• 骨無し女の秘密 9

    こんばんは! 暇人です! お散歩ブログに引き続き、 そろそろ書かねば…と思いつつ、ようやく 更新です… トラブルだらけなので、読む人はしんどいのじゃないかな~と思うのですが、 まだまだ、アルノデスヨ… いいんですか? と、自問自答しつつ、とりあえず、書きますね~ 苦手な方は、スルーしてください。 まずは、今週の診察で、地元の先生が、 「手の中が、どうなってるのか知りたい!」 と、言ってくださいまし

  • 緊急手術 その3 美緒子編

    タカシの異変には気づいていました。 メールのやりとりでそれは感じとられていたのです。 会った時にそれは確信となりました・・蒼白な顔色、立っていることすらままならない苦痛を噛み殺している表情・・急を要することがわかりました・・・ 今すぐに病院にといいましたが夕方に大事な仕事があるという・・・仕事より自分自身を優先して欲しかったのですが仕事上の立場も思うと無理強いして病院に連れていくこともできない私で

  • 緊急手術 その2

    看護婦さんから携帯電話を受け取り、直ぐにメールを打とうとしたが、もう指は震えて身体全体で息をしながら立つ事もままらなかった。 もう涙で携帯画面は見えないし、鼻水もぐしょぐしょでボタンもまともに操作できなかった。 それでも最後の力を振り絞るように携帯を握り締めながら、心より心配しているであろう美緒子さんに、「伝えなきゃ‼︎」 そんな想いで、これから連絡がとれないことを早く伝えないと・・・ 今しないと

  • 緊急手術 その1

    今思えばいつからだっただろうか? かなり前から違和感を感じていたかもしれない。 いつも通り出勤して朝からハードに仕事をこなした。 お昼休みに入る頃、背中の右側の胃部あたりに違和感が・・ ・たまに便秘気味でお腹我慢痛くなることはあったが胃はあまり痛む事は無かったのに。 最近のストレス含めて目まぐるし忙しい毎日で、自然な現象なのかと思っていた。 外出中にドラックストアに行き、初めて胃薬を買った。 すぐ