• ちびウパ

    産まれたウパ達を知人や友人に譲って、我が家では5匹育てる事に致しました。 偽善かも知れませんが、生き物を選別するのが嫌なので、必然的に貰い手の無かった5匹です。そのなかに、白ベースに金のラメラメさんが三匹おります。 どんな色になるのかとても興味深いです。 先日セットした水槽に住んでもらいます。 広すぎて餌を上手く食べられるか心配で御座います。 様子を見て、もしかしたら狭い水槽に移すかも知れません。

  • ちびウパと、ミスザリと、キューピー!

    さて、唐突ですが、ウーパールーパーのチビッ子達に前足が生えてきたので御座います。 解り難いのですが……爪楊枝の先っちょ程の(笑)前足がちゃんと生えているのです! 皆同じに見えていたのに、色や模様が其々違っていたり、ノンビリ屋さんや慌てん坊さんがいたり、個性が出てきました。 白っぽい個体↓ 黒っぽい個体↓ どんな模様になるのか楽しみで御座います。 確率は非常に低いらしいのですが、ダルメシアン等も稀に

  • 今日の生き物達

    ↓ネコザメみたいなファンシーペコルティアさん ↓やっぱり食卵してしまったトリファスキアータのメスちゃん ↓最近性別が何となく分かるようになってきたビタエニアータさん ↓意外と顔が厳ついワイツマニーさん ↓餌待ちなバエンスヒさん ↓空気呼吸が出来るのを良いことに、隙有らば水槽から出ようとするスネークヘッドさん達 ↓いつも餌が投下される場所から離れられないブラックネオンテトラさん達 ↓スマホに興味津々

  • 来る日のために…

    さて、今日は徐に底面フィルターを使って、水槽を立ち上げてみました。 と、申しますのも… ↑現在、ウーパールーパーのオタマジャクシ達は取り敢えずなプラケにて生活しております…。 里親さんも数人決まり、我が家では1匹か2匹程育ててみるつもりでおりますから… その為に、今から水槽をセットして、水を作っておこうと考えた次第で御座います。 無理矢理感が否めない"THE、縦置き!" こうして、置いてみますと、

  • 稚ウパとボルケーノと…おい!またか‼

    餌となる茶ゴケが豊富な水槽へと、引っ越しを考えていたボルケーノオトシンしかし引っ越し先となる水槽は、農薬着きの水草を入れてしまった事から見送っておりました。↑汚染が懸念されるemergency水槽。 残留薬物が有るか否か、確かめるために薬物に敏感なミナミヌマエビ隊長を派遣したのですが……その後の連絡が途絶えてしまいました。 殉職後、スネールの餌食となってしまったか解りません。 解らな過ぎるので、ボ

  • ウパ産卵から16日目ー孵化ー

    やっと孵化しました。 思い起こせばあの日にも、本日と同じく少し暖かくなってきた陽気の話をあちこちで聞き、蕗の薹が芽吹くのを見て、何かを買いに熱帯魚屋へ行ったのでした。 そこで出会ったのです。 2017年3月に初めてウーパールーパーの飼育を始めました。 以下はその軌跡です。 人生初ウパのマーブル↓ 手から餌を食べるだろうか?とか、どんな水が好みなのかな?とか、ワクワクしながら毎日観察を続けました。

  • ウパ産卵から15日目

    鰓と目がハッキリ確認出来るようになりました。両生類の繁殖は初めてなのですが。 卵生なのに魚と違ってヨークサックがついてないのですね。 ということは孵化した直後から餌を食べるのでしょうか。 ブルーとマーブルの掛け合わせなのですが、シマシマのと白いのと黒っぽいのが居るみたいです。 そろそろ孵化しそうな気がします。

  • ウーパールーパーの卵、7日目

    なんか変形? 胎児っぽく見えます。 ドキドキわくわく。

  • ウーパールーパーの卵

    産卵から5日目。 先ずは初日の卵↓ そして今日、5日目の卵は↓ 解りますでしょうか。 雑なスケッチで申し訳無い。 つまり、細胞分裂!! 素敵です。

  • 始めまして

    今日から始めます。 ウーパールーパーが産卵したので、これ切っ掛けでアクアリウムに関する出来事などで勝手に盛り上がっていきたいと思います。 現在の卵まみれ…、卵だくな60㎝ワイド水槽です。 マーブルのオス一匹と、マーブルのメス一匹、ブルーのメス一匹。 去年の3月に4㎝位から飼い始めました。 約一年で ↑こんな感じです。 2/10に産卵。 ウパをベアタンクで飼う人が多い理由が解りました。実感しました。

  • 一旦ウーパールーパーブログを休止します。

    どうも、こんばんは! ウーパールーパーのご飯の養殖を始めてから、7週間が経過しました。 とりあえず、根本的な環境作りは終わったかなと感じます。 今後の目標は、増設等を行い賄えるだけの量を生産できるようにする事です。 ということで、ネタ切れという理由ではないのですが、 ウーパールーパーブログという事でやっておりましたので、 主人公のウーパールーパーが全く登場しない内容が続くのもどうかな?と思いますの

  • ウーパールーパーのご飯を育ててみる(6週目)

    どうも、こんばんは! 今週は、メダカが届きました! 当初は水曜日に届く予定だったのですが、 実際は土曜日に届きましたので、昨日からの開始になります。 早速、グリーンウォーターにした水槽で養殖を始めました。 (うぱさんが使用していた60cm水槽です) 生きた緑藻のクロレラを使用していますので、水槽全体が緑色になります。 水槽上部からは、ほとんどメダカの姿が確認できません。 この生きたクロレラは、メダ

  • ウーパールーパーのご飯を育ててみる(5週目)

    どうも、こんばんは! だいぶ寒くなってきましたね! 今のところ稼働中の全ての水槽で水槽用ヒーターを使用しているのですが、 とても温かくて気持ち良さそう! ミナミヌマエビのエビ達も、水温が温かいためか、 連日水槽内を泳ぎまわったり食事をしている姿を頻繁に見れるようになりました。 今週は、ミジンコの養殖が順調に進んでおりますので、メダカを注文しました。 水曜日に黒メダカが50匹来る予定です。 また、先

  • ウーパールーパーのご飯を育ててみる(4週目)

    どうも、こんばんは! 活き餌の繁殖を始めてから、4週間目になりました。 繁殖の進捗は、用意した11本のペットボトルが足りなくなるほど、 ゾウリムシとミジンコが増えました! ということで、そろそろメダカを始めたいと思いますが、 メダカってこんなに沢山の種類が居たんですね・・・! 手始めに、ウーパールーパー用のメダカ。という感じで検索を試みてみましたが、 専用のメダカは見つかりませんでした。 よって、

  • ウーパールーパーのご飯を育ててみる(3週目)

    どうも、こんばんは! このタイトルで、早くも3週間目を迎えました。 進捗は、視覚的に良く分からないので何とも言えない状態です。 水温が低すぎるのが原因なのか、 ゾウリムシも玉ミジンコも、ほとんど増えていない気がします(ノω=;) 玉ミジンコのほうは、活動中なのを確認できるのですが、数は良く分からず。 (大繁殖しているようには見えない) ゾウリムシのほうも小さすぎるためか良く分からず、なんとも喜べな

  • ウーパールーパーのご飯を育ててみる(2週目)

    どうも、こんばんは! ゾウリムシと玉ミジンコを育て始めて、2週間目になりました。 まず、ゾウリムシのほうは、このような環境で育てています。 今のところ、目に見えて大繁殖しているようには見えません。 光を当てて見ると、とても小さな動いている物体を確認できます。 写真で撮ってみようかと試みてみましたが、こんな感じなので諦めました(ノω=;) ゾウリムシのご飯を調べてみると、お米のとぎ汁や豆乳でやられて

  • ウーパールーパーのご飯を育ててみる(1週目)

    どうも、こんばんは! 今回は、数ヵ月後に新しいウーパールーパーを迎えるにあたり、 環境作りを始めました。 今回行った主な内容 ☆メダカを迎えるための環境作りとして、 ・水槽の環境作り ・玉ミジンコ繁殖の環境作り ・ゾウリムシ繁殖の環境作り です メダカ水槽の環境作りの一つとして、ウィローモスマットを導入しました。 今後の予定としては、育ったウィローモスを間引いて、 別途購入したウィローモス用のマッ

  • ウーパールーパーのご飯を育ててみる(計画)

    どうも、こんばんは! 昨日は、育てていた最後のウーパールーパー(うぱよん)を死なせてしまい、 思いっきり悲しんだ後に、思いっきりリフレッシュして、色々と考えました。 やはり、すぐにでもウーパールーパーを育てたい! でも、同じ育て方をした場合には、きっとまた2年以内に拒食症になってしまうだろう。 死んでしまった子達が遺してくれた情報を整理してみる・・・。 自分なりに情報を整理した結果、やはり食事内容

  • 【閲覧注意】死因(拒食)について考えてみる

    ※この記事は、僕が育てていたウーパールーパーの拒食について考えてみる記事になります。僕と同じ事を続けた場合には、拒食が発症するリクスが高くなるかと思います。 また、拒食の症状が現れたウーパールーパーは、およそ1週間から4週間以内に死亡してしまいますので、ウーパールーパーを守る参考にして下さい。 主に、下記の方々向けの記事になりますが、僕が記録したウーパールーパーの死後の写真が掲載されますので、苦手

  • うぱよんが亡くなりました。

    つい先程、うぱよんが亡くなりました。 2017年11月4日、16時05分頃になります。 うぱよんは、2016年の6月4日に、神奈川県から僕の家にやってきてくれてました。 こちらは、2016年6月4日の写真で、水合わせ中のうぱよん。 今週に入り、ぱくぱくと食べてくれていた冷凍ブラインシュリンプも、 拒食するようになってしまいました。 しかし、うぱよんの身体は透けていましたので、腸に食べ物が入っている

1 2 3