• 東新小岩(上平井)天祖神社 東新小岩(上平井)天祖神社

    東京都葛飾区東新小岩8-6-20 (新小岩駅の北口より徒歩15分) 東新小岩(上平井)天祖神社にお参りしてきました。 江戸時代には「皇太神宮社」「葛西神明」とも尊称されたが、明治四年に天祖神社と改称されました。 創建は鎌倉時代の源頼朝の家臣壱岐守平清重(葛西三郎)が勧請したと伝えられる。 御祭神は、大日女霎尊、天児屋根命、誉田別命で、ご利益は所願成就、出世開運など。

  • 繁栄稲荷神社 繁栄稲荷神社

    東京都江東区木場2-18-12(地下鉄東西線木場駅徒歩3分) 繁栄稲荷神社 にお参りしてきました。 大丸百貨店の業祖である下村彦右衛門正啓が、宝暦7年(1757年)、深川木場4丁目、現在の繁栄橋のほとりに貯木場を備うる別墅を営み、その一廓に社殿を造り伏見稲荷大社の御分霊を祀り繁栄稲荷と称したのが創祀だそうです。 その後、明治末年に大丸東京店(江戸店)の閉店と同時に木場の別墅も廃したとき、社殿は根津

  • 上小松天祖神社 上小松天祖神社

    東京都葛飾区東新小岩4-23-8 (新小岩駅北口より徒歩15分) 上小松天祖神社 にお参りしてきました。 正福寺(東京都葛飾区東新小岩4-8-4)法印権大僧都永盛が寛文6年に創建、旧上小松村の鎮守として奉祀したといいます。 御祭神は天照皇太神で、御利益は家内安全、病気平癒、開運厄除、学業成就など。 尚、東京都葛飾区東新小岩8-6-20にある天祖神社は、東新小岩天祖神社と称し区別している。

  • 富岡八幡宮 富岡八幡宮

    東京都江東区富岡1-20-3 (地下鉄門前仲町駅すぐ) 富岡八幡宮 にお参りしてきました。 富岡八幡宮は寛永4年(1627年)、当時永代島と呼ばれていた現在地に御神託により創建されました。 周辺の砂州一帯を埋め立て、社地と氏子の居住地を開き、総じて六万五百八坪の社有地を得ました。 世に「深川の八幡様」と親しまれ、今も昔も変わらぬ信仰を集める「江戸最大の八幡様」です。 御祭神は応神天皇(誉田別命)で

  • 深川不動尊 深川不動尊

    東京都江東区富岡1-17-13 (地下鉄門前仲町駅すぐ) 成田山東京別院深川不動堂 にお参りしてきました。 深川不動堂は、千葉県成田市にある大本山成田山新勝寺の東京別院です。 古くより「深川のお不動様」と親しまれ、その開創は元禄16年と伝わり、成田山の御本尊を江戸に奉持し特別拝観したことに始まる。 この御尊像は、弘法大師自らが敬刻開眼されたと言われており、現在深川不動堂で奉祀する御本尊はその御分霊

  • 平井聖天 燈明寺 平井聖天 燈明寺

    東京都江戸川区平井6-17-30 (平井駅北口より徒歩6分) 平井聖天 燈明寺 にお参りしてきました。 本尊は弘法大師一刀三礼の一寸三分(3.6センチ)の不動明王を御内佛とした一丈三尺(3メートルあまり)の大不動明王を安置して世に出世不動として数々の尊信者を受けている。 関東三聖天(埼玉県妻沼聖天、江戸浅草待乳山聖天)の一つとして知られる墨東屈指の名刹で、南葛八十八ヶ所霊場51番、65番札所である

  • 西新井大師 西新井大師

    東京都足立区西新井1-15-1 西新井大師 總持寺 (五智山遍照院總持寺) にお参りしてきました。 天長3年(826年)、弘法大師の創建と伝わる真言宗豊山派の寺院、五智山遍照院総持寺で、「関東三大師」の一つである。 800年代、悪疫流行になやむ村人を救おうと祈祷を行ったところ、枯れ井戸から清らかな水が湧き病がたちどころに平癒されたという伝説があります。 その井戸がお堂の西側にあったことから「西新井

  • 新井薬師 新井薬師

    東京都中野区新井5-3-5 新井薬師 梅照院 (新井山梅照院薬王寺) にお参りしてきました。 梅照院(ばいしょういん)のご本尊は、薬師如来(表側)と如意輪観音(裏側)の二仏一体で、高さ一寸六分(約5.5㎝)のご尊像です。 鎌倉時代に活躍した武将、新田家ゆかりの守護仏であったと伝えられております。 御利益は、厄除け、病気平癒です。 参詣時間:午前9時~午後5時 アクセス : 西武新宿線 新井薬師前駅