• 天地神明に誓う!

    天租神社は神明神社ともいい、天照大神を主祭神とし、三重県伊勢市にある伊勢神宮内宮を総本山とする神社で、通称「お伊勢さん」と呼ばれています。 詳しくはURLをクリックまたはタッチしてください⏬ http://www.sato-yama.xyz

  • 深川の癒しスポットを紹介します!

    江戸情緒の残る深川には、深川のお不動様と深川の八幡様があります! お時間ありましたら、魅力溢れる深川を是非一度訪れてみてください! http://www.sato-yama.xyz/

  • 一人でも楽しめる都内の癒しスポット

    江戸名物の閻魔大王を見に行こう! http://www.sato-yama.xyz/s/article/444024107.html?1479467604

  • 一人でも楽しめる都内の癒しスポット…

    都内の癒しスポットを紹介します。 厄除開運や病気平癒などに御利益があります。 詳しくは下のURLをクリックまたはタッチしてください⏬ http://www.sato-yama.xyz/s/

  • パワースポットめぐりズーム!

    心身が疲れた時などに訪れて、癒しのパワーをいただくと、心機一転頑張れる気がします! もしよかったら、下のURLをクリックしてみてください⏬ http://www.sato-yama.xyz/s/article/443956055.html

  • 一人でも楽しめる都内の癒しスポット…

    水道橋のこんぴらさんと清めの稲荷で癒されましょう! 詳細は下のURLをクリックまたはタッチしてみてください!⬇️ http://www.sato-yama.xyz/s/article/443902226.html

  • 一人でも楽しめる都内の癒しスポット…

    巣鴨といえば、とげぬき地蔵尊! 高岩寺にぜひお参りしてみてください!体の中の悪いものが出てきますよ! もしよかったら、下のURLをクリックしてみてください⬇️ http://www.sato-yama.xyz/s/article/443836550.html?1479032006

  • パワースポットめぐりズーム!

    http://www.sato-yama.xyz/article/443597084.html もしよかったら、URLをクリックまたはタッチしてみてください。 10月下旬から11月中旬にかけては、菊まつりが行われますよ。

  • 篠崎浅間神社

    東京都江戸川区上篠崎1-22-31 篠崎浅間神社 にお参りしてきました。 天慶元年(938)5月15日に創建された江戸川区内でもっとも古い神社であり、承平2年(932)に下総国弥山からこの地に移住してきた弥山左那比神人(ややまさなひしんと)が初代宮司として仕えました。 当社には、村上天皇の御守剣、後花園天皇の連歌、熾仁親王の神額、三條内大臣藤原朝臣の神額、犬養毅の額などが奉納されています。 毎年6

  • 黒船稲荷神社

    東京都江東区牡丹1丁目12-9 黒船稲荷神社にお参りしてきました。 応徳3年(1087年)に浅草黒船町(現在の藏前)に創建され、享保17年(1733年)、当地へ遷座しました。 四世鶴屋南北宅跡で、御祭神は宇迦魂命(ウカノミタマ)である。 四世鶴屋南北の狂言作品は『天竺徳兵衛韓話』『心謎解色糸』『謎帯一寸徳兵衛』『東海道四谷怪談』など。 宇迦魂命は、日本神話に登場する神で、『古事記』では宇迦之御魂神

  • 上一色天祖神社

    東京都江戸川区西小岩2-2-8 (小岩駅北口より徒歩11分) 上一色天祖神社 にお参りしてきました。 旧上一色村の鎮守で、もとは神明社と称しました。 祭神は天照大神、経津主命、武甕槌命を祀っています。 この神社では昔、盛大な裸祭りが行われていました。 天保年間(1830-1843)江戸に疫病が流行した時、病気退散のために始められたと言われています。 その様子を伝える板絵額が神社内に奉納されています

  • 西小松川天祖神社

    東京都江戸川区西小松川町1-3 西小松川天祖神社 にお参りして来ました。 旧西小松川村草創の鎮守として、明治初頭までは神明社と称していたが、明治5年11月に村社の社格に列せられる。 詳細なる創立年代は、水害の為の書類流失により不詳であるが、神職家の祖先刑部左衛門橘瀧次が仕えていた下総国千葉家より康正二丙年(1456年、室町時代)に当所に引き移り神職を務め、子孫代々奉仕し、現在に至る。 御祭神は天照

  • 永代寺

    東京都江東区富岡1-15-1 永代寺 にお参りしてきました。 高野山真言宗寺院の永代寺は、大栄山金剛神院と号します。 永代寺は寛永元年(1624)長盛法印の開山により永代島に創建、江戸時代には富岡八幡宮の別当寺、江戸六地蔵の一つとして栄えましたが、明治初年の神仏分離により廃寺となりました。 現在の永代寺は、明治29年に旧永代寺の塔頭の吉祥院が名称を引き継ぎ、再興されたといいます。 御府内八十八ヶ所

  • 洲崎神社

    東京都江東区木場6-13-13 洲崎神社 にお参りしてきました。 洲崎神社は、桂昌院(徳川五大将軍綱吉公の生母)が崇敬した江戸城中紅葉山の弁財天を、護持院(護国寺)隆力の進言により元禄13(1700)当地に遷座して創建、当地が海岸に浮かぶ弁財天であったことから、文人墨客の参詣を集めていたといいます。 明治5年に村社に列格、昭和43年い現社殿を造営しています。 また、寛政3年(1791)に押し寄せた

  • 上品寺

    東京都葛飾区東新小岩7-8-2 (新小岩北口より徒歩15分) 上品寺(じょうほんじ) にお参りしてきました。 新義真言宗の上品寺は、八幡山来迎院と号します。 閻魔堂には、座像ながら約2メートルの閻魔大王の像が安置されています。 江戸十六閻魔の一尊で、その製作手法から室町時代の作と云われています。 その昔、中川の氾濫時に、上流から流れてきたお像を村人が奉納したとも伝えられています。 江戸名所に数えら

  • 東新小岩(上平井)天祖神社

    東京都葛飾区東新小岩8-6-20 (新小岩駅の北口より徒歩15分) 東新小岩(上平井)天祖神社にお参りしてきました。 江戸時代には「皇太神宮社」「葛西神明」とも尊称されたが、明治四年に天祖神社と改称されました。 創建は鎌倉時代の源頼朝の家臣壱岐守平清重(葛西三郎)が勧請したと伝えられる。 御祭神は、大日女霎尊、天児屋根命、誉田別命で、ご利益は所願成就、出世開運など。

  • 繁栄稲荷神社

    東京都江東区木場2-18-12(地下鉄東西線木場駅徒歩3分) 繁栄稲荷神社 にお参りしてきました。 大丸百貨店の業祖である下村彦右衛門正啓が、宝暦7年(1757年)、深川木場4丁目、現在の繁栄橋のほとりに貯木場を備うる別墅を営み、その一廓に社殿を造り伏見稲荷大社の御分霊を祀り繁栄稲荷と称したのが創祀だそうです。 その後、明治末年に大丸東京店(江戸店)の閉店と同時に木場の別墅も廃したとき、社殿は根津

  • 上小松天祖神社

    東京都葛飾区東新小岩4-23-8 (新小岩駅北口より徒歩15分) 上小松天祖神社 にお参りしてきました。 正福寺(東京都葛飾区東新小岩4-8-4)法印権大僧都永盛が寛文6年に創建、旧上小松村の鎮守として奉祀したといいます。 御祭神は天照皇太神で、御利益は家内安全、病気平癒、開運厄除、学業成就など。 尚、東京都葛飾区東新小岩8-6-20にある天祖神社は、東新小岩天祖神社と称し区別している。

  • 富岡八幡宮

    東京都江東区富岡1-20-3 (地下鉄門前仲町駅すぐ) 富岡八幡宮 にお参りしてきました。 富岡八幡宮は寛永4年(1627年)、当時永代島と呼ばれていた現在地に御神託により創建されました。 周辺の砂州一帯を埋め立て、社地と氏子の居住地を開き、総じて六万五百八坪の社有地を得ました。 世に「深川の八幡様」と親しまれ、今も昔も変わらぬ信仰を集める「江戸最大の八幡様」です。 御祭神は応神天皇(誉田別命)で

  • 深川不動尊

    東京都江東区富岡1-17-13 (地下鉄門前仲町駅すぐ) 成田山東京別院深川不動堂 にお参りしてきました。 深川不動堂は、千葉県成田市にある大本山成田山新勝寺の東京別院です。 古くより「深川のお不動様」と親しまれ、その開創は元禄16年と伝わり、成田山の御本尊を江戸に奉持し特別拝観したことに始まる。 この御尊像は、弘法大師自らが敬刻開眼されたと言われており、現在深川不動堂で奉祀する御本尊はその御分霊

1 2