念仏のムラゴンブログ

  • 「今年の秋」正宗白鳥 中公文庫

    日本近代の自然主義小説家正宗白鳥の最晩年の短篇集です。どの編も枯れ切った、宗教的な雰囲気さえ漂う名篇になっています。白鳥の文章は、味も素っ気もないもので、まるで活字そのものを読んでいるような気にさせられますが、そのために作品の純度は非常な高さに達するものがあります。白鳥は、若い頃キリスト教に入信しましたが、「教えを捨てる者は地獄に落ちる。」とその宗教の頑なな性格に反発し、棄教した経歴があります。白

  • 【無量光寺参拝記 決定版!】おすすめ無量光寺ブログ記事一覧 無量光寺や踊り念仏の写真たくさん有♪♪

    無量光寺(むりょうこうじ)へ行く前にぜひ僕・村内伸弘が写真をたくさん撮り、心込めて書き上げた無量光寺参拝記(無量光寺ブログ集)をご覧ください。そして無量光寺にお参りし、踊り念仏にふれてみてください。 時宗・無量光寺の踊り念仏 無量光寺はすばらしい! 無量光寺はうつくしい!! ▼無量光寺参拝 - 平成28年10月 一遍上人の「踊り念仏」を生鑑賞 - 神奈川県相模原市・無量光寺 一遍上人ゆかりの寺・無

  • 柳宗悦 晩年の最高傑作「南無阿弥陀仏」を読み、浄土思想=他力道を学ぶ。

    柳宗悦(やなぎ むねよし)の超おすすめ本 - 法然→親鸞→一遍をたどる仏教入門書! 南無阿弥陀仏 付心偈  柳宗悦  岩波文庫 青169-4 南無阿弥陀仏という六字の名号が意味するものを説き明かしつつ、 浄土思想=他力道を民藝美学の基盤として把え直した書。 なかでも、日本における浄土思想の系譜を法然 - 親鸞 - 一遍とたどり、 一遍上人をその到達点として歴史的に位置づけた点は注目される。 柳宗悦