• ヲタクに恋は難しい①/ふじた

    こんにちは。日曜日に撮りためた朝ドラを一気に楽しむ紅緒です。毎週月曜日の気分の浮き沈みが、先週のまれの結末によって決まります。ダイキチさんとくっつけよ... 「ヲタクに恋は難しい①」 可愛い〜!電子広告版でチラッと読んで、気になったもんで、本屋で探したけど無くて、Amazonも時間かかりそうで、丸善ジュンク堂のネット販売で手に入れました!Pixivで読めるやつらしいです。 大きいサイズの本になりま

  • やらねばならぬときがある

    ずぅぅぅん あっどうも、紅緒です。 7月に入ったら、手元にある漫画を一旦封印するという契約を自らに課していたので、その下準備として、今日は書斎のBLと青年漫画をダンボールと透明ボックスに収納いたしました。非常にスッキリでございます。...泣けてきた! 7月から秋ぐらいまで、ちょっと根気のいる時期なので、そのときまでさよなら!書斎は特に紅緒の作業場なので、そこに目に毒な誘惑があるとダメなんですよね。

  • 新しい本にコーヒーをこぼしてしまってとても悲しい

    悲しみに暮れる紅緒です.... スタバにて、小説を読みながらコーヒーを飲んでたら、気づいたら本にだいぶかかっていました。週末に買ったばっかりだったから、カバーついてたんで幾分マシだったけれど、本を立てて上から見たところに大きくシミができてしまった...。悲しい! しかもですね、コーヒーが溢れた瞬間、紅緒は非常に動揺していたが、あくまでクールに振る舞おうと混乱し、クールを装い過ぎて、対応が遅れてしま

  • ドラマ「ボクの妻と結婚してください」がやばかった!

    本でも漫画でもない、ドラマの感想です。 先ほど、うっちゃん主演のNHKドラマ「ボクの妻と結婚してください」最終話を観ました。母弟と共に観てたのですが、3人とも目から鼻から液体出まくりでした...。こんなに泣いたドラマは初めてです....。 途中からはもう、三村修司を自分の父親みたいに感じてきて、三村修司の明るい優しさに周りのみんなが一緒になってバカやって、みんなで笑う終わり方。こんな風に死ねたらい

  • 帯は絶対捨てない派です(タイトルに意味はない)

    紅緒久々に何にも読まない1日でした。従って、一切の感想なし!つまらぬ! それにしても今日は忙し過ぎた... ところであんまり読む時間が無い日は、何故か無性に本棚整理をしてしまう紅緒。時間ないっちゅーに! 今日も、先週までの並びを大幅に変えて、はースッキリ。しかも今回は、お蔵入り(不透明箱と段ボール入り)してた本と漫画たちを引っ張り出して、現在書斎に並ぶ本と漫画と比較検討し、選ばれし精鋭隊になりまし

  • 藤川球児

    球児 TVで右肘完治とNPB復帰の可能性を激白 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150601-00000100-dal-base 藤川はとても好きな選手です。 入団からしばらく芽が出ませんでしたが、清原にどやされたあたりから急速に台頭してきました。 頼まれれば、自分の状態がどうであれマウンドに立つ男意気が好きでした。 日本の最後の年だったかな、シーズン終盤で

  • 一生手元に置いておきたい小説

    心震える本に出会えるのは、奇跡みたいなものです。 今日は一生手元に置いて離さないぞと心に決めてる本を紹介します。 まずは小説編! 「黄色い目の魚」佐藤多佳子 それまで読んでた恋愛小説をはるかに凌駕する面白さだった!そして、大人な恋愛に触れた気がした小学生でした。何度読んだか分かりません。10回以上読み直してます。未だにこれ以上の恋愛小説に巡り合ってない(単に恋愛小説を読まないからかも) BLでよけ

  • そうだ、ランキングしよう①

    今日もヘロヘロだけど漫画読んで元気になったから寝るまでの時間で、思いついたことをやってみようと思う。 ランキングしてみるよ! 一口にランキングといっても、いろいろあるよね! どの切り口で行こうかと悩んでたんだけど、今回は、紅緒が持ってる中で絵が美しい漫画をランキングしてみたい。パートは3つに分けます。 パート1は、表紙の美しさ パート2は、絵柄の丁寧な美しさ パート3は、ストーリーの美しさ 今日は

  • 江川還暦スペシャル

    日本テレビ「Going」江川還暦スペシャル 高校、大学、プロのすべてのフィールドで抜群の実績を上げているのは江川くらいではないだろうか。 長嶋は高校時代は無名だし、王、KK、松井、松坂、ダルビッシュ、田中は大学に進んでいない。 ハンカチ王子にいたっては論ずるまでもない。 まあ入団直後の江川はチーム内でもかなり肩身が狭かったようで、あの王さんでさえ食事中の江川に向かって「おい、いやなやつが飯食ってる

  • Heavenly Homesick/京山あつき ほか

    今日も元気に漫画ライフを送ってます。 暑くて溶けそうな紅緒です。 今日はですね、 先日いろいろ注文してたやつが積んだままになってたのに気がついて、急いで読んだBLを2つ紹介します。 それから、近くの本屋Cが大進化を遂げていたので、この喜びと興奮を最後の方に添えておきます。あと、今日の戦利品も。 本日読んだBLはレベル高かったです! 「Heavenly Homesick」と、「Powder snow

  • 息子の顔色変わる~ブログ終了まであと1週間となりました

    さて、今日は軽い話です。 GW中帰省していた息子の顔色が変わる出来事がありました。 家内がこう言ったのです。 「○○、部屋にある漫画だけど、1つか2つ全巻セットを児童館に寄付しない?」 ボクの横に座っていた息子の顔がみるみる変わりました。 息子がこんなに顔色を変えたのを初めて見ました。 疲れたあ、という顔は見たことがありますが、「自分の意に沿わない。」といった顔をすることはないのです。 それでも息

  • 学習起爆スイッチ本and漫画

    最近漫画も本もBLばかり読んでる気がする紅緒です。勉強やリアル生活が忙しくなると、腐れスイッチが入りやすくなるっぽい。BLだけが好きなわけじゃないのよ!でも、ストレスたまると、ねー。 今も、そして多分これからも学問を続けていくであろう道に進んでいる紅緒ですが、常時勉強のやる気を保てるわけではありません。スピードが落ちたり、逃避したり、落ち込んだりいろいろです。そういうときに限って、面白い漫画・本に

  • 角川文庫の魚住くんシリーズが完結するってよ

    ...だそうですよ! e-honのメルマガでお知らせされちゃったよ。 予約出来ますよ〜って振りかざしてきたよ。 ふん、人気作なんだから書店ですぐにでも買えるよ ふんふん。 って思ってたのに、気づいたら予約していたーーーっ!だって榎田ユウリさんだからさー! メッセージ 魚住くんシリーズ (3) (角川文庫) posted with amazlet at 15.05.22 榎田 ユウリ KADOKAW

  • 紅緒の漫画道②〜という名の雑談〜

    今日はリアルが充実し過ぎてて、なーんにも読んでないけど、紅緒を漫画の世界に引きずり込んだ巨匠及び作品を紹介したいと思う。唐突だな! 紅緒のはじめての漫画体験は、漫画の神様手塚治虫でした。かの有名な、ブラックジャック!文庫で12冊のやつです。初めて読んだときの感動と胸の痛みと興奮が忘れられない...!手塚ヒューマニズムは、何度読み直しても考えさせられるよね。紅緒の原点であります。人面瘡の話が異様に怖

  • 二次元で三次元を強く生きる方法

    オタクになっていつも疑問に思うのは、 オタクじゃない人たちは何を楽しみに生きているんだろう…です。(すごい失礼) なぜ、そんな思考に至ったのかと言いますと、 私は常に人生を二次元中心で考えているからです(゜-゜) 例えば、本当に疲れまくってもう足が動かないってとき! 「黒バスの火神も試合のでもう足が動かないってときでも頑張って飛んでたな…私ももう少し頑張ろう」だったり、 一人暮らしで周りは知らない

  • 初めまして

    初めまして、私、こんどらと申します。 ピチピチの新社会人でございます。 田舎で学生していた私が、4月から都会で社会人! あまりの環境の変化にオタク生活は加速するばかりでしたので、 このことを記録しようとブログを始めることにしましたよー 軽く私のお話です。 オタクというのは二次元のお話です。 オタク歴で言いますと、7年目ってところです。 小さい頃から、なかよし・ちゃお・りぼんの月刊少女漫画三刀流とい

  • 雑記事~忙しい人は覗かないで下さい

    本日は受験と無関係な雑記事を書きます。世間はGW真っ盛りですね。ボクは28日に遠方出張があったのですが、息子がいなくなった今、ボクがいないと家内がひとりぼっちになるので、一緒に泊まりの出張に出掛けました。29日は完全にオフでしたので、2人でゆっくりと旅先で過ごしました。と言っても、ボクは結構仕事人間ですので、30日~3日までは仕事をして、3日の夜は仲間たちと飲み明かします。4~6日はGWらしく、息

  • というわけで自己紹介。

    どうも、ぼくです。みのるです。ブログを開設し、まず記事1つ上げたのはいいのですが、なにせ、自己紹介をしなければ話は始まりませんね。というわけで自己紹介です。ぼくの名前はこのブログ上では「みのる」と名乗っておきましょう。個人情報や、プライバシーなどが騒がれる世の中ですから、簡単に自分の本名を名乗るわけにはいきませんからね。そして、ぼくはFTMです。詳しく書くと、「FamaleToMale」というもの

  • どうも、ぼくです。みのるです。最初のご挨拶。

    やあどうも、ぼくです。みのると申します。ブログをはじめようと思います。何せはじめてなことが多いものですから、書き出しの文もへなちょこです。ああでも、こんなへなちょこな文で、コイツのブログは取っ付きにくいぞ…と思わないでくださいね?だれでも初めてはこんなものです。そう、Twitterだってそう。だから慣れるまで気長にお付き合いください。みのる

  • 腐女子心を奮わせる漫画たち

    今日は二次元のイケメンたちの雰囲気がステキ〜な漫画を紹介する。...というのも、春、新生活が始まって多忙な中、漫画を読む暇がなくて心が弱まっているからだ!弱まっているからこそ、心の潤いを投入しよう!エネルギーがないときはエロスを読む気にもなれない...。しかし、萌えのスイッチを押してほしい。そんなときこそ!の作品群である!ただし個人差があるのは承知の上です。紅緒的オアシスです。 あさのあつこの小説

1 ... 22 23 24 25 26