• セキセイインコ ユキとナナ 

    以前はカメラにポーズを決めることが出来なかったユキ。 動きが活発でブレたり、 活発な故に余計な動作が入ったり。 < そこまで傾けなくていいのに(-_-;) > 最近、カメラの前でポーズを決めることが出来るようになりました。 かわいい♡ かわいい♡ ナナは生まれつき(?)可愛いポーズを決めることが出来ます。 でも、ユキと争っている時は こんなに怖い顔しています↓ <2人ともiPhoneに近づきたくて

  • KCCファーマーズマーケットと野鳥観察

    毎週土曜朝7:30から、ダイヤモンドヘッドにあるKCCでファーマーズマーケットが開催されています。 今日は朝6時からダイヤモンドヘッド周辺で野鳥観察し、帰りにKCCファーマーズマーケットに寄って行くことにしました。 シリアカヒヨドリがヤシの実を食べています。 シロアジサシの子供が一人で親の帰りを待っています。 だいぶ大きくなっていますが、雛らしい鳴き声で時々親を呼んでいるのが聞こえました。 親が帰

  • 世界の終わり 先ほど鳥が虫を一匹捕まえたと教えてくれました

    世界の終わり RPG ご興味のある方はYouTubeで聞いてみてください。 お好きなバージョンで。 色んなバージョンありますょ。 この空をみて、ふと浮かんだ曲。 鳥が時々、話にきます。 虫も。 灼熱の太陽。 日光浴にちょうどよいです。 Herb 🌱 おん 福岡県久留米市御井朝妻1丁目1ー6太平ビル2F 08039788800 herb.onn.onn.onn@gmail.com

  • カノコバト 雌雄の戦い

    カノコバト(英名:Spotted dove )。 インド~南アジア原産。 ハワイには移入され定着したハトです。 スズメやチョウショウバト程ではないですが多く見られます。 首の周りの白い点々がオシャレ(#^.^#) 一般に、鳩のカップルは仲良く寄り添っているのをよく見るのですが、 カノコバトはオスとメスが激しく戦っているのをよく見ます。 今日も激しく戦っているカノコバトのカップルを見ました。 ↓こち

  • シロアジサシの家族

    シロアジサシ、英名:White Tern、愛称:Fairy Tern。 繁殖は巣を作らず1組で1個の卵を木の上に生み、 オスとメス共同で卵を暖め、雛を育てます。 なので、木の上で3羽いるのをよく見かけます。 一番奥にいるのが子供。 小さい雛の時は灰色~茶色です。 この子供は、だいぶ大きくなっていますが、少し薄茶色の毛が背中に残っています。 半分寝ています💤 手前2羽が、お父さんとお母さん。 目を

  • 衣食住の住

    こんな感じになってました。 なかなか、いいおうちです(^-^) 衣食住、これだけあればよい気がする。 あと、命。 あと……あれと、これと…… えへへ。全然これだけじゃないですね。 おはようございます。 今日も素敵な一日をお過ごしくださいませ。 ありがとうございます。 Herb 🌱 おん 福岡県久留米市御井朝妻1丁目1ー6太平ビル2F 08039788800 herb.onn.onn.onn@gm

  • 暮らしの中の文鳥 (アクリル画)

    「ホノルルには、野生の文鳥がたくさんいます」 と言っても、イメージが伝わらないと思ったので 少し変わったアングルで写真を撮りました。 車道と歩道の間に生えている雑草に文鳥が来て草の種を食べています。 上の写真は、色が薄いので幼鳥かな。 側を歩くと、逃げることが多いですが、時々逃げずに草の種を食べ続けていたりします。 近くで可愛い姿を見ていると、手に乗ってくれそうな錯覚を覚えます。 約2年前、 透明

  • メジロの巣落ち

    ハワイにも日本で馴染みのメジロ(英名:Japanese White-eye)がいます。 日本から移入され定着しました。 すばしっこくて、比較的警戒心が強いので、私はまだ綺麗な写真が撮れていません。 下の写真はメキシコマシコを撮影していた際に偶然背景に来たメジロ。 ピンぼけです。 先日、メジロに会った際は様子が別でした。 木の幹の下の方にメジロがいるのを見つけ、写真を撮ろうと少し近づいたのですが、

  • イオラニ宮殿 野鳥観察

    日曜の朝、イオラニ宮殿へ野鳥観察に行きました。 イオラニ宮殿の向かいに、キング カメハメハ 大王の像があります。 大王様の頭に乗っているのは、インドハッカ。 黄色い帽子がお気に入りかな? 空を見上げると、たくさんのシロアジサシがいます。 ホノルルの中心、オフィスビルが立ち並ぶ中をハイスピードで飛んでいます。 木の枝で、シロアジサシのペアがグルーミング中♡ カメラに気づいたのか、逃げてしまいました(

  • 朝日とピアノ

    朝の日課、というほどのものではないのですが…… 寝っころがって、空の色が変わっていくのをぼんやり、見てる。 ただ、ぼんやり。 まだ暗い頃、新聞配達さんのバイクの音が聞こえます。 空が明るくなってきたなぁ、と思うと、 鳥が囀ずり始めて。 空の色がだんだん、はっきりしてきて。 向かいのビルの屋上にとまってる、鳩の数を数えます。 なんで?こんなことしてるんだろう? 雲の形をみて。 窓を開けて、風を入れて

  • シロアジサシの子育て

    ホノルルでも気温が上がり、鳥たちの子育てシーズンが到来です。 今朝は、シロアジサシの子育て光景を少し見ることが出来ました。 シロアジサシ(英名White Tern)は、ハワイ在来種でホノルルの市街地でしか繁殖しない変わった海鳥です。 今朝出かけた際、 シロアジサシが空を舞っているのをよく見ると、魚をくわえていました<゜)))彡 そのシロアジサシが行く方向へ行ってみました。(^^♪ モンキーポットの

  • インコのビーズ遊び (水彩画) 

    ペットエキスポで購入した”誰かの使い残し”的なビーズ。 せっかくなので、我がセキセイインコ用にオモチャを作りました。 適当に切った3本の紐の両端にビーズを括り付け、 紐の中央を別の紐でまとめました。 私が作っている最中から、ユキもナナも凝視。 出来上がって、ケージの天井からぶら下げると、すぐに飛びついて遊びました。 ユキの遊び方は、激しい。 ナナの遊び方は、おとなしい。 紐なしでビーズだけでも、喜

  • それぞれの食べ方 ワカケホンセイインコ (アクリル画)

    注意深く野鳥観察をしていると、同じ種類の鳥でも、 それぞれ個性のある食べ方をしているのが分かります。 例えばワカケホンセイインコ。 ワカケホンセイインコがヤシの実に集まっています。 熟していない固めの実を しなやかな手つきで 美しく食べるオスのワカケホンセイインコ (#^.^#) 熟した実をワシ掴みして、舌を出してガップリと噛みついている メスのワカケホンセイインコ (*_*; 別の木でも食事中の

  • コガネメキシコインコ描きました (アクリル画)

    コガネメキシコインコをアクリル絵具で描きました。 先週末ペットエキスポに行った際に、コガネメキシコインコがたくさんいて オレンジ色が鮮やかで綺麗な姿を見て、描きたいと思いました。 モンステラは、 ペットエキスポの帰りに寄ったレストランに生えていたモンステラの葉に スズメ達が乗っていて、可愛かったので、そのイメージを合わせて♪ 写真及び絵の無断転載を禁止致します。Copyright © Oharu

  • Hawaii ペット エキスポ -2

    Hawaii ペット エキスポ が5月12-13日に開催され、初日に行ってきました。 だいたいの雰囲気は昨日紹介しました。 今日は、鳥に焦点を当てて紹介します。 鳥との触れ合いコーナーを設けていたのはThe Bird Guy。 たくさんのインコやオウムがいて、 手に載せたり、餌をあげたりして、みんな楽しそう(*^^*) 仰向けに寝ているのは、ベニコンゴウインコ(Red-and-green maca

  • Hawaii ペット エキスポ 開催中!

    Hawaii ペット エキスポ が開催中です! 昨日、行ってきたので少し紹介します。 5月12-13日 ホノルル市内にあるNEAL S.BLAISDELL CENTERの博覧会ホールにて。 ペットの保険会社がスポンサーで、約120の動物病院やペットフードなどの企業、動物愛護団体等が参加しています。 犬、猫だけでなく、鳥、魚、ウサギ、カメ、等々、ペットに関する事が集結。 入場無料。 ペット同伴可。但

  • 人間が先か‼鳥が先か‼(笑)

    ▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽ 皆さまーー!! おはよーゴザイマスーー!!(^賢^)/ 湖泉閣吉乃屋館主植村賢一で御座います!!(☆^賢^☆) いつもありがとー御座います!! 館主感謝カンゲキでゴザイマスーー!!\(^賢^)/ 今日の十津川温泉は小雨スタートでゴザイマスーー!! ▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽ しかしまあなんですなぁーー!! みなさーん!! 小雨な感

  • キンノジコ Saffron Finch

    キマユカナリアほど数は多くありませんが、カピオラニ公園でよく見かけます。 体の色は、黄~オレンジ色で綺麗~。 キマユカナリアも黄色ですが、キンノジコの方が目立ちます。 もともと南アメリカに住んでいた鳥で、ハワイには移入の鳥。 日本ではペットとして売られているようです。 マノア渓谷にもいました。 雨が降ってきた! ワイキキは晴れていても、マノアは雨、という事が多いです。 ピントがあった写真が撮れてい

  • ゴイサギの魚釣り アラワイ運河

    ワイキキの北側を流れるアラワイ運河。 水は綺麗ではありませんが、魚がたくさんいます。 その魚を食べに、ゴイサギ(英名:Black-crowned Night-Heron)もよく来ます。 英名が示すように、ゴイサギは本来、夜行性だそうですが、 ここでは日中活動している姿をよく見ます。 ゴイサギの幼鳥もよく見ます。 ゴイサギの幼鳥は、色が全く異なり、茶色の縞々で、ホシゴイと呼ばれるそうです。 想像を絶

  • ハワイ在留コーレア(ムナグロ)

    コーレア(和名:ムナグロ)は渡り鳥です。 4月下旬、ハワイからシベリア、アラスカへ、約4000キロを2~3日ノンストップで海を渡って行き、繁殖し、8月頃にハワイに戻ってきます。 長距離を飛ぶために、3月頃にはたくさん食べて太り、北の国に到着した時には体重は半分になっているそう。 途中エネルギー補給もせず、コンパスも持たず、身一つで長距離の旅を成し遂げるコーレアを ハワイの人々は心から敬い、彼らの旅

1 2 3 4 5 ... 15