• オールド ストロングシティ

    カンザスで私の一番好きな市はSTRONG CITY. 強い市とでも訳せるのかな?どうしてそういう地名がついたのかはわかりませんが、ここはFLINT HILLSの代表的な景色だと私は独断で思ってます。原っぱが続く続く、それもとても広大な規模で。他のFLINT HILLSのエリアと違い、ここにはあまり人工的なものが道路わきとかにありません。 ただ、その原っぱを抜けてドライブしていくと到着するのがSTR

  • 紫の夕焼け

    紫の夕焼けと言いたいところですが、実はこれはパナソニックLUMIX G5の"ROMANTIC SUNSET GLOW"というフィルター効果を利用した夕焼けの写真。日本ではやはりルミックスG5として売ってるのでしょうか? あとフィルター効果の名前も違うのかな? 3年以上前に感謝祭(サンクスギビング)あとのスーパーセールで買って以来愛用してるミラーレスカメラです。今はキャノンの6Dとこれ。場合によって

  • ブルーへロン(青鶴)とカンザス

    青鶴っていう日本語があってるかどうかはわかりませんが、カンザスには鶴がいっぱいいます。ほとんどはあんまり優雅な姿ではない鶴が多い中、時々ものすごく綺麗な青い鶴がいます。朝方に近くの公園にいることが多く、周りのかもやアヒルの近くでたたづんで魚の通るチャンスを待ってます。 鶴は本当にスロモ。一歩一歩に5秒ぐらいかけてるんじゃないかと思うぐらいゆっくり歩きます。ただ魚が近くに来たときの速さはすごい。で、

  • 星空と犬

    私の写真はもっぱらカンザスの風景が多いですが、次に多いのが動物の写真です。うちの犬たちは(わたしにとっては犬ではないんですが)、よくいいモデルになってくれます。人間を撮るときもそうですが、ポーズをとってもらうのは好きではありません。動物も人間も自然体の笑顔が一番素敵。だからペットポートレートもポートレートも時間をかけて話を聞いて相手をリラックスさせてから撮ります。 この写真はお散歩の終わりかけ、段

  • ゴールデンな草原

    私は犬の散歩でよく他の人たちが入らないようなところへ行きます。まーそれで夏なんかはダニだらけになったこともありましたが、夕焼けが一番きれいな秋と冬はその心配がないのでよく草っぱらの真ん中に入ります。犬たちが入って行きたがるからっていうのも一つの理由ですが、もう一つはこの草っぱらが夕焼けの太陽の光を通してとっても美しいこと。もっぱら写真を真剣にとるようになってからは、とりつかれたようにキャノンの5D

  • カンザスの雲ー波雲

    カンザスの秋と冬の雲はとても独特です。この辺は空気も汚染されておらず空に透明感があります。この写真は冬、少し雪が降った後に犬の散歩に行った時に撮りました。うちの犬たちは私の写真アシスタント。普通の人たちが歩かないところを歩くから、いろんなものを犬の視点から見たりして新鮮です。 この日の雲はなんと波波模様。それがWALNUT RIVERに映ってまるで鏡のよう。波波の雲はよくあるんですが、この日の雲が

  • ペリカンとカンザス

    ペリカン? カンザスに? 最初にペリカンを見たときは目を疑いました。どう考えたってペリカンはここにはフィットしない。。。 でも彼らは冬は南へ、そして夏は北へと移動する途中カンザスに立ち寄るということを知りました。 これらのペリカンはアメリカンホワイトペリカン。彼らはメキシコとアメリカ北部をいったりきたりします。で、ラッキーなことにうちの地域の真上を飛んでいきます。 これは隣の市の小さな湖がある(そ

  • Lightning - 稲妻!

    前回はストームのことを書いたので、今回の写真は稲妻の写真。(稲妻って漢字これでいいのだろうか?)この写真はなんと5年前のもの。カメラは今の一眼レフではなく普通のポイントアンドシュートのニコン。 写真家のプロたちはよく稲妻メーターとやらを使っているそうで、私もそれは便利だと思いグーグルで検索したらなんと$300ぐらいするからやめました。この写真はメーターでもなにものでもなく、偶然でたまたまラッキーに

  • ストーム前の静けさ

    さて、カンザスといえば竜巻やすっごい規模のストームなどで有名ですが、さすがにここに住み始めたころは本当に恐ろしかったです。雷や落雷の規模が違う。。。ひょうなんか野球ボールサイズの降ったりして。雨の量も違う。。。車のタイヤが水に浮きコントロールを失うhydroplaning現象(日本語わかりません。)もこっちにきてから経験しました。停電にはなるし、まあそれはそれは大変なんですが、写真家の私としてはス

  • Painted Sky

    以前にカンザスの夕空はまるでPainted Skyのように絵画のような色になることが多いと描きましたが、この写真もそのひとつ。このような空の色になるのはもっぱら秋と冬。温度の関係でしょうか?空の色は時々紫、ピンク、藍色、オレンジといろいろ。この空はピンクスカイ。 写真ってのは本当におもしろい、これなんかどうやってこんな風に写ったのか不思議でしょうがない。実際にはこんな風には見えてなかったんですけど

  • Sun & Sons 

    なにせ写真をよく撮るので、ポータブルHDがすぐいっぱいになります。そんな時はお金節約のため昔に撮った写真を見て、撮っておくのにいたらないものは削除して空きを作ります。 で、2011年に撮った写真を見ていたらこの写真を見つけました。時々なんで何もしないでほっといておいたんだろう~と思うような写真をよく見つけます。5年という歳月は本当に短いようで長く、特に写真家としてはまったくのど素人でした。 この写

  • 原っぱの影絵

    この辺は草原だらけと申しましたが、私の写真もそれよう、草原の写真が多くなります。特に秋から冬にかけての夕焼けはこの上なくきれいで、原っぱの影絵のような写真とでもいえるのでしょうか、そんな写真をよく撮ります。 この時期の夕焼けはよく英語で言われる、PAINTED SKYのような空。一秒一秒変わる空の色やパターンは本当に美しい。この時間帯に合わせてカメラを持って、2匹の愛犬をつれ(うちの息子も)毎日散

  • え、カンザスに滝がある??!!

    一般的にカンザスはまったいら!とほとんどのアメリカ人が思っていますが(私も思ってました。。。)ところがどっこい、結構高低の差がある地域がよくあります。FLINT HILLSもそのひとつ。カンザスは海も山もないとよく知られているので、訪れる人はその光景におどろきます。今でこそ海なんぞ到底も関係ないアメリカのど真ん中ですが、う~んと昔々はこの辺は海のなかだったそうです。 ちなみにカンザスでは滝なんぞあ

  • カンザスの雲ー渦巻き雲

    カンザスに来てから一つ気がついたことがあります。それは空って見るものだったんだ~と。まーこの辺は結構奇抜な気象状態によくなるので、もちろん空をよく見なければいけないんですが、それだけじゃなく空ってなんて綺麗なんだと。都心でバリバリ働いていたときは空なんて見たこともなかったし、存在さえ忘れてました。 カンザスでは気象が奇抜なせいか、いろ~んなおもしろい雲のフォーメーションが見られます。これはその中で

  • 飛行機パーキング

    前にもお話しましたが、カンザスは航空で有名です。一般にも多くの人が小型飛行機の免許や小型飛行機を持っていて、時々家の前の原っぱなんぞにパーキングしているのをよく見かけます。時々LOST AIRPLANE! などという貼り紙も地元のミニ空港によくはってあります。 ちなみに車で一時間ほどのところにある小さな町BEAUMONT. ちょっとあやうくしていると通り過ぎてしまうほど小さな町ですが、ここには小さ

  • カンザスの草原

    カンザスで一番有名な草原といえばフリントヒルズ。英語で書くとFlint Hills. あの有名なナショナルジオグラフィック(このカタカナ書くのに苦労しました。。日本語へた)でもアメリカ国内ただ一つ残された広大な平原と大賞賛。本当にだだっ広いのです。私は幸運にもこのフリントヒルズのかたっぱしでで暮らしています。 うちから車で約2時間のところにあるTallgrass National Preserve

  • カンザスと牛

    皆さんカンザスビーフはよくご存知だと思いますが、それはもちろんカンザスの牛です。地元でも放牧の牛があちこちにうろうろいます。でもそれら放牧牛たちはラッキー者。多くの一般の店頭で売られている牛肉はほとんどは放牧もされたことのない、草の感触さえ知らないかわいそうな牛たち。 近くには無人のお店つきの牧場がちらほらあり、加工されてない牛乳やクリーム、放牧牛や豚のお肉などを売っています。他の地域では考えられ

  • カンザスの冬ー氷雨

    カンザスの冬は日本の東京都心周辺の気候によく似ています。地球規模からみて位置的には東京とあまり大差はありません。ただひとつの大きな違いは、氷ストームがあるとこです。本当の日本語の訳はわかりませんが、英語で言うとICE STORM。何かって言うと、雨なんだけど地上や車などの表面に届いたとたんに氷に変わるという恐ろしく危険なストーム。どこもかしこもアイスリンク場になってしまう状態です。 これは氷ストー

  • カンザスと飛行機

    前にも話しましたが、カンザスは航空業で有名なところです。日本でも名の知れているセスナ、レイシオン、ボーイング、リアジェットなど、多くの航空企業が軒を並べて存在します。 歴史上有名なアメリア エアハートもカンザス出身。初の女性パイロットとして大陸横断をし、そのまま帰らぬ人となってしまいましたが、彼女が航空界に興味を持ったのはむしろ当たり前のような環境だったのでしょう。

  • 原っぱの教会

    自宅からそう遠くもない所にある原っぱによく行きます。目的は空の写真を撮ること。それとカンザスが有名なTHUNDERSTORM(訳がわからない。。)を撮ること。竜巻はよく起こる地域なので、身の危険のないようには気をつけています。 これは空の写真を撮った帰りに通りかかった砂利道で急にだんなの車を止まらせて撮った写真。たった一つの明かりが暗闇の中で目に付き撮らざるをえませんでした。

1 2