• WWコンテスト結果

    CQ WW DXコンテストの結果を注視したら、このWW(World Wide)コンテストの昨年の結果で成果が発表されていることが分かった。参加部門でJA0エリアで上位になると入賞となり、PDFにて賞状が発行されることが分かった。 以下が、過去の賞状である。 (1)CQ WW DXコンテスト SSB 2016年 40mバンド(7MHz)個人のローパワー部門 JA0エリア1位、JA2位、アジア5位 (

  • TS-480HXの故障

    3.541MHzで8エリアの局とQSO中、突然、電波が止まった。何が起こったかまったくわからない。いろいろと調べたがまったく電波が出なくなった。TS-480HXを購入後、2度目の故障?再び、メーカーのサービスに送ることとなった。これで、しばらく、IC-7000(50W)に変更して運用をしなければならなくなった。QRP運用も含めて、このIC-7000を主力として使っていくことになる。 久しぶりに、I

  • CQ WW DX Contest 2017 CW

    11月25日~26日に行われたCQ WW DXコンテストのCW部門に参加した。今年のコンテストは、昨年同様に良いコンデションに恵まれ、多くの局とQSOが出来た。前回のPhone部門に比べて、7MHzでの北米局が多く入感した。また、11月ということもあり、Phone部門で良かったハイバンドに比べ、ローバンドが良かった。 今年は、昨年の末に200WにQROしたことから、High Power部門での参加

  • CQ SS?

    11月5日、夜23時頃、7MHzのバンド内には、CWで多くの北米局が出ていた。私が知る限り、メジャーなコンテストを除き、一番多く出ており、且つ、コンテスト局のような強い信号で出ているのではなかった。周波数は、7.025~7.055MHz付近に散らばってQRVされており、北米局がそれぞれ、"CQ SS"と打って、QRVされているのは壮観であった。 これは何のコンテスト?と思い調べたところ、ARRLが

  • コンデションが悪い時の無線の楽しみ方

    CQ WW DXコンテストが終わり、バンド内を見ると、不思議なほどにコンデションが悪い。まるで、コンテストに合わせてコンデションを誰かが調整しているぐらいに。こんなときには、どのようにするのか、私のケースを紹介する。 最近の行動は以下の通り: 7MHzのSSBでの国内コンデションを把握する。 18MHz,21MHzを聞いて、SSBで国内コンデションを確認する。 IBP Beaconを使って、14M

  • CQ WW DX CONTEST

    10月第4週はWW DX CONTESTの日である。今年も、昨年に引き続き、Phone部門に参加した。本当は、少し出てやめる予定であった。10月28日9時から14MHzで幾局ばかりの北米局相手にQSOをしたまでであった。しかし、10月29日の朝5時半に目覚めてしまい、仕方が無いので、シャックに出向き、7MHzのSSBを覗いた。少し、EU各局が多く聞こえていた。昨年は、100W機ではなく50W機でS

  • 第29回電信電話記念日コンテスト

    通常のコンテストは、休日、週末か祝日に行われる。この電信電話記念日コンテストは10月23日に実施されるようだ。それは、1869年10月23日に東京・横浜間の電信線架設工事の着手日で記念日として決められたようだ。 私はそれを全く知らず、帰宅後、台風が通過後にタワーをアップし、ローテータの回転やアンテナのSWR値などを確認し、いろいろなバンドで正常かをみることを考えていた。最近、コミニュケーションツー

  • 第38回全市全郡コンテスト

    今年も全市全郡コンテストに参加できた。10月8日は、午前、午後共に用事が入っており、QRVする時間が制限を受けているため、出来るだけ多くの局とQSOすることを望み、7MHzの電信電話での参加となった。200Wのため、Hクラスということになった。 結果は、2時間半の参加、全141局のみにとどまった。そのうち、CWが101局、SSBは残りとなる。 SSBは効率がやはり悪く、混信も多い中、一発でQSOに

  • CQ WW RTTY DX Contest

    週末は、愛・地球博記念コンテストとは別に、福岡コンテスト、JLRSパーティーコンテストがあり、それも短時間ながら参加した。14MHzなどを日中に聞くと、14.100MHz以下の辺でピロピロピロローという独特な音、そう、RTTYの信号が沢山入っている。週末、DXコンテストでは、CQ WW RTTY DXコンテストが行われていた。WW RTTY WPXコンテストには以前に参加したことがあるが、DXコン

  • 愛・地球博記念コンテスト

    今年も愛・地球博記念コンテストに参加した。昨年は、電信電話部門シングルオペ7MHzバンド種目で0エリア1位となったコンテスト、全国規模のコンテストで且つ、短時間勝負のため、今年も参加した。昨年のスコアは、3264点であるので、この点数を越えることをまずは目標とした。 また、このコンテストの特徴の1つは、電信電話の場合、同一バンドでCW,SSBの両方で同じ局とのQSOが有効になる。そのため、CWやS

  • XPOコンテスト

    敬老の日は、XPOコンテストの開催日である。 今日はXYLとの約束があり、午前中は殆ど時間がとれず、午後からの参加である。昨年もこのコンテストに参加、7MHzの電信部門で42位、5652点であった。 今年は、7MHzの電信電話部門に参加した。今回は、QSOの半分がSSBで参加した。結果は213局、10650点であった。QSOの経過は以下の通り。 QSOの順番は、CWから。最初に7.010MHzから

  • フィールドデ―コンテスト

    8月5日、6日にはフィールドデーコンテストが行われたようだ。実際に、固定局免許しかない私にとっては、スコアを上げることはできず、また、逆に、もし入賞したら、このコンテストの主旨に背くような気がするので、参加することに意義あり!的な考えで参加した。それも、最大50Wという制限の中で、50Wで参加することは面白くないので、QRP5Wの電信電話で参加した。QRP5Wと電話部門の10Wでは3dBしか差がな

  • 第27回 静岡コンテストの結果

    静岡コンテストの結果が報告された。 県外局の電信電話部門のHFQRP(FHPX)で見事1位となった。ただ、このカテゴリでは参加局が4局のみというもので、その中の一番では少し悲しい響がある。実際得点が84、マルチが29、トータル2436得点であった。たのカテゴリとの比較で見ると、シングルオペ7MHzの最高得点が987なので少しは頑張ったかな〜?という感じがする。 同カテゴリの過去のレコードは更新した

  • IARU HFチャンピオンシップ

    7月8日夜から少しだけ参加しているIARU HFチャンピオンシップ、昨晩は7MHzで主に北米中心に25局とQSOした。High Power部門に出るのがしんどいので、150Wに出力を絞って、Low Power部門での参加。でも、スコアは伸びないので、入賞などはまったく考えていない。 7月9日朝も、7時頃と遅いQRV、すでに7MHzは死んでいるので、14MHzにQRV。殆どが聞こえなくなっている上、

  • インターペットに行ったなら

    今日(3月31日)から3日間、東京ビッグサイトでは一般の人が入場できる「インターペット」が開催されています。 行かれる方、いらっしゃいますか? もし行かれたら、「ぐらんわん!」のブースをぜひ訪ねてみてください。(右端奥のフードコートの手前にあるそうです!) 歴代ぐらんわん!表紙コンテスト開催中です。 そして、ぜひ、わが家のみょうちゃん、もしくは雛ねーさんに一票お願いします!上位入賞表紙は、来年の1

  • カブカフェ京都

    今日は朝の5時に 四日市の二輪館を出発して 京都の会場に到着をしたのは 午前9時でした。 帰りは午後2時45分に会場を出発して午後6時には家に到着しました。 だいたい京都から四日市までカブで3時間でした。 早い。

  • ガンプラexpo

    先日秋葉原で開かれたガンプラexpoを見にってきました。土曜ということもあってか、お昼ごろに到着したら行列ができており、入場するまで30~40分ほどかかりました。展示は今までガンプラのラインナップや、近日発売の商品のほかに、コンテストの展示と一般投票の受付も行われていました。この記事に貼ってある画像はすべてコンテストに出ていたもので本当はもっと撮影したかったのですが、人が多すぎでうまく撮影できなか