から普通の光 まで、内部に蓄えて発光します(蓄光) ケイムラは紫外線がなくなると発光しなくなるのに たいし、ルミノーバは蓄光ですので 外からの光がなくなっても発光し続けます。 今回、「イチコロ」にルミノーバ(グロー)を 練りこんでみました。 これで、ケミホタルとルミノーバを同時

  • 「イチコロ」の「凄さ」

    今年は、タチウオのシーズンが遅れている。 しかし、シーズンが始まれば、入れ食いになることも! そこで、タチウオシーズンに備えて「イチコロ」の 説明をしたいと思います。 ソフトなワームを使用した、ワインドでタチウオが よく釣れるのは皆さんよくご存じですね。 しかし、欠点は、ボロボロにされること! いくら安いワームといえど、多量に消費すれば かなりの出費になります。 でも、それより、時合を逃してしまう

  • 楽なワインドのシャクリ方

    タチウオシーズンに向けて、今から準備されてる方も多いと思いますが ワインドは、疲れるから嫌だという人もこれなら大丈夫! ビシバシとシャクルのは疲れるので、楽なシャクリ方の紹介です。 しかも、よく釣れます! 暗くなってからは、こちらの釣り方を↓ ワインド 楽なシャクリ方 北公園で

  • *イチコロの効果的な使用方法*とテーリング防止方法

    ●ダート系のルアーである「イチコロ」はそのままではアクションしません。 ただリールを巻くだけではほとんど動きません。 しかし、いったんロッド操作を加えると、驚くべき動きをみせます。 とくに、ワインドとよばれる左右にダートをさせる動きは特筆ものです。 さらに、シンキングタイプで水の抵抗も受けにくい形状なので沈下速度がはやく、すばやく底取りもできます。 こういったルアーの特徴として(ソフト系もふくむ)

  • そろそろタチウオ

    今年もそろそろタチウオシーズンが始まりそうです。 神戸方面で上がったとの情報がありました。 写真は去年の南港での釣果です。